sugar7121さんの映画レビュー・感想・評価

sugar7121

sugar7121

tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!(2021年製作の映画)

4.5

世の中に不安感が漂う今だからこそ観てほしい、灯火のような作品です。

30歳を目前にしてミュージカル作家の夢を成し遂げられていないことに焦るジョナサン・ラーソン。
ジョン・レノンはとっくに成功していた
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.8

開始早々、子供部屋にレックスやチャターフォンがいたのでトイ・ストーリー始まったのかと思ったよ。

どこからどこまでがティムくんの妄想なのか?ごちゃまぜになってる感じは結構好きでした。演出イラストレーシ
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

2.5

Netflixでのサムネイル、とっても素敵ですね。
シリアルか何かの箱にちょこんと成人男性が座っている画像で、田中達也さんのミニチュアアート作品を彷彿とさせられる雰囲気に思わず目が留まりました。

>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.0

バッドエンドのミュージカルと聞き、好奇心で観てみました。

せっかくの助け舟を蹴り返すような主人公セルマの言動には終始モヤモヤしてしまいましたが、人の価値観って様々なんだなという点では妙に納得もしまし
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.5

タイトルからして 観たら超ハッピーな気持ちになれると思ったんです。
実際、温かなお話ではありました。
本当の幸せとは……正解なんてありませんが、これからの人生をどう良くしていくのか余韻を残していて良か
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

冬至には朝9時頃に日が昇って15時に日が沈む国スウェーデン。だから白夜の日にはみんな寝ないで遊ぶんだそうです。

そんなスウェーデンの秘境、ホルガ村の祝祭に訪れた大学生ダニー&クリスチャンは ちょっと
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

埼玉という地が舞台の作品ですが、実際にある埼玉とは何の関係もありません〜とシラを切ってかなり振り切った表現をしていましたね。
「えっ…そんなことやって大丈夫?」とちょっとドキドキしながら観ました。
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

4.0

女同士の友情を描いた作品には『花とアリス』『NANA』などがありますが、これほどまでに両極端な女同士の熱い友情物語を他に観たことがありません。
ふりふり甘ロリ系少女と、ふた昔前の漫画に出てきそうな筋金
>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

5.0

積み上げられた家の下(追憶の海)へ潜り、亡き妻との記憶を振り返るという発想が面白いですね。

年月を重ねるごとに水面が上昇し、家が鋭角になっていくのを見ると気持ちは曇りました。
おじいさんが孤独で可哀
>>続きを読む

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

3.8

患者のことを1人の人間として尊重し、愛しているお方でした。
そして、そのことによってご自身も安らぎを得て幸せになっていて、素晴らしい循環だなと思います。
すべての事が理想通りにいかないとしても、このパ
>>続きを読む

モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本(2011年製作の映画)

4.0

本と出会って色を取り戻す表現がとても好みでした。確かに本は日常に彩りを与えてくれますもんね。

足が生え、パタパタと舞う本たち。
「読んで、読んで」という声が聞こえてきそうです。モリスも本たちも、なん
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.5

キッズ大歓喜!おこさまランチみたいな映画です。

まずは立ち入り禁止の屋根裏。
のっけからそそられますよね...。
私の家はお宝が眠るような家ではありませんが、それでも何かがあるような気がして屋根裏が
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

4.8

選択と、その結果を巡るお話。
子を持つ者として耐え難い描写がありますが、そこがなによりも見所でした。
「じゃあどうすれば良かったのよ...」と頭を抱えてしまいます。
一生忘れないと思うし、間違いなく映
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

仕事に前向きなドラマって、自分の仕事がうまく行ってるときは「もっと頑張ろ」って鼓舞されるし、失敗した時も「もっと頑張ろ」って励まされるので、どんなタイミングに観ても背中を押してくれて良き。

シニアの
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

この物語はフィクションである。
登場人物、団体名は全て架空のものである。
実在するものと似通っていたとしても、それは
たまたまである。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

お金持ち息子くん、あんなに幼い感じでもう既に”貧困層のニオイ”を嗅ぎ分けられていてゾッとする。

キャンプから帰ってきた時、大雨にも関わらず家に入りたがらなかったのは
天の邪鬼とか意地を張っていたわけ
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.0

夢幻のオープニングは一見の価値がありました。
街を照らす、透き通るような光。
パッと打ち上がった花火の光が、影絵のように街を浮かび上がらせます。
この光が実にあたたかで、それでいて爽やかで。心の中に夢
>>続きを読む

失くした体(2019年製作の映画)

4.0

青年のもとへ帰ろうとパリの街を彷徨う右手。
一体何が起こったのか?何を思うのか?
あらすじだけを読めば冒険モノやサスペンスのようにも感じられますが、先入観に流されなければそれだけの映画ではないとわかる
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.5

はじめて観た時は未就学児だったかしら。
当然の如く内容は理解し難かったけれど、唯一分かったことは”無音も音である”ということ。

どのシーンを切り取っても絵になる、芸術作品ですね。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

あちこちに暗喩と伏線があり、見返すたびに気付きがあるので立て続けに3回も観てしまいました。
なので取り挙げたい点はいくつもありますが…

ほのぼのとしたタッチでありながら捻りがあり、暗黙の相互理解を使
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.8

成功者の孤独をテーマにしているためか、卑劣な手段で周囲の人間を陥れ、成り上がっていく姿が描かれています。
共感し難いキャラではありますが、むしろ彼のエキセントリックさに最後まで惹きつけられてしまいまし
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.8

さて、どこから触れたら良いんだろう…笑
とにかくパワフルではちゃめちゃな話だった。

スター・ウォーズのレイヤ姫でお馴染みのキャリー・フィッシャーがバズーカをぶっ放し、ソウルの神様レイ・チャールズは少
>>続きを読む

Ray/レイ(2004年製作の映画)

4.0

フラッシュバックで少年時代の回想を挿入したりトラウマに囚われているシーンが陰の表現としてよく効いていて、テンポが良かったです。
それでいてレイのダメな部分も美化することなく描かれているのも好感が持てま
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.0

これは、実写化に成功した稀有な作品なのでは...!?
ビースト色が強く描かれたポケモン達が絶妙〜
メタモンの擬態(目が点になるやつ)はアニメで観ると可愛いけれど、実写版はPG-12レベルで不気味で..
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

海外から見た日本を面白おかしく具象化した美しいアニメーション。

海外の監督(ウィス・アンダーソン)が創ったファンタジーのジャパンということで楽しんで観たら良いと思います。
板前さんが魚を捌く時に釘で
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.0

実際、ビートルズのメンバーを答えられない人はちらほら見かけます。
まだまだ先のことだろうけど、ビートルズが忘れ去られてしまう世界が近づいている…のかも。

この作品では世界規模の大停電をきっかけに何故
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.0

似たような構図、動作でカットを繋ぐ技法をマッチカットと呼びますが、これを用いて場面転換させていくプロローグが特に作り込まれていて見ものです。

一瞬でも瞬きしたら大事なシーンを見落としてしまうのではな
>>続きを読む

ダム・キーパー(2013年製作の映画)

5.0

18分の短編ですが 見終わった後の余韻はそれ以上のもの。

まず主人公の豚がとーってもキュート。
短い手足をパタつかせながら歯車にしがみついてる冒頭の労働シーンで早々にハートを鷲掴みにされます。

>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

2.5

ポスターのこの鮮やかな赤色!極限状態で爆走する車!そしてキャラの濃そうなファミリー!
しかも「ボン・ボヤージュ」ではなく「ボン・ボヤ→ジュ」って書いてある〜
これは絶対楽しいやつじゃんと胸躍り、鑑賞。
>>続きを読む

ラリー・フリント(1996年製作の映画)

3.5

スケベなおじさんが自分の商品(エロ本)を売りたいがために裁判で闘うだけのお話かと思ってたら、最終的に夫婦愛の物語として着地しました。

「人殺しは犯罪だが戦争を写した雑誌はある。であれば犯罪ではないエ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

日本から遠く離れたメキシコでもお盆の考え方が浸透しているというのが興味深いです。先住民がモンゴロイドであることも関係しているのかな?

鮮やかな色使いや陽気な雰囲気はさすがメキシコといったところですが
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.0

暴力的な映画でしょ?しかも3時間もある...と敬遠してきましたが、結果的には観てよかったです!

マフィアのことは結局よくわかりませんし礼賛もしませんが
長を務める者の孤独や、強くあろうとする生き様を
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.0

いずれ出荷することになる家畜を愛情深く育んでいる畜産農家のメンタルって強いですね..
オクジャが出荷されるシーンで胸が苦しくなるのは 冒頭でミジャとオクジャの絆を知っているからこそ。

本作では相対的
>>続きを読む

マウス・ハント(1997年製作の映画)

5.0

相続したオンボロ屋敷に価値があることが判明し、オークションで高く売ってやろうと目論む兄弟が奔走するドタバタコメディ。
兄弟は 屋敷に住み着いていた1匹のネズミを駆除しようとするのですが
この兄弟がちょ
>>続きを読む

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

4.0

最初から最後まで、丁寧に丁寧に謎で包まれてました。
分かりそうで分からないのが良いですね。

全体を通して 怨念や一方的な思いが作用したホラーチックな話でした。
いわゆる”ジブリっぽい映画”ではないで
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

5.0

平均評価低いのは何でだろう?
私はオススメですよー!考えさせられて泣けます。

どんな目にあおうともデイヴィッドはひたすらに母を愛し、そして愛してもらいたいと願った。
そして気の遠くなるような時を超え
>>続きを読む

>|