sumiremamiさんの映画レビュー・感想・評価

sumiremami

sumiremami

映画(755)
ドラマ(10)

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.8

面白かった!でもシャイニングとは別の映画って感じかな?あの独特の怖さがなかったから!今風になって帰ってきたって感じ。
こういう所でお父さんにディープフェイク使ってほしかったなーって思いつつ、誰かと思っ
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.7

時間の関係で分けて見たけど、前半見た時は竹内結子さんが生きていて、後半ではこの世からいなくなっていた。でも映画の中ではいつでも会える。grandpaの口、への字に曲がってるのに笑ってるのが伝わって、表>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

-

セックス依存症の話ですか…?
って感じで終わったしなんか痛そうだった。

色んな想いや関係性があるのかもしれないけど、それを踏まえた上でもこの映画であまり何かを汲み取る気はない。

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.8

不安定さが好みだった
途中からつよぽんがメルヴィルプポーに見えたし田口トモロヲさんは後半なるまでほんとにニューハーフの人かと思ってた、、上手すぎ…

私は泣きはしなかったけど、映画観た後も何回予告みた
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

2.8

悪人ぽいなーと思って見てたらまさにだった。

佐藤浩市さんの成り行きがリアリティーがないというか、無理矢理というか、不自然な感じがしたけど、しばらくして現実そうなんだろうなと思った。
本人も誰も、そん
>>続きを読む

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

3.0

ジュースを飲んだらまたすぐ喉が乾くし、お菓子を食べたらもっと欲しくなる。
しばらくやめている今は、そんなに欲さなくなったし、久々にポテトを食べた後は水分を欲してトマトときゅうり食べたけど、その時の満足
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.3

よくぞやった宮本!!
ごめん、それだけ!
あとは吐き気がする!

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.2

思ってたよりは良かったかな。
マネージャーにしてやられたところ、「アンジャッシュか!」って突っ込んでしまいました。
涙のシーンって色々あるけど、悔しさがこもった泣きの演技がすごいなと思った。
未来によ
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.1

うーーん、うざい。笑
どっちの立場でもめんどくさい。
でも、わかる。

こういうダメダメな関係でも突き抜けたらそれが愛だ。に変わるのかもしれない。

「存在が愛」が口癖の友達思い出した。

新聞記者(2019年製作の映画)

3.2

最後はっきりして〜〜

シム・ウンギョンはやっぱりsunnyが1番。

映画 鈴木先生(2012年製作の映画)

3.0

学校の秩序が、手がかからない生徒の摩耗の上に成り立っているという台詞はなかなか印象に残った。
真面目な人が損をするような世の中はほんとにおかしいしどうにかならないといけない。

少し話は違うけど、
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.1

何が起こるのか、何が起こっているのかっていうドキドキ感はあったかな。

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.0

こんな状態で、生活保護とかなんで受けないの…と、単純明快ストレートに思ってしまいましたが、それはもうやった上での話だと受け取る事にしました。

初恋(2020年製作の映画)

3.1

予備知識なしのタイトルだけの印象で見たから「お…思てたんとちゃう、、」ってなった。
ベッキーが頑張っていた。
女の子しばらくあっちゃんかと思って見てた。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

ピアノは聴くくせにご飯は一緒に食べられないとかちょっと意味わかんないな。
奥さんは最初から最後まで素敵な人だった。

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.0

尊敬する。
でも自分がされたとしたら反抗であっても親の体が心配になりそう…
最後のお弁当の本物見たくて探したらサイズは映画映え用に誇張されてたけど、そのままでもよかったのに。

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.2

人間良くも悪くもDNAより育った環境だなぁと思わされた感じ。悪者を擁護するつもりはないけど…

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.3

奥さん主演女優賞👏
この長さならラストはもうちょっとスカッとしたかったかな。

影裏(2020年製作の映画)

3.1

起承転結を求める映画ではないです。
主人公や登場人物の心情を感じる映画だなと思いました。波はないけど、ラストのシーンとか存在を感じるような心情が汲み取れて好きでした。でもつまらないっちゃつまらない映画
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

-

いい話なんだろうという事は承知なんだけど、アニメあんまり見ないからか寝落ちしちゃいました…ただ子供の頃いじめてた奴がなぜ普通に喋ってるんだ?ってなった。

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

3.1

利根川サンの時のような興奮は期待してないけど、なんとも落ち着いて見れました…藤原竜也の雄叫びとお馴染みのメンバーとテーマソング聞けただけでよしとします。

ロマンスドール(2019年製作の映画)

3.0

悪くないけど“綺麗に撮ったな”という印象で感動は出来なかった。「あ、いいな」と思ったのはエンディングのネバヤンだった。

メランコリック(2018年製作の映画)

3.7

これは!なかなかよかったかも◎
和彦クンちのゆるさ最高でしょ。
メジャーじゃないキャストもよかった。
「お風呂屋さんの仕事も、けっこう危ないんですね。」ってところと、「チッ」って舌打ちのシーンが好きだ
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.3

大吾に引っ張られた、、
さんふらわあ映ってて嬉しかった。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.1

犯罪はいけないけどスカッとはしちゃうよね。私にとっての見所はホアキンフェニックスの体。内容よりもその体に全てがつまってる感じがして滲み出る怖さがあった。

AI崩壊(2020年製作の映画)

3.1

「早期絶命を推奨します。」が衝撃すぎてこっっわって口から出てた。

>|