sujikoさんの映画レビュー・感想・評価

sujiko

sujiko

映画(145)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

ホリック xxxHOLiC(2022年製作の映画)

3.0

アップの時の神木くんの肌荒れが気になってしまった。
ニナミカ監督なので映像は綺麗。今までの作品の中で一番ストーリー性がある気がした。
ソファに横たわり裸足で横に北村北斗を従えた図は美しかった。
柴咲コ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年製作の映画)

3.7

復習するの忘れて、前作どんな話だっけ?と思わせるオープニングだけど、ファンタビたちが可愛いから良いです。
元カノ問題で拗れてた兄弟仲も解決して、お兄ちゃん、弟共に大好きな美形ブラコン復活で微笑ましい限
>>続きを読む

ナイトメア・アリー(2021年製作の映画)

3.7

私のイメージするデル・トロらしい作品。パンズ・ラビリンス見た後と同じ様な後味の悪さ(そこが持ち味なんだけど)
まさに因果応報なラストにあー、そう来る…と納得&諦め。スタンと一緒に絶望してしまった。

バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版(2022年製作の映画)

3.7

これぞドラマの劇場版!というお手本のような作品。スケールアップとキャストの豪華さ。
子供の頃に原作読んだけど、犬ネタ部分しか覚えてないし、ベネ版シャーロックも犬以外は内容違ってたので、2作ともかなりア
>>続きを読む

リング・ワンダリング(2021年製作の映画)

3.9

映像が冷え冷えとした清流の様に澄んで美しい。リング・ワンダリングというタイトルがまさにピッタリな作品。

ちょっと思い出しただけ(2022年製作の映画)

4.3

ビターなエンドから1年経った誕生日から1年づつ逆行していくストーリー。
一度でも付き合ってる人と行き詰まった事のある人には中盤位から心抉られてくると思う。辛い日からまた1年時は戻る。
甘い日常。恋人た
>>続きを読む

前科者(2022年製作の映画)

4.1

ドラマ版もかなり好きだったので、かなり期待値高いのと同時にかなりヘビーなのではと気負って、体調の良い日に見に行った。
確かに其々の登場人物たちの過去がヘビー。語られる阿川佳代の学生時代と淡い初恋の話も
>>続きを読む

ノイズ(2022年製作の映画)

3.4

新感覚サスペンスと銘打った割に普通のサスペンスだった。予告の感じからもうちょっと軽い仕上がりにするのかと思ったら、なかなかのどんより重ため。
マツケンのどんよりとした雰囲気が良いし、現在の生活で培った
>>続きを読む

大怪獣のあとしまつ(2022年製作の映画)

-

前半ほとんど記憶を失ってしまったので出演シーンを見逃した人も数名。
思わず監督の過去作を検索してしまった。
この豪華キャストは過去のドラマ繋がりなのかと納得。
監督の持ち味が全て裏目に出てしまったよう
>>続きを読む

ハウス・オブ・グッチ(2021年製作の映画)

3.8

いいトコのボンが原色ピラピラでお色気ムンムンの化繊の様な女に絆されて、そのまま降嫁された世界で生きてたら幸せになったかもしれないのに。
この分岐点で違う方を選んでいたら、また違っていたのかも…と思いな
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

3.8

相変わらず小気味良い前口上から始まって
ラストにどこまで騙されていたのか知るのは小気味良い。美しく海外の風景も旅行出来ない今となっては癒される。
ただ3作目ともなると、ちょっとだれてきた?期待値高めで
>>続きを読む

世界で一番美しい少年(2021年製作の映画)

3.8

もう私は「ベニスに死す」が見れないかもしれない。
彼だけではなく、早熟で美しく人を惑わす少年や少女は、ただ外見がそのように見えるだけでまだ中身は大人が保護するべき子供であるという事を忘れてはいけない。
>>続きを読む

99.9-刑事専門弁護士‐ THE MOVIE(2021年製作の映画)

3.7

このシリーズ好きだし、面白かったけど、わざわざ映画版にした意義が欲しかった。
今までのオールキャストが出たのは同窓会チックで良かったけど。
真相が他の某ドラマと被ってしまった事と、それによって起こった
>>続きを読む

私はいったい、何と闘っているのか(2021年製作の映画)

3.7

予告がかなりコメディ寄りだったので、良い意味でイメージを覆された。
お人好しの人だって、色々心ん中では沸々としている、て事で。
ただ、変にカッコつけてない時の方が本質出てカッコいいハルオさん。
それに
>>続きを読む

逆光(2021年製作の映画)

3.7

脚本:渡辺あや、音楽:大友良英、と言うビッグネームがバックについてるので、期待値は上がってしまう。
そこを変に捻る事なくストレートに表現した本作。
心を許した相手には虚勢を張り、傍若無人な態度を取る晃
>>続きを読む

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

3.3

ホラー苦手な私でもサラっと見れた。
お互いの過去の自分を救済できたのはエモかったけど、呪いの為に犠牲になった人々は浮かばれないよ。
続編を匂わせるラストの映画はなかなか続編が作れないような気がする。

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

3.8

とんでもないクソ女なんだけど、恐ろしいほどのバイタリティがあって、確かにそこは圧倒される。
ラストは、うん、まあ、そうなるよな…となんか納得。
フランが、めちゃセクシーでキュートなので、女の趣味いいよ
>>続きを読む

リトル・ジョー(2019年製作の映画)

3.3

映像が美しく、ゆっくりと追い詰められて行く怖さも斬新だった。
ただ雅な雅楽が恐怖を煽る音楽として使われていて、他国の人からすると聞きなれない楽器の音は恐怖を煽るのかな、と思った。日本人からすると、え?
>>続きを読む

恋する寄生虫(2021年製作の映画)

3.0

例えか何かと思ったらタイトルそのものズバリなストーリーだった。
女子高生という記号が必要だったからか、学校行かないのに始終制服着てるサナギちゃんだし、潔癖症なケンゴの食生活が謎だったり、壁の付箋紙は埃
>>続きを読む

劇場版 きのう何食べた?(2021年製作の映画)

3.6

内容的に映画館でやる必要はなかった気がするけど、初日老若男女が入り混じった大入りの劇場はなんか和んだ。
出てくる料理は美味しそうだし、レシピは自分で作れそうで作りたくなる(実際作ったし)
BLであれ、
>>続きを読む

G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ(2021年製作の映画)

2.2

GIジョーって、元々なんだっけ?って悩んでしまった。
日本スタッフがたくさん入ってるけど、他国の人が考え憧れる日本像に寄り添ってビジネスライクに職を全うしたかと思うと泣ける。ただ卒塔婆のアイテムの使用
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.8

序盤が世界観の説明ぽいので若干退屈。
でもそこを抜けるとデューンの世界にどっぷりハマる。
ティモシー・シャラメ、むくつけきおっさん戦士に守られ姫のようだった。
映像は美しいし、シャラメも美しい。
スト
>>続きを読む

素晴らしき、きのこの世界(2019年製作の映画)

3.0

序盤で菌類やきのこの素晴らしさ、美しさについて語りまくって、途中から精神世界のお話になってきて、おおーっとなった。

ホテルローヤル(2020年製作の映画)

3.0

エログッズの会社に勤めながら、誠実な宮川さんはホントにいそうな感じがする。
衰退した町もホテルも人と一緒に老いてしまった感。
もっとコメディぽいかと思ったらちょっとしんみり感。
あの地域で唯一のホテル
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.8

映画館で見損ねたから見れてよかった。面白かった。
冷静に論理的に対処するサラがカッコいい。
ナイルズの告白の長さには軽くイラッときた。ラストのロイにはロイー、いい奴!てなった。

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

3.5

ゲストが豪華。
犯人の犯行理由がなんか、うーん、ちょっとぼんやりしてて説得力ないのか、私の理解力が足りないのか。
木村佳乃が途中からエンジンかかって来ると面白くなってくる。
独身のモテ男役は世代交代の
>>続きを読む

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

3.9

ネタバレなしで見てほしい。
主役2人の力量あっての今作。柄本佑と黒木華は本当に上手い。

はちどり(2018年製作の映画)

3.6

悲劇的に不幸ではないけど、ところどころちょっと不幸で傷つきやすい少女時代を瑞々しい風景に心情を乗せた良作。
ところでなんでPG12なんだろ。なんか凄い事が待ち受けてるのかと身構えてしまった。
wowo
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.5

続編を先に見て気になって今作を視聴。
犬ごとの犬生が色々あって、飼い主によって犬生の波瀾万丈度が変わっちゃうのはしみじみときた。気軽に飼わずにちゃんと責任持たないとね。
イーサンの人生もかなり波瀾万丈
>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.6

犬の演技の素晴らしさと農園の風景の美しさ。
宗教に詳しくないのであまり気にならないけど、転生ってキリスト教的にありなの?犬ならOK?
主役の女の子が親の遺産の権利を自分が持っている事を認識しているのと
>>続きを読む

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

3.8

マツケンはやはり上手いし、醸しだす雰囲気が良い。
柄本時生は情けない風体からボクシングに目覚めていく感じが応援したくなる。
そして東出昌大は佇まいが良い俳優。絵になるし、マツケンと相性が良いと思う。
>>続きを読む

とんかつDJアゲ太郎(2020年製作の映画)

3.0

渋谷が地元って、結構なステイタスに見えて、そこで商売してる方々にとっては単なる生活の場なんだよね。そんな地元っ子で全くイケてない4人の友情とあげ太郎の成長の物語。なんだかんだ言ってとんかつ屋も家族も好>>続きを読む

さくら(2020年製作の映画)

3.2

原作未読なんだけど、原作者の方、明るい感じの方なのに「きいろい象」もそうだけど、なんでこんなにメンがヘラった女性が出てくるのか。
それを絶妙にこなしちゃう小松菜奈はこの手の役が上手いし似合う。
もっと
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.0

VSのタイトルついてるけど、ほとんどフォードの内部抗争。
最初のくだりっから、どう考えてもフォードが悪もんに見える。熱血でカッコいいレースまでの過程とレース後のやるせなさ。
大企業にいるって事は信念通
>>続きを読む

権力に告ぐ(2019年製作の映画)

3.7

実話ベースなのにちゃんとエンタメ作品になっていて面白かった。
ほぼイケメンなしの方が説得力増す感じ。
爽快なラストの後に字幕で流れる実際の後日談は現実のやるせなを感じる。

チィファの手紙(2018年製作の映画)

3.8

「ラストレター」よりこっちの方が好み。「ラブレター」の継承としてもこっちかな。
相変わらず少年少女のキャスティングが素晴らしい。特にムームー役の女優さんの美少女ぷりが凄い。
ラストレターでモヤモヤした
>>続きを読む