屯田兵さんの映画レビュー・感想・評価

屯田兵

屯田兵

2018 4/11〜

映画(47)
ドラマ(0)

暗殺の森(1970年製作の映画)

3.4

普通になることを求めることが
普通じゃなくなることへの始まりだったのかと。
あんまりよく分からなかったが、
それは自分がぼんやり観ていたから。

しかし、記憶に残るシーンはある。
他の人の言葉を借りる
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.8

尾野真千子さんの役のはまりようが
凄かった。本当にあーゆーお母さんが
いそう。なまら怒ってたわしのおかんに
似ていたり…半分冗談だけども。

それと、子役のすごさ。なんであんなにちっちゃい頃から演技を
>>続きを読む

恋恋風塵(れんれんふうじん)(1987年製作の映画)

3.7

個人的になかなか好きだった。

綺麗な映画は観ていてどこか心があらわれて、魅了する。台湾の風景を要所にひきではさんでとても良かった。

主役の男役の人を常に中心で捉え、
ストーリーとしては別に難しくみ
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.3

普通に号泣した。
自分はこうゆう愛のあり方がえがかれる映画はほとんど泣いてしまう。

1つの家族ではあるけれど、
過去に隠されたそれぞれの真実があって、
それでも今を生きる宮沢りえさんの役の
人として
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.6

この映画はカメラとそれに映る役者さんの目線だったり身振り手振りを意識して観た。

撮り方でも、少なからずのメッセージ性があることだったり1人アップで撮るのか、
2人をひきで撮るのかで、関係性やそのシー
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

是枝監督ワールドなのか…
監督の中では、これがこうであれとつながっていて…とゆうのがありそう。

実際観ていて、当然予想のつかない展開だったり、『万引き家族』の、家族とはなにかとゆう風に持っていかれた
>>続きを読む

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

4.0

すべてのクオリティが高いと思った。

演技は綾野剛さんと村上虹郎さんを
中心に、役になりきっていて、それをも超える熱量を感じた。

カメラだったり、光の入った画面の明暗加減だったりも、この映画っぽくで
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

2.7

実話だから恐怖でしかない。

全くわからないし自主制作レベルだった。

グロいのが苦手な僕は厳しかった…

なんか、うん。って感じでした。

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.0

自分がとてもなりそうとゆうか
陥りそうな恋だった…ひたすら切ない。

やっぱりずっとはないのかなと。

もうジョゼも妻夫木さんも好きだった。
今回は共感とジョゼでのめり込んでしまった。

人間の深の深
>>続きを読む

SWEET SIXTEEN(2002年製作の映画)

3.6

なんとも言いにくいが、
少し観てて楽しかった。

大事な母のために、危ない手段を選んででも頑張る。全ては刑務所にいる母のために金を稼ぎ続けたが、最後母に気持ちを裏切られるような形になってしまう。

>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.9

まずはパリに魅力を感じさせてくれた。
冒頭から景色を写し入り込ませてくれる感じだったり、常に町の美しさと共にストーリが動いていたのでパリに徐々に恋をしていくようだった。

自分なりの考えをもったり、素
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.1

友人からのおすすめと、もともと少し観たかったので観ました。

真っ直ぐな愛とそれによって引き合う愛が割とストレートに描かれていて、
観てる人たちにも真っ直ぐ入ってくる感動でした。

自分も少しばかり共
>>続きを読む

アメリカン・グラフィティ(1973年製作の映画)

3.1

この映画を観た直後は、なにか得た感じがしなくて微妙だなーと思っていたが、
しばらく考えてると、脚本を深く理解しようとしなくてもいいのかなと思ってきた。

脚本で賞をとっている作品だが、
海外の人たちは
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.7

大泉洋さん目的で軽いノリで観始めたが、
ミステリーでのめり込んでしまった。

内容が難しくて、もう一回観てみたくなる。たぶん次観たら更に気付くことがあって別の楽しみ方ができるかもと思う。

キャストの
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.0

とてもこうゆう映画が好きである!!

安藤サクラさんがすごい。
キャラクターがしっかりしていてとてもリアルだった。意味のない生活からあることをきっかけに変わる様を、この映画はは動きでわかりやすく変化し
>>続きを読む

リトル・ロマンス(1979年製作の映画)

4.0

あんなに幼いのに大人をも感動させることのできる演技ができるのはすごい!!

男の子のピンカットでなにか場面が変わるような、一区切りつけるようなカメラワークがあり、観ててわかりやすく面白かった。

スト
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.5

久しぶりにディズニー(笑)観たら洗われたー!

海がとても綺麗だったから
観てて飽きなかったし、
子供の心になって観れたから
ディズニーはやっぱ大事やなーて思った。

心を動かすとゆう意味では、子供の
>>続きを読む

ソラニン(2010年製作の映画)

3.4

人生とはなにかってゆう映画
ばっかり観ちゃっている最近。

宮崎あおいさんは舟を編むでもそうだったがなにかお母さんみたいなところがあり、
時には妹かのようなめんこさがあったりして観ていて好きだわ〜って
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.4

まさに凶悪すぎ。
普通に嫌な内容だった(笑)

しかし、凶悪な演技が光っていたと思う。
ピエール瀧さん、リリーフランキーさんの
役に入れ込む感じはいいなと思った。

個人的にこのような役をやるのもひと
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.3

とてもよかった。
久しぶりに涙が出てしまった。

自分も割と1日1日をどのように生きたいか考える方だと思っている。
個人的な考えだが生きることに意味はなくて、幸せな人生を送り、死ぬときに心地よく眠りに
>>続きを読む

フィラデルフィア(1993年製作の映画)

3.6

死を覚悟した人は、自分のやるべきことや守るべきものを大事にする。
ホモやレズが少し軽蔑されがちなこの世の中で、その人たちなりの正義がある。

エイズとゆう外国ではなりがちなシチュエーションだったので、
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.0

とてもいい映画だった!

2時間ちょいの映画だったが、
なぜだかわからない引き込まれるとゆうか、前のめりに見てしまって。
もっと短く感じてしまった。

とにかくマチルダ役の女の子が
すごかった。ナタリ
>>続きを読む

ポリス・ストーリー レジェンド(2013年製作の映画)

3.5

ジャッキーチェンはアクション派かと思えば、名演技だった。

映画に詳しくない自分でも、ジャッキーチェンはたくさん観てきたが、ポリスストーリーにしてはアクションとゆうより人情的な作品だった。

ジャッキ
>>続きを読む

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

3.4

年齢層が若い!

永野芽郁は同い歳とゆうこともあり
注目して観ました。
とてもいい演技だったと思う。
人気になる理由が、外見だけじゃ
ないんだなって感じです。

いつか共演したい…なんて思ったり。
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.5

いやー、すげえわー。
ってなる映画。とにかく深すぎる。

脚本に知があり、演出には力があり、
演技には技がある、まさにいい映画だ!といえるような作品だったと思う。

自分は時系列の作品には毎回悩まされ
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.5

ジャックニコルソンは、
最高の人生の見つけ方が、初めてだった。

まさに自然とゆうか、私生活をみてても
動作などにかわりはあまりないんじゃないか??ってくらい、ハリウッドは特にだが、そんな感じがした。
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.8

死を目前にした2人が、
タイトルの通り、最高の人生を
見つけにいくストーリー。

自分は、死んだ時に感じることはできないが最高の人生だったと思える人生をおくりたい。そう思わせてくれる映画だった。

>>続きを読む

クローズZERO II(2009年製作の映画)

3.2

続編はみるにきまってるでしょ?
ってことでみました。

やべきょうすけさんの生死をかけてる演技はとてもよかった。

役を上手く演じるのではなく、
役になること。これがある。

クローズZERO(2007年製作の映画)

3.2

男であるもの、喧嘩の強さには
憧れを抱くものであるのは間違いなし!

この作品はカメラワークを観てしまった。
アクションならではの、
「なんでこんなカメラワークぶれんねん!わかるけどさ!」ってのがあっ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.3

帝一役の菅田将暉さん、
顔が綺麗すぎました。

前から見たいな〜と思っていたが、
普通だったかなー、でも
面白かったよ!って友達に言いそうな
感じの映画だった。

でも人気のキャストがたくさん出てるだ
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.5

久々にアニメでも見てみようかなって
ちょうど思っていたら、テレビで
これがやっていて見ました。

俺は高校生探偵工藤新一。
同級生で幼馴染の毛利蘭と一緒に
近所の遊園地に行っていたら、
黒ずくめの怪し
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.2

人間がロボットに義体化させられ、
実はうまいように使われていた。
人の心を無理やり操り、記憶を変え、
まるでロボットのように扱う。

それでも人のや記憶、想いだったりってゆう正義感は、消えないんだよ!
>>続きを読む

清須会議(2013年製作の映画)

3.2

大泉洋さんと役所広司さん、
この二方の役がはまっていた!

まさに、猿のような顔から…(笑)
動き、ずる賢さだったり、
役所さんは柴田勝家、まさに情で
動いている感じだった。

そのほかの印象はあまり
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.4

本木雅彦さん出演の映画は
初めて観たが、よかった。

大切なものを見失い、
自分の感情だけでいてしまうと
大事な存在を失ってしまう。

いつでも大切な人がいてくれると思っても、失うのは一瞬。
まさにそ
>>続きを読む

>|