ドロリスさんの映画レビュー・感想・評価

ドロリス

ドロリス

  • List view
  • Grid view

学園ギャング(2019年製作の映画)

3.5

普通に面白かったです。
Vシネマ的という感覚はありますが、キャラの説明と余計な部分を削ぎ落としたシンプルな構成はある意味観やすいです。

バッド・ヘアー(2020年製作の映画)

3.8

「その死に方!最高じゃないか!」
とまぁ、ふざけた発言で切り出しますが、この作品、単に観た感じの印象やストーリーがつまらないだけで、評価を低くして良いのでしょうか??
何気に凄い作品では!?
正直なと
>>続きを読む

おもかげ(2019年製作の映画)

3.6

良かったです。
ミステリー色は薄めで、心の傷を埋めつつの再生のドラマでした。

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.5

89年作もトラウマ級で、当時TVで観た時はお母さんがヒステリックになって、「消しなさい!」と言ったものです。
こちらのリメイクも良かった。リメイクというか少しだけ話も変化を加えて、また違った雰囲気を出
>>続きを読む

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

3.6

凝ったカットなどはあるものの、全体的に派手さや演出も控えめ。
ただ幾重にも連なるようなラストが良かったです。黒い社会に生きる儚い人生の教訓みたいなのも説得力ある。
勿論音楽も良い。

ブラッド・ブレイド(2019年製作の映画)

3.9

惜しい!
いや、充分に良かった!
よくある話だが、先住民たちメインでキャラが凄く良かった。家族や生い立ちの愛憎があって。
男らしさ、潔さが堪らない!
時おり掛かる音楽がまた!
西部劇風なのかなと思った
>>続きを読む

雪暴 白頭山の死闘(2018年製作の映画)

3.4

なかなか良かったです。
刑事と強盗、そして他にも…が血生臭い駆け引きを繰り広げる作品でした。

40男のバージンロード(2009年製作の映画)

3.5

結婚と友情というドラマにコメディ要素を色濃く挟み込んでおかしく描いた、良作でした。

メタモルフォーゼ/変身(2019年製作の映画)

3.3

ん〜最近観た「ディヴァイン・フューリー」と大差なくて…飽きる展開だったなー。
「ドント・ヘルプ」も比較的最近観て食傷気味…これはラストウケたけど。

静かな雨(2020年製作の映画)

3.2

静かな、透明感のある作品でした。
多少こそばゆいところがあるが、これが邦画ってモンか。
良かった。

鬼手(2019年製作の映画)

4.1

久しぶりに凄くどハマりした映画!
なんだこの復讐人生!
魅力あり、個性もある敵役がズラリでとても良いし、囲碁が全く分からなくてもスリルと展開に自ずとストーリーに惹き込まれる!
ヴァイオレンス色の濃いア
>>続きを読む

悪魔がみている(2020年製作の映画)

3.1

ん〜。
悪くないんだけど…そこまでってなる新感覚ど愛でした。

アーカイヴ(2020年製作の映画)

3.6

おー♪
ヒューマンなSFドラマにミステリーを仕込んだ、良い仕上りです。
悲哀、嫉妬、愛情、切望、独善…そう言うところを抽出した作品でした。

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(2019年製作の映画)

3.8

シンプルなストーリーではなかったね。主人公たちの想いや心境も少し難しい。
サンフランシスコという土地柄や人種割合、歴史などが絡みつつのアイデンティティ、信頼できる友、そして不法占拠者の居住権がテーマと
>>続きを読む

VETERAN ヴェテラン(2019年製作の映画)

3.0

過剰な演出が良かったね!
ゾンビ風なジャンキー軍団でした。
「コマンドー」や「ウォリアーズ」などで小悪党として出演したデビッド・パトリック・ケリーや、黒帯アクション俳優フレッド・ウィリアムソン、ウィリ
>>続きを読む

レフト ー恐怖物件ー(2020年製作の映画)

2.8

ブラムにしては怖くなく、ベーコンにしてはハッキリしない役柄。
ホラーなのかもよく分からない雰囲気の作品でした。
大して面白い作品ではないので、副題「−恐怖物件−」と付けた気持ちも分かるかな。「−ネット
>>続きを読む

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷(2020年製作の映画)

3.7

良かったのは、時の異なる幾つかの家庭、登場人物が呪いを通し、一つのストーリーとして語られると言うところかな。
その登場人物たち、なかなか良いのですよ。「ザ・ハント」のベティ・ギルピン!そしてジョン・チ
>>続きを読む

カット/オフ(2018年製作の映画)

3.2

サスペンス・スリラーですかね、もう必要以上にサスペンスフルであります。
込み入ってて感心しましたが、案外登場人物も多く、長くて疲れたかな。

カンフー・ジャングル(2014年製作の映画)

3.8

一個人的武林!!
ストーリーが好きです。敵役あってこその作品。

ヒットマン エージェント:ジュン(2020年製作の映画)

3.4

少しオフザケが過ぎたかな…。
ドタバタしてた…けどアクションは良かった。

ザ・ハント(2020年製作の映画)

4.0

おー♪😊
全く想定外!!
「そもそも人間狩りなんて話の映画ってたくさんあるじゃないかー!?ブラムが今さら!?」って思ってたけど、これはッ…!
かなり楽しめました!
イマイチな風貌のベティ・ギルピンがス
>>続きを読む

ファナティック ハリウッドの狂愛者(2019年製作の映画)

3.1

車内で息子とリンプ・ビズキットを聴くシーンはちゃっかりとは言え、凄くあって良かった。
トラボルタがまぁ変な髪形だし、挙動不審!こんな演技もできるんだ!

アース・フォール JIU JITSU(2020年製作の映画)

3.8

面白い!めっちゃ面白い!
2020年代にこのようなワクワクが止まらない作品をまさか観られるとは思ってなかったです!
内容は「プレデター」のバッタもんが量産されたもう懐かし90年代テイストですね!
とき
>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.9

ヴァイオレンスな雰囲気や大まかな流れだけで楽しめるのですが、難解作品ではあるかな。随所随所で、理解不能な事物を入れてて…。
わざわざ円盤風のドローン使ったり、操られてるように動く米国の1団。バクラウの
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.0

この結末では、あまり良い話ではないと感じた。頭は良いのだが、結局関係ない方々を駒の様な扱いで…。

昔の昔、子供の頃、テレビでアニメ「バットマン」を観てたら、危機に陥ったバットマンとロビンが「ふふふ、
>>続きを読む

無ケーカクの命中男/ノックトアップ(2007年製作の映画)

3.4

ジョークが不適切過ぎて困惑しましたが、アパトー作品らしいと言える。
あんだけダメな人間が最後だけ良かった気がした…がそこは映画と言うことで。
ポール・ラッドとレスリー・マン夫妻にまで焦点をあてて、ドラ
>>続きを読む

大脱出3(2019年製作の映画)

3.4

バウティスタ、マックスちゃんそれぞれの闘うシーンが良かった、それだけが良かった!特にマックスちゃんは久しぶりに光った!

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(2018年製作の映画)

3.8

とてもとても良かった。
人生の現実と夢をバランス良く見つめたラストには拍手!
主人公周辺の音楽趣味も好きだな。

ディアスキン 鹿革の殺人鬼(2019年製作の映画)

3.1

自分本位でおかしな人だが、実際に居そうでもあるところが…なんとも!!
即席で、しかも重宝するあの武器もよく思いついたモノだ!

スリー・ジャスティス 孤高のアウトロー/ビリー・ザ・キッド 孤高のアウトロー(2019年製作の映画)

3.7

準主役としてビリー・ザ・キッドを使い、ストーリーが映える。
少々展開が荒いが、西部劇の醍醐味である逃避と追跡が入れ代わり混じり合い、ついつい没入してしまう作品だった。

BURN バーン(2019年製作の映画)

3.0

キモい女が主人公という点以外、特にこれと言って他のB級スリラーと変わったところはないのですが、キモい女がまぁキモくて良かったです!

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

3.6

アイス・キューブがレストランで暴れたところ良かったなー。
ジョナ・ヒルの時おり見せる悲しそうな顔も。

その手に触れるまで(2019年製作の映画)

3.4

淡々と進み、主人公に対しての理解もままならないがじっくりストーリーが紡がれる。

>|