ちいさんの映画レビュー・感想・評価

ちい

ちい

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

3.5

それぞれの人生を尊重することは大事。お父さんの行き方は素敵。お母さんはせつないが。

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015年製作の映画)

3.5

発想が自由で面白かった。旦那がハメやがって、ていうとこは笑えた。執着がないのと固定概念に縛られないのは良い

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.1

何十年ぶりかにみたが傑作だな。大好き。短編のどれも話が面白いしずっと見ていたい。パリの盲目の女性、可愛いなと思っていたらベティブルーの女優さんだった!

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.0

とてもロマンティックで見返す映画。素敵なタイムスリップ。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.7

30年近く前に見た頃を思い出しました。皆可愛くて抱きしめたい感じ。同世代として見るのも良かったけど大人になり観るのも感慨深い。

クルエラ(2021年製作の映画)

3.8

かっこよかったです。関西の上映館が少なくて悲しいです。女の人に見て欲しい映画。

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.4

ラストのアカペラが特に良かった。歌のシーンが多いし楽しく観れるのだが吐瀉物を何度も映すのはやめて欲しかった。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.7

青春ていいな。無謀な事も実現出来てしまう実行力も。恋愛も。

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.4

松坂桃李の狂気の顔で暴力振るうシーン凄まじかった。どんどん演技が進化する。役所広司はハマり役。

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.6

妹のセリフへかっこよかった。主人公、辛い、報われてほしいのに。

インペリアルスシ、笑えた

カツベン!(2019年製作の映画)

3.5

活動弁士がいたこの古き良き時代、いいなぁ。素敵だ。

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.7

山﨑努の演技が凄かった。ただ実際は認知症はもっと生々しい部分が多くて周囲は疲れ果てるのだろうな。

竹内結子の清潔感と透明感を映像では見ることができるという事が尊かった。

96時間(2008年製作の映画)

3.1

娘に指示を出して手榴弾の音や地図から場所を探り出したり銃を手に入れるとこが面白かった。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

映像美が素敵。両親の子供への理解も深くて良かった。でもラストは想定していた方向だった。この夏だけのせつない美しい思い出。

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.3

賞を取った作品として見始めたのでハードルは上がっていてそれ以上ではなかった。黒沢清監督作品が自分に合わないのもある。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.0

未来から来たと思って今を楽しみながら慈しみながら大事に生きる。もし出来るならもう一度ティムのお父さんのように子供の小さい時に戻って散歩したいな。自分の小さい頃に戻って親や祖父母に可愛がられていた自分を>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

4.1

とても丁寧に描かれた良作だった。蒔田彩珠ちゃんが素晴らしかった。ひかりの親が一方的で間違ってるように描かれているが同世代の子の親の立場から見ていて同じような事しか出来ないし、言えないと思った。育ててい>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.0

映画館で見逃してしまったのが悔いが残る。タップダンスと音ががリズミカルすぎて楽しい前半。段々と嫌な予感しか漂わない後半。ラストの2人のダンスが素敵なだけに辛く泣けた。歴史に詳しくないがもっと知らないと>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.6

幸せな気持ちになれる映画。音楽も、料理も良い。SNSで対抗するとこも面白かった。途中間延び感はあったが時々見返したくなりそうな良作。

ラストレター(2020年製作の映画)

3.4

手紙ていいよな、と色々な人の手紙を見ながら思いました。甘い切ない雰囲気の中で突然出てくる豊悦は印象的でした。

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.4

ラスト、、、実話が元になってるそうだがモヤモヤが残る

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.2

自分の小さい時とはいえこんな事件を知らずにいた事は恥ずかしい。ひどくむごすぎる事件。衝撃だった。

2人の友情とタクシー運転手仲間の助けは涙が出た。

七つの会議(2018年製作の映画)

3.6

池井戸ドラマのキャストだらけで見ていて楽しかった。ぐいぐい惹きつけられる2時間だった。

>|