sugarjunkiemeさんの映画レビュー・感想・評価

sugarjunkieme

sugarjunkieme

映画(187)
ドラマ(3)
  • List view
  • Grid view

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.4

久しぶりに面白い映画を観ました。ディテールへのこだわりが凄くて、常に眼福です。さすがタランティーノ。

ダンボ(2019年製作の映画)

2.8

機内での時間潰しに鑑賞。このストーリーは如何なものか。せっかくのダンボの魅力が薄かった気がします。

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.2

ジャックブラックが観たくて鑑賞。ケイトブランシェットも出ていたのはボーナス。ストーリーは、こんなものだろう、という印象。

Teen Spirit(原題)(2018年製作の映画)

3.2

よくあるストーリーを、今風に味付けした感じ。エルファニングが魅力的で、彼女のおかげで映画の魅力まで増してます。正直、歌声はあまり好みでは無かったです。

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

3.2

軽く観れる楽しい映画。リアムヘムズワースのイメージが良くなった。

Gloria Bell(原題)(2018年製作の映画)

3.0

これはデーティングゲームに戻る中年への警告?それが監督の伝えたかった事なのだろうか。ジュリアンムーアが上手なので観てられるけど、観ていて悲しくなってしまった。あと、音楽で感情を表現させる手法が、この映>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.8

なんかフワッとした不思議な映画。マークハミルがやけにハマってて、にやけました。

ある女流作家の罪と罰(2018年製作の映画)

4.1

捻くれた大人の映画は好きです。人物の描き方も話しも面白いし、サウンドトラックがとても好み。心地よい余韻が残った映画でした。

Little Woods(原題)(2018年製作の映画)

3.3

テッサトンプソンがフレッシュで、彼女演じるオリーは観ていて応援したくなった。

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

3.3

“お決まり”の連続だし、セットで撮影された感も凄いし、俳優陣も(ミシェルヨー姉さん除いて)ピンとこないんだけど、キッチュな作品として観たら、そこそこ楽しめます。変な中毒性がある。

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

3.3

分かりやすく見やすい作品。実話だからあまり弄れないのは分かるけど、ちょっと物足りなかった。

Mid90s(原題)(2018年製作の映画)

3.6

ハーモニーコリンを思わせる作品だなと思って見ていたら、本人が出ていてビックリ&納得。

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

2.9

展開がドタバタに見えて、好みの演出では有りませんでした。同じストーリーでも、もっと違う見せ方が出来たんじゃないかな。

Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile(原題)(2019年製作の映画)

3.2

ザックエフロン演じるテッドバンディは魅力的で良かったけど、映画としては犯罪よりロマンス要素が強いのが好みの別れるところかも。

Vox Lux(原題)(2018年製作の映画)

3.0

監督の個性は見えます。ただ、ピンとこない作品。

主人公がラフィーキャシディの時はストーリーもまだ面白いのですが、ナタリーポートマンになってからが凄い違和感。ミスキャストだったんじゃないかと思うほどで
>>続きを読む

ロージー 檻の中の情事(2018年製作の映画)

2.0

なんじゃこりゃ。どの人物もどの事象も描ききれていない。

オシャレ映画にも雰囲気映画にもなりきれてない。

唯一、医者役でモンクさんが出てたのが嬉しかった。

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

4.3

2年ぶり、4回目の観賞。

時々、真夜中に見直したくなる作品。そして映像美と、寓話、哲学の渦に落ちていく、、、

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.7

話は(偉そうな言い方ではありますが)満足寄りの「まぁこんなもんかな」と言う感じ。でも明るくて、見た後に愉快な気分になるので良かったです。

長澤まさみさん、超ハマリ役です❤︎

ある少年の告白(2018年製作の映画)

3.5

知らなかった世界を覗き見できるのも、映画の醍醐味だと思ってるので、こういった施設やプログラムをかいま見れたのは良かったです。中身はデタラメなものでしたが。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.6

とてもずさんな計画だけど、その分見ている側には現実的だし、本人達も出てくることで、良くあるクライム映画とは違った面白みがありました。

若い時に陥りがちな思考が、とても素直に描かれていたのも良かったで
>>続きを読む

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

3.3

映画としては少しピンポケの印象。俳優の力で最後までなんとか見たと言う感じです。

友罪(2017年製作の映画)

3.0

描かなくてはならない要素が、色々と抜けていると感じた。

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ケイレブの死に方が怖かった!

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

思ってた感じと違った。後からシャマラン監督作品だと気付いて納得。

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.5

アングラな雰囲気が良かったです。
最後は切なかったな。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.0

原作に忠実過ぎたのかな?映画ならではの魅力が無くなっていたような気がしました。

スター誕生(1976年製作の映画)

3.2

機内で、最新版(アリー)と共にセレクトされていたので、流れで双方見ました。こちらは展開も遅くつまらなかったです。

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

3.3

前半はとても良い雰囲気で、凄く期待しながら見ていたのに、後半の展開にがっかり。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.8

数年ぶり、4回目の鑑賞

この映画の主人公って、ジャックブラック本人そのまんまですよね⁈

いうことなす事、ツボにハマり、ずっと笑っていられる映画。

Tenacious Dで日本でライブしてくれな
>>続きを読む

>|