r1aceさんの映画レビュー・感想・評価

r1ace

r1ace

台湾と日本を往復する日々。
なので、映画館で見る機会が減ってるのが悩みの種。
いちおー元某レンタル店店長、
今までに観た映画は2000本ほど、
評判が良ければどんな映画でも観まっせ。

フォローはお気軽にどーぞ\(°∀° )/

映画(1362)
ドラマ(0)

blank13(2017年製作の映画)

3.3

台湾にて鑑賞。
…こんな地味な映画も上映してるのは有難い。

葬式で様々な人間から語られる
父の空白の13年が面白い。

でもその優しさを、温かさを、
どうして最も身近な家族に
表現できなかったのかな
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.8

台湾にて鑑賞。
英語も中国語字幕も
よく分からんかったけど楽しめた。

アクションの凄まじさは前作以上、
見事な「怪獣映画」を見せてもらいました。
男が喜ぶ戦いの魅せ方を
監督は理解してますわ。
ポー
>>続きを読む

ガチ☆ボーイ(2007年製作の映画)

3.8

あー、この映画って
「ちはやふる」の監督さんだったのね。
と思い出しながらレビュー。

展開が熱く、泣ける映画。
ネタバレになるからあまり書けないけどさ。
学生プロレス、というマイナーな題材で
きっち
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.3

個人的に「下の句」がフツーなデキだったので
不安半分で見たのですが。
…期待以上の内容でした。
ドラマ部分と試合部分、そして笑い。
そこら辺のバランスが見事。
試合中に難解なルールも
分かりやすくサク
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

3.3

前作よりドラマとしては面白く無いけど
音楽シーンの良さと
バカバカしいトークと
毒舌実況二人組は健在。
上記、三点とアナ・ケンドリックが居れば、
このシリーズはそれでOKなのだ。

銀魂(2017年製作の映画)

3.6

いやいや、噂には聞いてたけど
色んな方面にいい意味で攻めてるなーこの映画。
かなり笑わせてもらいました。
ギャグの元ネタが分かる人しか
楽しめないのが難ですがね。

キャストも豪華だし、
皆、生き生き
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.6

相変わらずの安定感。
ミニオンの登場は少なめだけど
結束力と謎の科学力は健在、
笑わせてもらいました。

シリーズが進むにつれ、
魅力的な登場人物が
増えてていってて楽しい。
今回の双子もまた次回に繋
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

出だしから物凄く重苦しい内容。
なのにこの後味の良さ。なんだこれ。

後悔、復讐、憤怒…等々、
マイナス感情で心が荒みきってたお母様が
最後にほんのちょっとだけ見せた
表情は素晴らしかった。
その直前
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

抜群の安定感と言いますか。

物語の起承転結がきっちりしてて、
かつキャラも魅力的。
…女性陣がえっらい強いわな(笑)
ワカンダというありえない国家を
ありえるもの、と思わせる表現力も
説得力もあるし
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

2.7

特筆すべき点はちょこちょこある。
主演の3人、特に中川大志は表情豊かで
今後も活躍するやろなーって思う
爽やかかつ明るい良い演技だったし、
ジャズシーンも見事だったし。
大音量で聞くジャズは最高ですわ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.2

登場人物は少人数で分かり易く
コンパクトにまとめてるのがよろし。
脱出劇にはハラハラさせられたし、
終いも余韻が残る良いラスト。
デル・トロ監督らしい細部の拘りも感じられたし
音楽も微睡みながら聴きた
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.5

新三部作を見事完結させたなー、
というのが第一印象。
アクションは大人しめで
ヒューマンドラマ的な雰囲気…
猿なんだけどね(笑)

でもタイトルで「聖戦紀」の冠してる
んだから
もう少し戦闘があっても
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.3

最大の見所は中盤の長回し(っぽい)アクション。
本能にノンストップで、カット無しで物語が進む。
この部分を観るだけで価値はありかと。
セロン姐さんの根性溢れる戦いっぷりもよろしっ。

内容自体は、まぁ
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.8

悪い意味で、何かしら変な人間しか登場しない映画。
ほんと、色んな意味で見ていて不快。
自宅に両親や兄弟がいる方は要注意、
間違いなく「ナニを見てるんだ…。」
的な目で見られると思われ。

でもドラマと
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

前作と変わらずはっちゃけてますわ、
なんでしょうねー、このノリと勢いは。
このぐらいの「やりすぎっ!」感、
邦画もハリウッドも見習うべきかと。
…それを差し引いても、
「ヤシの木で突入シーン」はやり過
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.2

2をまだ見てないので暫定。

とりあえず今の時点でも最高っ!
良くも悪くも、ごった煮な映画やわな、
冒険、恋愛、ファンタジー、そして無双バトル!
インド映画特有の音楽タイムももちろんあるよっ!
いやー
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.2

なるほど、テロ事件を防いだ3人をそのまま
主演として使ってるのね、この映画。

…でもそれが映画としての面白さに直結してるのか、
と言われたら微妙。
別にこの映画に娯楽的要素を
求めてはいないけどさ、
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

このシリーズにそれほど思い入れは無いけど、
それでも意外と楽しめた。
クルーがどうにもおバカさんなのはお約束、
その死にざまもお約束通りで満足。
まぁ、特に驚きは無いですけど。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

1.6

この映画のどこを評価したらいいのか、悩む。

ホラー映画なのに怖くない、
面白くもない、テンポも悪い、
設定もガバガバ。
あの手この手で驚かせよう、
怖がらせようとはするも
どれもこれも全てが小手先。
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

2.8

序盤から中盤の雰囲気はよろし、
いい意味で黒沢監督の不気味な感じで。
でも、気がつけばその空気も薄れ
終わってみたら
「世にも奇妙な物語」的な風呂敷の畳み方。
期待しすぎたのかなー。

結局は愛ですか
>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

2.8

スケールは前作より大きくなったけど
映画としてはちょいとがっかり。
パージ廃止を目指す大統領候補を守る、という展開は好きだけど
この人がちょいとおバカなのがなんとも。
護る方の身にもなれよと(笑)
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.8

この映画の主役である美紗子を
「ただの殺人鬼、情状酌量の余地無し」
という感想を出すのは簡単。
だけど、よくよく考えてみると。

彼女は自ら望んで「普通じゃない」人間に
生まれたわけではないのだ。
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.5

激務やし悪いニュースばかりで
いつまで働けるのかなーと思う毎日やけど、
そこに「気になる子」がいるだけで
ちょこっと毎日が楽しくなる、
わかるよーその気持ちっ\(°∀° )/

「死ぬまでは生きるよ」
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.3

予想通りの映画。
事実を伝えるという意味ではいいんだけど。
確かに、地雷除去の緊張感は凄まじい。
軍曹殿の葛藤もよろしい、
ラストはあっさりしすぎだけど。

ただ死亡フラグ出しまくりの
演出は勘弁して
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.3

パニック映画としてのデキは悪くない。
テンポはいいし、アクションも小気味良し。
でも、4DXで見る価値あったかなーと言われたら微妙。
なんだろう…悪天候でやられる方々のほとんどが
重要な人物ではなくモ
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

2.7

期待しすぎたかなー、
というのが正直な感想。
バトルはカッコいいんだが驚きはなく、
仲間の方々も特に見せ場もなく。
終盤はありがちサイキック。

ドラマ部分も
「世界の混沌の原因はほとんどイギリス」
>>続きを読む

花とアリス(2004年製作の映画)

4.2

「リリィシュシュ」の次がこれである。
岩井俊二の引き出しの広さに
当時ビックリしたわーまさに闇と光。

鈴木杏(ハナ)のぶっ飛びぶりと
蒼井優(アリス)のヤル気なさを楽しむ映画。
この緩さがいい温度で
>>続きを読む

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

4.2

はるか昔、レンタルで観て、
その後DVDを買うも1度も見てない。
…そういう映画ですわ。
見るエネルギーが湧かない、
鬱成分に毒されそうで(なぜ買った(笑))

10代特有の闇、重苦しさが凄まじい。
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.3

前半のダラダラ感が痛い、
中盤から所々、ツボに入る要素はあったもの
映画として見たらイマイチ、
なんかテンポが悪い。

笑いのセンスは確かにある。
「戦闘を何事もなかったようにスルー」
「こっちくんな
>>続きを読む

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

3.3

序盤、モギ君のメンタルの弱さに
「軟弱者っ!」と頬をはたきたくなった!
なんやねんこの男はー
はっきりせんし、ウジウジグダグダしおって!!

んで中盤以降は可もなく不可もなく
フツーに国籍を超えた恋愛
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.7

不覚にも涙。久々の大傑作。
俺の記憶が確かなら、
涙腺崩壊したのは「八日目の蝉」以来
7年ぶり4回目である(どうでもええw)

不潔、下品、卑屈、粘着、
クチャラー、デリカシー無し、ストーカー。
人と
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.4

日本でも生活保護支給に関して
よくゴダゴダがありますけど。
何処の国でも同じような貧困問題はあるわけで。
まっとうに働いた方には、
ちゃんとした報いがある、
そんな世の中であって欲しいものです。
…そ
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.6

ひたすら一人称視点で
激しいアクションが展開されます。
そんな訳で半端なく酔うっ!
趣味、映画鑑賞を20年ほどしてますが
ナンバーワンの揺れっぷりでした。
本当にゲーム…FPSをプレイしてる人を
後ろ
>>続きを読む

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.2

お子さまのちょいとした
焼きもちと恋心が招く悲劇。
誰もが多かれ少なかれ、
子供の頃は嘘をついたと思うが、
これは洒落にならん。
子供が一番恐ろしいってのは、
こういう事を言うのかも。

そして後味が
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

終盤、観てる誰もが
「いやいや、まさかそんなラストにしないわな、
そんな…誰もが思い付くような安易で
悪趣味な終わらせ方、まさかまさか…」

それをホンマにやりやがったわー!

的な映画ですね、これ(
>>続きを読む

>|