Kahoさんの映画レビュー・感想・評価

Kaho

Kaho

映画(86)
ドラマ(0)

冬時間のパリ(2018年製作の映画)

3.0

「やさしい人」につづき、ヴァンサン・マケーニュの身体的なみすぼらしさやクズ感が癖になる。

NO SMOKING(2019年製作の映画)

4.2

細野さんがとにかくチャーミングで愛くるしい。ユーモアに溢れた元気すぎる72歳。

久しぶりに良いドキュメンタリーみたな、と。

ユジク阿佐ヶ谷で鑑賞

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より(2016年製作の映画)

2.5

過去や死者と向き合うための宗教、信仰心と捉えれば、宗教色がある映画が苦手な人でも見やすいかも。

「なぜ神はこの世の悪を許すのか?」というのが懐疑的な人間からすれば大きな疑問で、映画の中でも問われてい
>>続きを読む

恋と嘘(2017年製作の映画)

2.5

北村匠海のことが好きになるだけの映画。

内容はともあれ、ボロ泣き。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

「日本ってこんな感じでしょ?」っていう欧米の先入観が随所に感じられて面白い。時代設定も20年後の日本なのに、アタリくんは下駄を履いてたり、テレビとそれを見ている家族形態、父権主義なところは戦前もしくは>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.3

北イタリアの夏の風景と絶妙な音楽、官能な雰囲気もほんとに美しいです。
ひと夏の恋っていう主題の映画は幾つもあるけれど、これはもはや神秘的な領域に入っていました。
思い出してはその切なさや美しさを噛み締
>>続きを読む

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

4.0

授業で紹介されたから早速みてみた。

東ドイツの社会主義と西ドイツの資本主義時代、そしてベルリンの壁崩壊という歴史的転機が描かれてるんだけど、一応くすっと笑えるコメディー調になってて、手っ取り早くドイ
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.5

宗教色強すぎ。これは確かに日本公開できないね。

>|