odasuさんの映画レビュー・感想・評価

odasu

odasu

主にHuluやNFで気になった映画を鑑賞してます( ੭ ・ᴗ・ )੭ジャンルは関係なく見てますが、洋画が多め。映画館での鑑賞は滅多にしませんが、これからは劇場鑑賞も増やしたいなって思ってます。気軽にフォローして下さい!
2018年3月14日記念すべき1000本達成!!わーい!2018年1500を目指します。

映画(1144)
ドラマ(6)

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

2.5

もー初っ端から心のセキュリティゆるすぎ。そして、男都合良すぎ。ありがとうは手紙じゃなく直接伝えろ!!もし引っ越してて転送届出し忘れてたらどうすんの?
ツッコミどころはいっぱいあるけど、まぁなんか二人が
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.0

素晴らしいことをしたのに、それが誰の目にも触れずなかったことにされるなんて、本人からしたら戦争終わった気にもならないよね。
今、こうやって映画になったり国から認められたりしてること、本人は知らないのが
>>続きを読む

パラダイス・キス(2011年製作の映画)

3.0

YUIの歌はすごく合ってる!!
それにしても出来すぎたストーリー笑
やっぱり頭のいい学校行ってるだけあってゆかりはNYでも英語で見事な対応!
ジョージは自動ドアとタイミングが合ってなかった。
北川景子
>>続きを読む

スーパーモデル(2015年製作の映画)

2.0

成功するまでの道のりではなく、成功した人の今までを切り取ってストーリー化させてるだけって感じ。
しかも最後の続くっていうのが、彼女のモデル人生はずっと続いていくって意味なのか、それともこの映画の第二弾
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

2.5

就活が得意で早く内定もらったって、仕事がうまく行くかなんてわからない。あの大学生の就活ってもの経験したことないけど、まわりとよーいドンで同時スタートだから、感情空回りしそう。
SNSのアカウントと自分
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

クイーンに触れずに27年間生きてしまったことが悔やまれた。でも、全く触れてなかったわけじゃなくて、どこかで聞いたことのある歌がいっぱいあって嬉しかった。
今じゃもっぱら移動中聞いてる。
かっこいいなぁ
>>続きを読む

ストロボ・エッジ(2015年製作の映画)

2.0

後輩女のでっち上げ話クソくだらん!!それを信じるになちゃんも馬鹿!階段こけすぎ。
まぁでもいい学校通ってるよなぁ。絶対私立でしょ。
少女漫画特有の夏の花火祭はやっぱり出て来た。
あと、最後にキスしない
>>続きを読む

ネイキッド(2017年製作の映画)

3.0

この手の話、昔世にも奇妙な物語で見たことある。それよりよっぽど前向きで良かったけど。
状況を把握して、乗り越え方を熟知してからが面白い。そしてめちゃめちゃかっこいいロブ…素朴でいい男。

オオカミ少女と黒王子(2016年製作の映画)

2.0

少女漫画の映画だから夏祭り出てくると思ったら出てこなかった!!!!まさか!!!花火も!出てこなかった!!!!!
色々ツッコミポイントはあるけど、やっぱり何より驚いたのは南京錠の少なさ。ちょろちょろっと
>>続きを読む

の・ようなもの のようなもの(2015年製作の映画)

3.0

兄弟子さんが志ん田にとっての人生の師匠になったなぁ。その世界に長くいなかったからこそ、世間を知ったかわりに、その世界の大人の事情を知らずにしっかりおっさんになったしんととさん。

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.5

吉牛のくだり、泣いたー。気づいたら私も一緒に泣いてたー。
お見合いのシーンの健太郎さんもすごくカッコよかった。

星野源さんってカエルみたいな顔してるなぁって見ながら思ってた。会話をカエル語でしたり、
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.5

チャンスとは。掴んだ側がチャンスと呼ぶのは構わないけど、無理やり掴ませた側がこの一連の実験をチャンスと呼ぶのはいかがなものか…
マイクも自分がやばいってことには気づいてるけど、どの立場に立たせてるかわ
>>続きを読む

おやすみなさいを言いたくて(2013年製作の映画)

3.0

母親になるというのは、強くなるのと同じだけ、裏側では弱くなるのかもしれないなぁ。

ザ・ウィークエンド あぶないお金の行方(2016年製作の映画)

2.0

んーまぁ特別面白くない。せっかくクールで首席なんだから危ない組織の経理で大活躍して逆に頭下げられちゃう展開がよかったなー。タイラーがめちゃめちゃ好きだった。
私のカシオの時計と同じ時計が映画に出てきて
>>続きを読む

クリスマス・プリンス(2017年製作の映画)

3.0

エミリーたんきゃわいい。ああいうはじめイラっとさせるこを味方につけるのは本当に大切。作法身につけてない普通の女だからこそ務まる役目でよかった。ドレスにスニーカー合わせるあたりは全然普通じゃないけど。

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.0

ホテルの予約1ヶ月ミスるとか馬鹿なの?
ネットでいくらでも確認できる時代に。脳内戦国時代かよ。
ただこのミスがなきゃきっとやりたいことも見つからず何の変哲も無い人生だったかもしれないから、運はいいね。
>>続きを読む

ボンビニ・バンガローへようこそ(2015年製作の映画)

1.5

んーイマイチ。途中で飽きてきちゃうんだよね。でもところどころ、おばかな演出にクスクス笑えた。まじであの姉ちゃん笑爪笑アイシャドウ笑突っ込みどころかなったけど、同じ人に思えなくなってきてたし最後の方。変>>続きを読む

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

3.5

なんかわかんないけどめちゃめちゃよかった!!普通の二人っぽくて現実味があってすごくドキドキした。多部未華子ちゃんまっじでかわいい。なんで今まで多部未華子ちゃんの良さに気づかなかったんだろうて感じ。ラブ>>続きを読む

家族カンケイ(2016年製作の映画)

3.5

オカンはいつも正しい選択をしている。さすがだよ。家族という垣根を超えた優しさとか愛情とかホント素敵ナオミ。複雑がダメとかシンプルがいいとか決まってなくて個人個人がどうやってお互いを大切にして過ごすかが>>続きを読む

アオハライド(2014年製作の映画)

1.5

過去に闇抱えすぎー。本田翼ちゃんがただひたすらに可愛いだけの映画だった。まじで可愛いね。
コンパスの針は教室の机を傷つけるには向いてない。やっぱり彫刻刀でしょ。
あと、ドタキャンですらしんどいのに夏祭
>>続きを読む

ミス・クリスマス(2017年製作の映画)

3.0

ミスミーディスクリスマスの親友ちゃん出てこなかったかー。スピンオフするならもっとたっぷりミックスして欲しかった。
このシリーズ、主役もそうだけど親友ちゃんが本当にいいやつ。愛とクリスマスなんていい組み
>>続きを読む

サウスサイドであなたと(2016年製作の映画)

2.5

バーでおしゃべりしながら美味しいお酒→映画館→お外でアイスクリーム
最高かよ!!!映画からのバーからのアイスだったらもっともっと最高かよ!!!!

天下無敵のジェシカ・ジェームズ(2017年製作の映画)

2.0

彼女の恋愛とか夢がどうこうではなく、こんなキラッキラした親友がいるだけでジェシカ人生丸儲けやん。
見た目に対する年齢設定が、ん?って感じだったけど。まだ可能性がある年齢より、もっと歳いっててこれが最後
>>続きを読む

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

3.5

前作より好きだったかも。起きてることの数は前作より多いのに、まとまってる感は今作の方が強い。二人の生活は奇妙なはずなのに平凡な感じで特別幸せなわけじゃないけど不幸じゃないって感じがすごく良いです。怒鳴>>続きを読む

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

3.0

瑛太も松田さんもカッコ良い。抱えてるもんは明るいものじゃないけど、だからこそのあの二人だわ。早坂刑事がわたし的にどのポジションの人なのかいまいち理解できなかった。

ミステイクン(2011年製作の映画)

2.0

普通に怖かった。心霊的な怖さと人間的な怖さ。くーちゃんのリンゴの食べ方ほんとすき。まさにコリュッと召し上がってるよね。くーちゃん演技とかではなく素すぎて、そこらの心霊映像とかより怖かった。

青空エール(2016年製作の映画)

1.5

入学直後のクラスの自己紹介があんな和気藹々としているわけがない。
同じ中学校で小野さんとか苗字で呼び合う仲なのに高校でいきなりの親友。
夏祭り、吹奏楽部ですらやっとの思いで行けるのに野球部は余裕でお祭
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.0

何これ可愛すぎる。
小学生の精一杯の純情。たまらん。こんな小学生生活過ごしたかった。もう取り戻せない。

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

2.5

お金をいっぱい持つことよりも、代えの効かない仕事に就く方が価値が高いと思う派なので、今回の映画は共感できることが多々あった。筧美和子さん、かわいいね。

物ブツ交換(2018年製作の映画)

2.5

お金なら預けて何十年後の将来に使えるけど、じゃがいもじゃ芽が出て毒があって価値の寿命がとても短い。
なわたしにはこの映画から何を読み取るのかわからなかった。子供たちがすごく可愛かった。洋服もすごくオシ
>>続きを読む

フランクとシンディ(2015年製作の映画)

3.0

体が大きいからギターがちっちゃく見えてすごく可愛かったの。その姿はいい父親の仕事をしてました。

歌の中の彼女(2017年製作の映画)

1.5

恋愛はどちらかに終わりが見えた時に攻め際より引き際の方が大事かも。引くという名の攻めが効くかもしれない。そもそも攻めなきゃ始まらなかった恋愛だから結局どっちも必要か。
まともに恋愛してない私がとやかく
>>続きを読む

地中海式 人生のレシピ(2009年製作の映画)

2.5

共感とかはできないけど、正解とかはなくてこの人たちなりの正しい道を自分たちの力で切り開いていた。自分の人生をうまく調理している感じ。甘いも苦いも辛いもの酸っぱいもしょっぱいも色んな味があって、1つでも>>続きを読む

おじいさんと草原の小学校(2010年製作の映画)

4.0

勉強ではなく、生き様を教えてくれる人はなかなかそばにいないので、マルゲと共に教育を受けられた子達は本当に運が良い。

>|