ドロリスさんの映画レビュー・感想・評価

ドロリス

ドロリス

映画(521)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

マシンガン・ファーザー 悪党に裁きの銃弾を(2019年製作の映画)

4.0

ー神の仕事をする時がきた。
素晴らしい作品です。
血生臭い凄惨なバイオレンスアクションに、西部劇の様な埃臭さも!
アクション自体もとても良い。このドミニク・ヴァンデンバーグという男、アドキンスより宙を
>>続きを読む

ガーディアン24(2019年製作の映画)

3.5

「ザ・インベーダー」のお方!
観る前に「コメディなの!?」と思ったけどその通りでした。
全編、クライムアクションとして観ればモタモタしてるのですが、好きだな。

スクールズ・アウト(2018年製作の映画)

3.7

「消えたシモン・ヴェルネール」みたいな話だと思ったが違った。
無関心ではあるが、根底には恐怖にまで高まる関心があったのかも知れませんね。
煽るラストも良いです。

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語(2018年製作の映画)

3.6

ダン・フォーゲルマンって、音楽に寄り添った作品が好きなんですね。良い趣味ですし、テーマも真面目で素敵です。
人生を包み込むような壮大なテーマ。
最初の方は、映画の脚本をギミックにしたコジャレた作品かと
>>続きを読む

ガーンジー島の読書会の秘密(2018年製作の映画)

3.4

ミステリー度は少し弱いがそれなりに謎が少しずつ解き明かされる過程は楽しめた。
戦時の悲しい過去と隠された人間関係を追及していくストーリーに恋愛要素も入れて、美しい作品に仕上がってます。

ジェイコブス・ラダー(2019年製作の映画)

3.0

色々削がれた気がする…分かりやすくはなったが随分とこじんまりとした話になった。
エンドロールの過激な曲はとても良い。

アマンダと僕(2018年製作の映画)

3.6

あらすじを知らなかったので、意外でした。
悲嘆の中に優しさがある作品。
選択を迫られる姿が多く映し出されるが、皆、勇気を持って進んでる気がする。
ミカエル・アース監督、なかなかかも!

チャーリー・セズ / マンソンの女たち(2018年製作の映画)

3.4

マンソン・ガールズに焦点を当てた作品。
彼女らのマンソンに会ってからの人生を、現在と過去を行き来しながら、淡々と見つめていく。
彼女らが非現実的で矛盾も多い言動のチャーリーに如何に強く洗脳されていたか
>>続きを読む

ネバー・ダイ 決意の弾丸(2019年製作の映画)

2.7

これと言って見所が…
せっかくのJCVD使いなのに、どうノッて良いのやらというテンションも疑問。
同時期の「ザ・バウンサー」は数段良かった。

リトル・モンスターズ(2019年製作の映画)

2.8

所々笑えたけど、全体を通すと面白くなかった。
主人公デイビッドの最初のクズさ加減はなかなかのモン。

セーラ 少女のめざめ/セーラ 少女覚醒(2014年製作の映画)

3.3

題材は良いね。
女優を夢み、魂を売るような話はなんか現実的ではないが似たようなことはしばしば語られるので、それに近い狂気みたいなものがあるのだろう。
どこかデイビッド・リンチ的な悪夢も潜み、どこかパス
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.8

めちゃ楽しめた!
前半は特に!
デカい車両でなぎ払って行く様は、それこそ「ターミネーター2」見てる感じがした。
後半のアクション展開も見づらい所はあったが悪くはない。
ストーリーをシンプルにした分、そ
>>続きを読む

サブマリン(2010年製作の映画)

3.0

難しかったね。
イギリスの捻くれ感が顕著に浮き出てます。しかも常に聞こえる潮騒とカモメの鳴き声が寂しくさせる。
アレックス・ターナーの曲が聴けて良かったです。

ドント・イット THE END(2018年製作の映画)

1.8

とても面白くなかったなぁ。
「IT」みたく子供時代と大人になってからの物語を構成上で語っていくところは、まあ普通によくあるかもだが見所。しかしそれにしても面白くはなかった。

ゼイ・リーチ-未知からの侵略者-(2020年製作の映画)

3.1

懐古趣味的。
70年代末の音楽やファッション、小物、そして当時の映画風な展開など、随所に織り込んだ作品。
少し悪趣味な所もありです。見張りの警官たちが良かった。

ファースト・マン(2018年製作の映画)

2.8

ちょっと難しかったかな。
ほとんどニールの視点から描かれていますが、それがかなりの挑戦に映りました。船室からの描写が当然多くなるので、状況が分かりづらい…でも、孤独や悲しみに襲われつつも月や未知の宇宙
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.5

人形の顔つきや歌、言ってる事のブキミ感の出し方が巧いねー、流石!
怖がらせる事のみに注力するのを放棄し、コメディを取り入れたのは良い選択かもですね。
ドリーンが「ホビットめ!」って罵ったのは大爆笑!

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

4.1

もう!
とにかく泣いた!
「僕たちは希望という名の列車に乗った」くらい泣いたね!
プロレスはあまり興味がないんだけど、良いもんだね!

トリプル・スレット(2018年製作の映画)

4.0

「2対1でも勝つ」みたいなセリフを使ってくれて尚更盛り上がるねー!
それぞれの熱い見せ場も親切に丁寧に用意!
イコが少しクタクタしてたのがちょっと個人的には悲しいが、全体的にはとても良かった!
久々か
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.1

「お前は何者だ!?」
父娘の物語でした。
少し汚らしいのもアジャ色。
俺たちの「パニック・マーケット」を期待し過ぎてちょっと違いましたが、まぁ面白かったです。
ラスト、父の応援のもと競泳してる姿でも欲
>>続きを読む

マーウェン(2018年製作の映画)

3.5

暴行のPTSDに悩む主人公。
空想の中に逃げ込むが折り合いをつけ立ち向かう姿を描いてます。
空想と現実が入り乱れ、ユニークな映像世界を構築してる。ゼメキスらしい作品だ。

北の果ての小さな村で(2017年製作の映画)

3.1

グリーンランドに住む人々の生活をメインに描いた作品です。
貧しく環境も過酷な村に、教師として赴くが、逆にその村での生き方を教えられる話ですかね。
ストーリーの浮き沈みは少ない。ですが、小さな幸せがいっ
>>続きを読む

ラスト・ムービースター(2017年製作の映画)

3.6

人生はまだ続く、幕は下ろせない!
過去に囚われる話かとも思ったが、もう少し深く、生まれ育った土地で人生を振り返り、省みるストーリーかもですね。テネシーの雰囲気の良さも表せてます。
時おり、過去の自分と
>>続きを読む

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男(2018年製作の映画)

3.9

内容はそう、「ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男」が表すように、ヒトラーとビッグフットを殺すのですが、もっと言えば「殺した男」に着目したストーリーかも知れません。

ジャンルムービー風のコテ
>>続きを読む

ライリー・ノース 復讐の女神(2018年製作の映画)

3.6

無敵感ハンパない!
一児の母が復讐に燃えて帰ってきた!
どこで戦術を学び、どんな鍛え方したのか不明なのも気になるが、なんとなくそれも良いかも。
正義を失ったように見える主人公だが、荒っぽい正義が残って
>>続きを読む

ドッグマン(2018年製作の映画)

3.8

シモーネの粗暴な性格から、まるで底辺のギャングが巻き込まれるクライムスリラーのような雰囲気が漂いました。
一番不条理なのは、娘や近所仲間を後回しにする主人公の心理かも知れません。

リベンジ・リスト(2016年製作の映画)

3.3

想像してたのとは違う後味ですかね。
相棒的な存在が意外でしたが、居て良かったです。
入れ墨もカッコ良かった。すぐ悪党側に顔バレしたりして、もたついた「ジョン・ウィック」みたくイライラさせられたな。

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.6

SFスリラー。
もう少し善悪に揺れる感じが欲しかったかな。
思春期の子を持つ親の不安や恐怖を描いたとも言える。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

良かった〜。
感染を免れた者たちのなかでも分断が起きるのは、今の世情に響きますね。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.0

独創的で刺激的!
ドキュメンタリー風な要素も混じり、そこにスリリングな展開加わって素晴らしいです。
ネットや映画・小説を参考にした緻密な計画、なのに実行段階で幼稚なところも露出してくる辺りが面白かった
>>続きを読む

デュエリスト(2005年製作の映画)

3.5

うっとり。
ロマンスが溢れる剣戟映画でしたね。
美的感覚を強く訴えるアクション。それはもう舞踏のよう。たまに流れるロッキッシュな音楽も良いです。
雪の舞いや影などもセンスありだ。

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

4.1

端正な詠春拳と西洋ボクシングとの闘いは見ものです。そこにサモハンも重なってくる感じが泣けた。
やはり話しの流れはロッキー風ではありますが、同等の面白さがありますね。
故ダーレン・シャラヴィも憎まれ役を
>>続きを読む

ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録(2012年製作の映画)

3.8

殺伐とし、血生臭いバイオレンス。
その中に輝き放つアクション!
最初、なんでJCVDがハゲて白塗りなのかな?と思ったけど、そういう事か!
南部っぽい森林に囲まれた川を上っていくくだりでようやく分かった
>>続きを読む

>|