suminoさんの映画レビュー・感想・評価

sumino

sumino

観たい映画と観た映画

映画(110)
ドラマ(0)

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

3.6

「ローラーガールズダイアリー」と同じ女の子だと、観終わって知った。
覚悟のなかった学生が、自分なりの答えを見付けるまでの語。
最後の、ギターでセッションするシーンがとてもいい。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

きっかけはきのこ帝国が主題歌を歌っているからだった。
「邦画はつまらない」という声があるが、大きな予算で広告している作品の一部が、そう感じられているだけだ。
物語を追いながら、じんわりと沁みてくるよう
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.3

「犬がそうあればいい」という人間のエゴの押し付けだけで終わらない所が良かった。

ズートピア(2016年製作の映画)

3.4

完璧なストーリーで楽しめた。やっぱりハムスターは可愛い。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

観終わった感想は、「いい映画を観れた」だった。
人種差別と男尊女卑の時代に、屈せず前進した3人の女性の実話。
NASAという舞台も面白かった。本当に頭のいい人は、目的達成の為にどんな障害も排除する。そ
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.5

三部作の最後を観た。
男女は分かり合えないように感じさせる流れからの、仲直りは見事だった。
この3作は、独特のシーンで構成されている。ワンカットが長まわしで続くため、会話に魅力がないと退屈になってしま
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.8

前半はドヤ顔連続で、海外のベタベタなCMを見ている感じでめっちゃ笑えた。
後半は、ヒストリエの用な戦術戦かと思ったが、マッドマックス並のアクションで盛り上がった。
続きも見ようと思う。

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.3

同名のバンドが切っ掛けで気になってた作品。
最初の入りはファンタジーで、おかしく笑えたけが、段々とホラーになる不思議な映画だった。
綺麗な映像と盛り上がる音楽で、デートシーンは最高!
主役のポール ダ
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.3

実話を元にした作品。人間の葛藤と勇気が描かれていた。
機密情報を持ち出す流れが大胆でスリリング。

アンノウン(2011年製作の映画)

3.2

とにかくストーリーがよく出来ていておもしろかった!

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.8

曲がどれも良くて、気分が昂ぶった。
二人の男の間で揺れる彼女が出した答えが印象的。
クラブでお互いにイヤホンとヘッドホンを付け、二人だけの音楽で踊るシーンが大好き。

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

4.0

新世代に打ち勝つために、マックイーンが再び努力し勝利を勝ち取る物語かと見始めたら、もっと上を行く脚本だった。
こんな心に響くストーリーに驚いたし、監督の世代交代ともリンクしていて感動した。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.2

「人民に力を。権力にNOを。」
「言葉より行動を。」
正しさとは何かを投げ掛けてくる作品だった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.7

2回観た。一回目は普通のミュージカル映画という感想だった。
2回目はカラフルで盛り上がる仕掛けに気持ちが昂ぶり、二人の仕草と表情に見惚れていた。
監督のジャズへの思いも込められていて、音楽が楽しめた。
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

音楽と、それを作り出す背景の描き方が良かった。最初の出立ちから大分成長した主人公は本当に格好よく見えた。
これは兄弟の絆がテーマだと最後に気付かされる。
背中を強く押してくれる作品。

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.0

多部未華子という女優を、初めてちゃんと映画で観た。もっと早く観るべきだった。

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.5

何気なく観始めたけど、電車の中で観たことを後悔した。
誰に感情移入するかで、感じ方が変わると思うけど、勝率91%の弁護士のおじさんの姿勢にぐっときた。

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.6

徐々に不気味さが増していく展開に目が離せなかった。観ていて「es」という昔の映画を思い出しながら、試験の結末にドキドキした。
最後の影の見せ方がとても良かった。

ルーム(2015年製作の映画)

3.5

脱出物のサスペンスだけでなく、その後の再生の物語が描かれている。
子供のドキリとさせられる台詞に何度も固定概念がいい意味で壊された作品。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.0

コメディかと思って見てたら、迫真の演説に息を飲んだ。
独裁は否定されているが、あの演説は伝説になっていると聞く。
確かに人を惹き付け魅了し、鼓舞する才能があったのだろう。
最後には日本の政治に置き換え
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.8

映像美と臨場感が凄かった。冒頭の戦闘シーンは、まるで自身が参加しているような錯覚を覚えた。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.6

終始不機嫌な空気と怒鳴り声が続くので、どういった結末になるのか想像が出来なかった。
徐々にその根源が明らかになっていき、静に物語は終る。
重いストーリーを真冬の街並みが清めているように感じた。
最後の
>>続きを読む

GANTZ:O(2016年製作の映画)

3.0

GANTZの世界観をかなり忠実に再現してて楽しめた。
スーツの機能と武器のディテールがちゃんと3Dになってて面白かった。
アクションはいいけど、その他のテンポの悪さがだめだった。
特に終始流れる弦楽器
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.3

これまですれ違いの儚さを描いてたが、廻り合いの奇跡の話だった。
ヒットさせる本気度が詰まってる。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語(2013年製作の映画)

3.6

犠牲を伴う救済の果ては。
大きく広げた風呂敷の畳み方が見事で、着地の仕方に驚いた。
テレビ版見ただけで終わってたけど、改めて通して見直して良かったと感じた。

>|