ドロリスさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

ドロリス

ドロリス

映画(361)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.4

これが最近名前の聞くミハリナか。
ひと昔前風の音楽、特にポストパンク感満載の音楽で、皆で踊っていたのが良かったな。
ショッキングな残酷さとあどけない美しさ、ギラギラのネオンが交差し、雰囲気を作っていた
>>続きを読む

彼女はパートタイムトラベラー(2012年製作の映画)

4.0

二回目の観賞。
やはり良かったです。地味な良さがあります。ストーリーに雑な所がありますが、それらも含めて信じる心を試す作品ですかね。
海岸での基礎訓練が笑えたなぁ。最近のデュプラスはとにかく良い!

ウェディング・ゲスト(2017年製作の映画)

3.6

モヤモヤしたけど、それも良かったな。
良い歳して拗らせてて、クズ。でも愛らしい。そんな役柄にぴったりなのがロングだな。
「シュワルツマンの自然紀行」もっと入れて欲しかった。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.2

「ベルファスト'71」みたいな映画なのかなと思ったけど、もっとこうリアルで息が詰まる感じでしたね。
音楽も良かった。
酷いことが起きていたんだなと思った。

トラジディ・ガールズ(2017年製作の映画)

3.0

ちょっとホラー映画のオマージュがあったようだけど、中途半端に感じたな。
むしろ「ロミーとミッシェルの場合」を想い起こさせた。
ブラックな映画ですが、そこに惹き付ける興味も持ってなく、共感もできなかった
>>続きを読む

アンダードッグ 二人の男(2016年製作の映画)

3.3

ボコボコの殴り合い、真に迫っていた。韓国らしい痛々しい映画でしたが、底辺でもがく人間の姿が上手く描かれていた気がする。

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

3.9

良いわー!今年の青春映画の中では群を抜いて良かったかな!
学園モノだけど、最近はひと昔前より枠に嵌まらない学園生活を送ったりするから、ジャンルこだわり派としては困ったモンですが、それでも楽しいのです。
>>続きを読む

RENDEL レンデル(2017年製作の映画)

3.4

ヒーローがメタメタやられるけど、好きだな。虫の息でも頑張るところが。
ただ復讐心からという向きも強いのでリベンジモノかも。
「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」と似てなくもない。
あと少し笑えて良かった。

バース・オブ・ザ・ドラゴン(2016年製作の映画)

4.1

なんだ!めちゃめちゃ良かったぞ!
ストーリー、そしてドラマ展開がシンプルだけどとても良かった!アクションも見応えあったし、一応強めの悪党も出てきたから盛り上がった!
ビリー・マグヌッセンって「イングリ
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.6

めちゃめちゃ怖いと言う訳ではないが、どこかヤバめな恐ろしさがあった。
確かに悪夢的。トニ子以下出演者良し。

きみへの距離、1万キロ(2017年製作の映画)

3.6

純粋で良かったわ!
運命の女性、かぁー!
因みにキム・グエン同監督「ホワイト・ラバーズ」も地味に良かった!

CRESCENT 冷たい海の底(2017年製作の映画)

3.3

怖さにうち震えるほどではないのですが、鬱々として、不気味さや体感できるほどの寒さもあって良い雰囲気醸し出していました。
墨流しをモチーフにしたサイケデリアも良しです。
深く味わうこういうホラーこそ、最
>>続きを読む

天使たちのビッチ・ナイト(2017年製作の映画)

3.4

「ジョシーとさよならの週末」も突き抜けた笑いがないのにほんのり良かった。ほのぼのと言うとおかしいが、なんかそんなこじんまりとした感が堪らない。
オーブリーPも最近は積極的に製作側にも回り、この手の映画
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.1

素晴らしい題材なんだけど、面白く描けてないというか...胸踊るドラマチックな展開がない。どことなく全体的に中途半端な印象でした。
長めの時間の割には、人物描写と彼らの関係性も踏み込んでないところが散見
>>続きを読む

21オーバー 最初の二日酔い(2012年製作の映画)

3.9

おバカな映画だと思ったら、それだけに終わらない作品でした!
真の友情や青春を見つけ、成長(?)も見付け出す。
感動もあり、最高でした!

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.8

パンキッシュな感じでしたね。
もう少しエルがくすぐってくれると思った。
ステージに立った時、想いが被ったのはお姉さんの「ランナウェイズ」かな。

ホリデイズ(2016年製作の映画)

3.1

「父の日」が良い雰囲気だった、けどちょっと惜しかったかな...

まともな男(2015年製作の映画)

3.8

これもまた語り口が巧いね!
なんとか取り繕うとしても悪い方悪い方へと。それはスリリングでさえあった。
主人公の人格的なものを鋭く捉えつつ、それに沿うドラマチックな展開。
素晴らしかった。

ザ・ディザスター・アーティスト(2017年製作の映画)

4.1

たかが最後の10分ほどで作品全体の良さを決定付けるような映画でした。
トミーとグレッグらの信念と言い、演じたフランコ他の熱演と言い、とても感動。あのセリフのシーンはフランコ全身全霊だと分かってひたすら
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

このシアーシャ、良いなぁ!グレタに成りきってた。
「ゴーストワールド」や「スウィート17モンスター」みたいな良さがあった。
若さ故のどこか素直じゃなさ、偏屈感がたまらないです。
マンブルコア風の味わい
>>続きを読む

ミステリーロード2/悪徳の街(2016年製作の映画)

3.6

「欲望の街」と甲乙付け難い良さでした!
前作より少しだけ音楽も牽引するし、ジョシュ(「クロニクル」に出てた人か!)も話題とテーマを引っ張るので、面白かったです。
ジャッキー・ウィーバー演ずる女町長も良
>>続きを読む

ミステリーロード/欲望の街(2013年製作の映画)

3.6

しんしんとしてて良かった!
オーストラリアの美しい景色に反して、罪深き犯罪も増えて来ている土地の人々を描いている。
敢えて共通項を見つけようとするなら「マーシュランド」のような作品だろうか。
劇的にス
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.2

ストーリーに入り込めれば面白いかも。
自分はそこまででもって感じでした。
ファンタジー感の少しあるミステリーですかね。
もう少し、アジャアジャしてると良かったんだけど...

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)

2.8

人物に絡み付くように追う「サウルの息子」っぽいカメラワークだったな。
後半も後半、「神を見上げなくなった。今の人間は地面や社会にへばりつくように生きている。神や奇跡を信じなくなった」ってところが、この
>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

3.4

ホラーなんだけど、淡々と丁寧に家族や恋愛ドラマを織り込んでるので、より実生活に潜む感覚に陥ってしまい、全体としてそら恐ろしい不気味な作品でした。
強い光の点滅や牛乳に血など、感覚に訴えてくるのが、生理
>>続きを読む

アクシデント・マン(2018年製作の映画)

3.0

コミカルな感じが好きなんですかね、アドキンスさん?
随所随所のアクションはなかなか良かったです!

黒い箱のアリス(2017年製作の映画)

3.3

とにかく不思議な感じでしたが、結末が分かれば普通だったな。
SFスリラーかな。ちょい前に「ショートウェーブ」って観たけどこんな雰囲気でした。がそれよりは良かったです。
スペインはゴロゴロ良いの出てくる
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.9

ラストの収まり具合が最高だったわ!
「神様の思し召し」みたいに笑えたし、泣けた。
隣のおばさんのローソクや、パパのスニーカーなど細かい笑い取り、最高。

サマリア(2004年製作の映画)

3.2

罪が罪へと、償いが償いへと。
人物の視点も入れ変わり、道徳観どうのという話からもぶっ飛ぶような...
運転を教えたのは、人生の軌道修正の仕方を教えたのか...
とにかくギドクだった。

デンジャラス・ミッション(2016年製作の映画)

3.7

や、案外面白いよ、これ。
結構力んだ!中盤のカルト教団ドラキュラ(?)辺りからヒートアップしてきたね笑
「マッハ」よりも好きかも。
あと、通でないと分からない映画ネタがたくさんあった。

ラスト・アウトロー(1993年製作の映画)

3.8

エリック・レッドの脚本はやっぱ凄く良いわー!学生の頃観て面白かった想い出があり、レンタル落ちVHSで観直した!
ブシェミの使い方はもったいないが、ミッキー演じる謎めいた恐ろしさを携えた大佐、キャラが光
>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

3.4

ほのかに暖かみのある初々しい恋愛と友情から一変、閉鎖的な村落の息苦しさと冷たさが後半に押し寄せてきた。
ラストは少し希望を覗かせる...

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

ウェスの作品は情報量多いけど、これも慣れれば愉快な作品。
可愛さの中に潜む、ドキリとするブラックさも味。

春の夢(2016年製作の映画)

3.1

面白かったと言えば嘘になりますが、でもほんわかした春の夢のようで、好きかも。
同監督「キムチを売る女」は凄く良かったなぁ...!

スウィート・ヘル(2017年製作の映画)

3.2

内容と雰囲気を引っ張って行こうとする音楽、あたかも恐怖映画のようで良かったです。が、ちょっとストーリーが一本調子だったかな。
イモプーがこんな役どころというのはとても悲しい...けど観れて嬉しい...