SABOさんの映画レビュー・感想・評価

SABO

SABO

  • List view
  • Grid view

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.9

テンポよく、ミュージカル調はやっぱり良い
よくある、わかりやすい展開だったけど
最後にグッときた
ifもしっかり観れたのが新鮮で
良い感じに余韻を和らげ、プラスに感じれた

愚行録(2017年製作の映画)

3.0

そういう気分だったのかもしれないけど
何も感じなかった
満島ひかりの安定感に○

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.9

いつものゆる〜い中で
節々を強く優しく突いてくる展開
ダレずに見れてしまうのが不思議
荻上監督の終わり方がいつも好きだ
役者陣に乾杯

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.9

やっぱ、ユアンマクレガーはレントンで
ロバートカーライルはベグビーだし
シックボーイのハゲっぷり!
スパッドーー!!!

以前ほどの疾走感やゴミクズ感はないけど、みんな歳食ったし
それでも、全力で走る
>>続きを読む

シチズンフォー スノーデンの暴露(2014年製作の映画)

3.3

世の中、そうなるでしょう
という日本でまだ本格化しない現実
日本で、こんな事をできる人はいるのか?
AIとか、今後はどうなるんだろう?
とか、思う

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.3

変わらない安定感のティムバートン
物語は、少し追いつけなかった感はあったけど
まぁ、いいやぁ
エヴァグリーンは、綺麗だなぁ

新宿スワンII(2016年製作の映画)

1.5

原作が好きな点もあるが
展開など見るのが辛い
途中で早送り

アサシン クリード(2016年製作の映画)

3.5

ゲームを知らなかったったので
何も先入観なしで観れたのでよかった
結局、アレは何だったのか?
展開が早いし、疾走感もあり過ぎた感はあったけど
なんとか付いていけたし
未公開シーンは、入れて欲しかった

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.5

コングは器用だなぁと思ってたら
監督の副音声で、なるほどねと思った

日本のと闘っていくのは見てみたいけど
海外の映画になっていってしまうのは、なんだか寂しい

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.5

期待し過ぎてしまった感はあるが、このパターン、少し見過ぎたから、色々と予想通り
何故あんなに参列者がいたのだろう?
など色々疑問はあったけど
偏屈で優しいじいちゃんの話は、やっぱ嫌いじゃない

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.2

どうなるんだろう?
と魅入ってしまったが
結局、ん?で何?ホラー?
てな感想

君の名は。(2016年製作の映画)

3.9

気持ちの良い疾走感

吉野の高山カップラーメン食べたけど
これ、いらないな

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(2016年製作の映画)

3.5

テレビシリーズを観てたので楽しめた
演出と現代版が売りなシリーズだと思うので、現代要素が抜けると、少し物足りなさが
でも、シリーズを知ってるから面白い、けど。。。
まぁ、知らない人はあまり観ないか

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.3

最初、何が起きたのか自分じゃわからなかった
普段と景色が変わる、居場所を探す
自分を変えるって結構しんどい
でも、自分次第
気づけば周りも変わってくる
そんな、学生時代を思い出した
苦いけど、今じゃ良
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

題名の想いがスッと入ってきて
グッと芯にきて
スカッと熱く消化した
フィクションではない日本映画で、がっつり家族愛を感じたのが久しぶり
イベント盛りだくさん過ぎだけど
役者みんなちゃんと物語の中にいた
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.6

テンポよく、飽きずに観れた
家族の話
続編を作るなら見て観たい
原題でも、いい気がするけどな

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.5

カンバーバッチ、渋い!
世界観は、ぶっ飛び過ぎてて、もうどうでもよい

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.0

リアルなら本当に警察はクズだと思った
瀧もうちょい活躍させないと

お盆の弟(2015年製作の映画)

3.0

中年の話
だんだんわかる歳になってきたので、染みるなぁ

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

3.7

シリーズ3にして、金をかけ始めた感が出始めたけど
変わらずに面白い
カールの変貌っぷりに付いていけない感はあったけど
そもそも、感情移入して観る映画ではないので、まぁいいか
一貫して、自己防衛とは言え
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.8

常に暗い北欧の空
シリーズ2でも変わらないダークな疾走感
過去、現在と行ったり来たりしても、魅入ってしまえば、しっかり付いていける
キャラがそれぞれ濃い
エンドロール前の終わり方が好きだった

特捜部Q 檻の中の女(2013年製作の映画)

3.8

ミレニアムのスタッフという点で気になっていたけど
予想通りの面白さだった
無骨でダークなサスペンス
善悪とは、一方だけではわからないこともある

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.9

西川監督の静かで強い感情を感じれる風情が好きだ
ピストル、子役のストレートな頑張り
本木雅弘の縦に猛烈に揺さぶる演技力
退屈かもしれないと思ってたけど
良い方に裏切られた

怒り(2016年製作の映画)

3.9

役者の演技が熱すぎる
3つばらばらの世界なのに
しっかり引き込まれていた
李監督すごい

お父さんと伊藤さん(2015年製作の映画)

3.8

優しい映画
表現過剰なトコはあるけど
まいっかと思った
このいい具合の配役
上野樹里って、やっぱ演技うまいなぁ

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

評判通りに面白い
小さな頃に観たゴジラを思い出した
これにキングギドラが出てくるのを観たい!

と思ったけど、さすがに政府には対応できないか

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.8

今までのシリーズと違う印象を受け
それが、とても良かった
観なくてはいけないストーリー

>|