Sloth445さんの映画レビュー・感想・評価

Sloth445

Sloth445

映画(89)
ドラマ(2)
アニメ(0)

月の満ち欠け(2022年製作の映画)

-

原作拝読中につきスコアは点けてはいません。
また純粋に映画作品として配点できるとも思えず

最愛に思っていた人に先立たれた方の救いにはなる内容だと思います。

眉唾ものと言われ信じて貰えないし語らない
>>続きを読む

ラストベガス(2013年製作の映画)

3.8

高齢化社会の日本の映画館で毎日無料上映しとくとよろしいかと。
シネコンの平日朝イチ〜夕方までシアターを一つ無料で上映してれば愛とユーモアがある支配人(今はいないかしら?)または空きを有効活用できるスマ
>>続きを読む

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像(2018年製作の映画)

3.6

若干ドギマギする展開ではあるんですが、
血の繋がる関係だったり本当に親しくなるにはこんなどうしようもない部分も受け入れて出来てくもんかもしれない。
いいですね。

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.5

重厚な作品で感想を記すのがおこがましく感じてしまいました。

当然ですが、どう受け捉えるかは各々の範疇になりますが、全世界沢山の方々に観て欲しい作品であるのは間違いないです。

実話

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.2

アンソニー・ホプキンス演じるレクター博士に魅了されました
美学

ジョディ・フォスターの魅力も光ってます。

トップガン(1986年製作の映画)

3.5

トム・クルーズの
トム・クルーズによる
トム・クルーズの為の…

そんな作品

何にせよトム・クルーズはカッコよい

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

色彩が美しく音楽も素敵だった記憶。
ミュージカルを観ている様な雰囲気とラストが切なかったような…

劇場版 きのう何食べた?(2021年製作の映画)

4.6

シロさんとケンジの互いを思う愛情が本当に素敵
最高の人生のパートナー像
鑑賞している最中ずっとほっこりするので何度もリピート鑑賞しています
スピッツもそもそものオープニング楽曲もストーリーも「大好き」
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.9

日本人にはわからない心理描写。
戦争がもたらす傷って想像を遥かに超えて拡く重く深い

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

斬新過ぎて度肝抜かれました。
めちゃくちゃ面白かった。
本当に文字通りに面白かった

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.8

斬新なストーリーで驚きましたけ。
序盤は良かったのですが、中盤過ぎ辺りからどんよりした気持ちになって最後まで観るのに私はひと月かかりました…

ターミナル(2004年製作の映画)

4.0

よくこんなストーリー思い付くものだなぁ。
ハートウォーミングでほっこりするので疲れちゃった時に観ても大丈夫

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.3

理解をするまでに
関わる毎心揺さぶらながら
擦り合わせ構築していく信頼関係

ほっこりする

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

4.4

心底切ないドキュメンタリー。
愛が深い程に別れも辛い。
ただ、見えないだけでより深く心で感じているのかもしれない…

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.0

ストーリーは淡々と進んでいきますが、見終わりにものすごく考えさせられます。

実はこの作品を観るまでに憧れのあったノマド生活ですが、思い止まりました
ちょっと無理

アイルトンセナ 〜音速の彼方へ(2010年製作の映画)

4.7

アイルトン・セナのファンだったので。
純粋にモータースポーツが好きで
純粋に勝負に拘っていた人だと思います。
天使みたいな笑顔でしたが、本当に天使になってしまいました…

シューマッハ(2021年製作の映画)

4.7

シューマッハの苦悩

ご家族併せて幸せでありますように

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.1

4Dにて鑑賞したのが良かった。
エンジン音、振動に感動する
実話ベース。
打倒!!跳ね馬コンビ

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

4.2

アイルトン・セナ、アラン・プロストのF1時代より一世代前の実話ベース。
同世代のF1ファンは必見かと思います

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

3.5

平田満さんの演技が素晴らしい。

ストーリーはもう世代変わりで理解できないかも…

バケモノの子(2015年製作の映画)

4.0

大切に思っていた者を遺し先立つ人の気持ちってこんな感じなのかしら…と

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)

4.5

昭和時代はまだ肉子ちゃんの様なキャラが沢山いてもっと気軽に子供をみんなで育てたり叱ったりしてたはずり
これからまた多様性を受け入れる平和な世の中が戻ってくるんじゃないかと期待しています。

底抜けに優
>>続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

3.6

ロングトレイル、人生そのものなのかしら…

未知の域に興味そそられる
けれどやるなら緻密に調べて計画しなきゃなぁ…とか考えてしまう有難き現状。


実話ベース

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.2

何度かリピート鑑賞する内に煉獄さんが勝つはず。
そう思っている人は周囲に多い

奇跡の2000マイル(2013年製作の映画)

3.5

普通に生きていても同じ様に、又はそれ以上に厳しい環境ってのは巡ってくるけれど
自ら突っ込んでいくタイプの人のお話
待つか?責めるか?

砂漠も美しいな…と感じとりました。
自然は環境厳しく美しく…

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.4

不屈の精神の素晴らしさ
自らの心底からの思いに素直であることの大切さ

ロング・トレイル!(2015年製作の映画)

3.6

朝から病院に並ぶんじゃなくて馬鹿馬鹿しい旅だと罵られても
「やってやろう!」てな意欲ある老人になりたくなる。

中高年にオススメ

アパラチアントレイルへ行く予定を具体的に立てられるくらいにはまだ振り
>>続きを読む

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.8

ダイアン・キートン、私より年輩の方に失礼を承知で…
可愛い!!
こんな齢の重ね方をしたいものである。
ほっこり度高め
年齢を重ねることが楽しみになる作品でもある

余計なものはなく…
本当の生活力があ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.3

シリーズの中でこれが1番好き
最後のサイにスネイプファンになりました

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.8

これぞ現実。
題名とは裏腹な雰囲気でしたが、観ていてなんとなく落ち着く中庸な雰囲気は嫌いじゃないし、このストーリーにこの題名の組み合わせも良い。

有村架純ちゃんがとにかく可愛い。

>|