sukekooo

sukekooo

映画の記録!

とうもろこしの島(2014年製作の映画)

3.8

びっくりするくらい台詞が少なかった。トータル20あったかな?くらい。冒頭から20分くらいずっと沈黙。でも、沈黙しているからこそ目に入ってくるものもあるのだと認識した。
最後のシーンに関しては良いとも悪
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

3.9

ドキドキハラハラ!自分がおかしいのか、或いは誰かに本当に狙われているのか…、色々想像させてくれる作品。シンプルに面白かった!

フューリー(2014年製作の映画)

2.2

戦闘シーン、特に戦車とその中での隊員の様子は圧巻だった。あとからどなたかのラジオの書き起こしを見て納得。あの戦車が本物だとは知らなかった。銃弾が飛んだあとの閃光や、着弾したときの火花の出方(言うなれば>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

2.5

映画館で鑑賞。
とりあえずジェームズ・マカヴォイさんの演技すごい!DIDの役なんてもう難しいのに、23人分…気が遠くなる。あとは主演のアーニャさん?すごく綺麗な顔だし、演技もうまかった。
ただ、精神を
>>続きを読む

母と暮せば(2015年製作の映画)

1.5

主演二人(二宮和也、吉永小百合)の過度な演技が、想像以上に肌に合わなかった。舞台として興じた方が良かったのでは…演技に気を取られて、話や画から逸れてしまうのは意図的なのか?黒木華の演技が良くて、声の綺>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.6

まずは、ティムバートンっぽい世界観だー!という感動。少しホラー要素?は強めだった。子どもたちに各々能力があるっていう設定だけでワクワク出来る。

緑はよみがえる(2014年製作の映画)

3.6

色彩があまりない映画だった。究極の映像美と、細々と静かに死んでいく兵士の物語。そこに感情はあるんだけど、隠れて見出せない切なさ。カラマツが焼けるシーンは、「焼けちゃった…」と呟きつつ、何故か目が離せな>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008年製作の映画)

2.8

思ったより面白かったよ!というのが私の感想(笑)なぜなら酷評だと聞いていたので。
CG技術が進みすぎて物足りない感じだったところもあったとは思うけど、キャストの年齢、体力考えると仕方ない気がする。ファ
>>続きを読む

ミュンヘン(2005年製作の映画)

3.8

164分ってのもあって、なかなか疲れた映画だった…、といっても
、悪い疲れじゃなくて、良い疲れ。ヒヤヒヤするシーン満載で、殺され方も予想の上を行く残酷さで、監督のやりきった感が伝わってくる作品。
実話
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989年製作の映画)

3.3

インディージョーンズ第3弾鑑賞。お父さん、なんて可愛いキャラなんだ!傘で撃退してドヤ顔する感じとか、キャラがとっても良かった!最後の終わり方がファンタジーすぎたかな(元々ファンタジー要素満載なんだけど>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984年製作の映画)

3.5

インディージョーンズ第2弾鑑賞。あぁ~、これが噂のトラウマディナーシーンかと納得。デザートて発狂するヒロインに爆笑。トロッコとか水攻めとか、過激なシーンは最早アクションとして観ることが出来た。そこまで>>続きを読む

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.5

猫好きなら誰もが好きな作品だと胸を張って言えます!(笑)イチイチ家族に対してツッコミ入れてくるのが面白い。

みかんの丘(2013年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

戦争モノが好きで、前から観たいナーと思っていた作品。

泣いたー。

こんなにも簡単にスッと胸の奥に感動を与えてくるとは…。
主人公・イヴォの暖かさは勿論、多くを語らずに伝えてくれる男らしさ、勇敢さ。
>>続きを読む

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981年製作の映画)

3.7

ディズニーシーに行って、インディージョーンズのアトラクションに乗ったので、単純にイチから鑑賞。
あの石の球はここだったのかー!と感動。ニセモノっぽい宝とか、死にそうな敵役とかがすごくフィットしていて、
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

原作を購入してから、映画館で鑑賞。もうー、コトリンゴさんズルイでしょう(笑)最初の導入の何でもない曲で泣きました。これから何が起こるかを知っているから…。戦争の惨さ、痛みももちろん伝えたいし、大切なん>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.7

とにかく、ルーが可愛い。それだけが言いたい(笑)物語自体は特段難解なところはなく、万人に分かりやすく作ってある。私は七色の傘のシーンで、あぁぁ…と泣きました。

少女(2016年製作の映画)

1.8

湊かなえ原作の作品の中では、かなり微妙な印象。本田翼に求めすぎてしまったかな、と。統一し切れていない演技(わざとかな、と思ったけど多分違う)に関しては笑ってしまった。アオハライドの時の方が輝けていたな>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます。

まず、良かったところ。戦闘シーンのこだわり!今まで見てきた戦争映画の中では、なかなか上位に入るくらい凝ってるな~俳優が監督やるとやっぱ気合入るのかな~と感じた。その分長くなっちゃったのはあるかもしれな>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.2

正直、そんなに期待はせずに観たんだけど、思ったより感動してしまった…流石ディズニーである。ミュージカルが苦手なので、正直劇中で歌われると厳しいものがあるけど、モアナのはそうでも無かったと思う(私がディ>>続きを読む

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

1.5

最初、サスペンスっぽい音楽で始まったから、なんかすごい殺人とか戦争の背景とか出るのかな!?と思ったらそうでもない…割と淡々と進んでいく…。主人公の男の子も歪んでいくっていうよりかは、反抗期?みたいな感>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

4.5

個人的に2016年一番面白いと思った映画。怪奇な雰囲気作りが最高だと思った。キャストの中では東出昌大が光っていたと思う。竹内結子の演技が良かったという声を聞いて、再度自宅にて鑑賞。言われてみれば確かに>>続きを読む