ドロリスさんの映画レビュー・感想・評価

ドロリス

ドロリス

映画(252)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ロキシー(2016年製作の映画)

3.3

最初、バイオレンス描写にトッポい所はあったけど、後半はかなり良くなった。
音楽も良いし、特にTHE xx使いは響いた。キッド・カディも出てたんだね!
予告編が「ベルフラワー」風に感じて即レンタルしたの
>>続きを読む

ポエトリーエンジェル(2017年製作の映画)

3.2

良かった~!
前半が地味な分、後半が特に盛り上がった!「シザーハンズ」に更に付加価値を着けてくるなんて!
お父さんも良かったな、実は息子が宝だったんだろう。

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.7

うまく土地の雰囲気醸し出してたし、恐怖の演出もあの手この手で良かった。銃も持ち出して、効いてるのがまた新しい。

リヴィッド(2011年製作の映画)

3.2

良かった~様々なホラー要素ごちゃ混ぜで!
モーリー&バスティロの様式美を追求したホラー映画という位の事前知識しかなかったので、その目眩く世界にどっぷり嵌まってしまいました。
レズビアンちっくな所や、痛
>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.7

ジャケットからして、「凡百のシチュエーション・スリラーか~💦」ってスルーしちゃうのに、何故か異様に評価が高い!これは観てみなければ!と思いのレンタル。
近年には珍しく、よく練られたミステリー、サスペン
>>続きを読む

ザ・インベーダー(2011年製作の映画)

3.6

導入の友達想いな性格からすれば、これくらいが丁度良い狂気だね!
こちらとしては、不法入国者ってところが馴染みなしで、しかも薬局やクラブで笑いあったりと妙な順応性を示してて、その辺も不気味...だけどス
>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

3.4

悪いな~CIA!笑
細切れカットで多少観にくいですが、スピード感はあった。
時勢に乗ってギリシャ財政難やスノーデンの事を扱ってて、良かった。
その相貌に復讐心を刻んだヴァンサン・カッセルが作戦員に成り
>>続きを読む

ニーゼと光のアトリエ(2015年製作の映画)

3.5

真面目な映画でしたね。
真摯にニーゼの人生を辿り、そうそうドラマティックなことはないんだな、と感じた。
でもその生真面目な語り口が良かったです。

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

2.8

淡々と物語りは進む。あまり大袈裟な事は起きない。しかしこの作品で語っている内容には奥行きがあり、到底語り尽くせない。
ある医師が脳死状態と分かると、すぐに臓器移植の方向へと持って行こうとしてたのが何と
>>続きを読む

マイ ビューティフル ガーデン(2016年製作の映画)

3.5

心暖まるファンタジーでしたね。
ファンタジーと言っても、今までにないような現実と幻想のスレスレの境界線で描いているような、そんなお話。
映像が靄がかった感も手助けして、より一層美しい。
美しい庭園の中
>>続きを読む

いま、輝くときに(2013年製作の映画)

3.2

結構良かった。
似てるお父さんを見て選択をしたんだなってところ、それが分かると凄く切なかった...
この監督、「人生はローリング・ストーン」のお方かー。ぽいぽい!ジワリと来るドラマだもん。

パターソン(2016年製作の映画)

3.7

何気ない日常だが、深みのある洞察力で、詩と、人々との交流を描き切ったジム・ジャームッシュ。
ユーモア溢れるが同時に一抹の悲しさもあった気がする。
ゴルシフテの白黒センスは好きかも。

デッドロック4〜絶対王者ボイカ〜(2016年製作の映画)

3.9

わ!リング上のファイトが凄く良かった!素早さ、そしてスローも用いて、力みなぎるアクションを見せてくれました。サクサク展開するのも良し(ただナイトメアとは説明的な盛り返しが欲しかったな...)。
ただた
>>続きを読む

ドルフ・ラングレン ゾンビ・ハンター(2017年製作の映画)

2.3

「ザ・コンヴェント」の監督さんなんですね。ドルフィーが出ていてるということを勘案しても、流石に面白かったとは言えなかった...
「キングスマン」並の次から次へとの大殺戮シーンは凄い良かったです笑
ゾン
>>続きを読む

ある決闘 セントヘレナの掟(2016年製作の映画)

3.8

西部劇なのにそれ以上に光るミステリー要素。そこにすっかり飲み込まれました。時代的な紛い物の宗教も色濃く反映させ、先日観た「ブリムストーン」とはひと味違った感触でアメリカの歴史を語る。
妻の件もドラマを
>>続きを読む

68キル(2017年製作の映画)

3.6

一定の面白さがずっと続いて良かったです。イカれた美女にたちに狂わせられる人生。でもそこから学んでもいて...
ライザは特にエロさがあって良いねー!

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.4

あの膨大なページ数の小説がやたらコンパクトに纏まってた。でもこのまとめ方、全然悪くない。結構楽しめた。
キングは縦横無尽に自己作品から登場人物や世界観を引っ張り出すから、そこは何となく好きにはなれない
>>続きを読む

皆殺しのレクイエム(2017年製作の映画)

3.8

グッと来るねー、これも男子の必修科目ですよ!キックボクシングって!
観ててもうダメかと思う矢先に、キッチリと!
復讐モノとしても、一個人的な私怨のヒーローモノとしても観れそうな作品です。

SPL 狼たちの処刑台(2017年製作の映画)

3.7

ヴィタヤ・パンスリンガムって、「オンリー・ゴッド」のあの最強のオッサンかな?
一作目よりノワール節がさらに強く、しかも終盤に向けて加速していく。
アクションに途中不安を覚えるのだが、結果満ち足りた充足
>>続きを読む

ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!(1999年製作の映画)

3.2

爆笑ではなく、抑制の効いた笑いが良いですね。ペインの、人生を見つめる姿がそれだけ冷静であるが故だと思います。
高校の生徒会長選挙を取り上げているのに、そこに大人の情事も差し入れるあたり、その相容れなさ
>>続きを読む

ガーディアン(2012年製作の映画)

3.8

かなり良いアクション見せてくれます。基本ガン・アクションで、舞台と緩急を変えて撃ちまくるので、飽きもせず楽しめた。
普通のゴリゴリ男や北工作員だとあれくらいの傷は平気ですが、一晩苦しむ描写があって良か
>>続きを読む

ベルリンファイル(2013年製作の映画)

3.9

最初の感じは「ジャッカル」風だったな。非常にアクションも良く、アラブ系も混じっての攻防も盛り上がった。リュ・スンボム良いね!

デンジャラス・プリズン ー牢獄の処刑人ー(2017年製作の映画)

4.0

車に乗ってる時だけかかるブラコン風の音楽、あと蒼く暗めの一歩退いた映像がある種独特な雰囲気だった。
残虐な描写も、この監督の持ち味。ただ「インシデント」や「トマホーク」よりかは笑える描写でしたね。
>>続きを読む

プリズン・サバイブ(2008年製作の映画)

3.8

この切実なほどリアルな生き様が、息を詰まらせた。
一歩刑務所に入れば、その家族にさえも見えて来なくなる世界があるようだ。
また違う観点の「ブラッド・スローン」も良かったが、こちらも全然負けてない!

歌う大捜査線(2003年製作の映画)

2.5

ん?んん?
「ジミーとジョルジュ」みたいだった...
ロビン・ライト、綺麗だった。

我は神なり(2013年製作の映画)

3.7

神に愛されない運命の人々...
インチキなのか真実なのかの境界線がおぼろ気になって、深みを増した。
にしても、この孤立した善人にはなれない主人公に取り込まれるね。
助けてくれた若者たちから金を巻き上げ
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.0

これがペインと言われても困ってしまう。今までと違うから。
でも不思議なのは、小さくなった世界を映像と装飾と音で、らしく再現してるところかな。世界、コロニーを小さいと感じ、不思議。

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.8

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」風なのかなと思ったけど、目を覆うような残酷描写が多いスリラーでもあり、時代に翻弄される女性の強さが滲み出たドラマでもありました。この重々しい雰囲気と年代記的な長さ、逆に>>続きを読む

エミリー 悪夢のベビーシッター(2015年製作の映画)

3.3

子供にはまずNGな際どさ、良かった。
でもそんな事しなくても...って所もあったな。
エミリーと支える旦那さんらしき人の人物像も、少し謎を秘めてて良かった。

ホームメイト!(2017年製作の映画)

3.7

小ネタ、特に「ドーソンズ・クリーク」ネタなんてのは地味に良かった!
キャンパスに行って大学生とのドンチャン騒ぎも爆笑でしたね。
こういうキッチリとしたセリフ踏襲のラストも好きです。あと、男性と女性の本
>>続きを読む

7Wish セブン・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.0

ドジかよ!
オルゴールのルールがちょっと分からなくなってしまったが、希望と欲、代償に操られ疑心暗鬼になるくだりはスリラーも入り交じり、とても良かった。
主役の娘、「ホワイトハウス・ダウン」や「I WI
>>続きを読む

パパVS新しいパパ 2(2017年製作の映画)

3.5

「聖夜のミサイル」のところが大爆笑でした!
仲を悪くしようと画策する父役のメルの存在が話の構図としても巧みですし、凄く好演。ただ彼にもう少しなんかあって欲しかったな。

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.6

こんなクレイジー過ぎるケイジは見たこがなく最初は違和感しかなかったけど、見ているうちに愛着が湧いてきて、不思議。
アクション映画顔負けのカメラワークにダメダメなアクションを入れ込む辺り、最高でした。
>>続きを読む

笑う故郷(2016年製作の映画)

3.8

「ル・コルビュジエの家」の監督さんか。凄く皮肉に満ちていて面白かった。
絵画の審査員を勤めてるところなんて、最高でした。主人公や町民の細かい動機や意図、作品の本質的な狙いなどは掴み取ることが出来なかっ
>>続きを読む

ドクター・エクソシスト(2016年製作の映画)

3.1

心に入り込めるって設定が、科学的に悪魔に挑むという所と相容れなくて、少し残念。ちょっと「ゲット・アウト」の現実味のなさと似てる。
まぁでも、オカルトな怖さとかより、家族のドラマを織り込んでてストーリー
>>続きを読む

フランキー 不完全な男(2017年製作の映画)

3.2

惜しいなぁ...嫌いじゃない。
怒りに震える主人公はとても良かったし、チャーリーやニコ役も良かった。他がダメ過ぎだけど...
クリスタルとの件は中弛みだな。あと、もう少し過激なシーンが欲しいかも。そし
>>続きを読む

>|