ぬさんの映画レビュー・感想・評価

ぬ

映画(79)
ドラマ(0)
アニメ(0)

orange(2015年製作の映画)

3.5

原作閲覧済みで当時見ました。

結局最後の方で泣いた気がする。
山﨑賢人は私の青春を彩ってくれた。

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.0

前作も大好きで泣きました。
今回も、もちろん大好きだし号泣。

何度生まれ変わっても
会いたい、守りたいなんて
この世にある最上級の愛だと思う。

愛に犬とか人間とか関係ない。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

多分一生分泣いた。
動物+感動系は泣くの分かってるけど想像以上。

なんとなく評価がいいから観ただけなのに
わんちゃんの愛の深さに涙止まらなかった。

何度生まれ変わっても
どういう生き方をしてても
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.5

君の名は。以来の新海誠監督作品です。

個人の意見としては好きでした。
途中までどう終わりに向かうのか分からないし
鈴芽には共感できなくて退屈だったけど
最後の方は少し泣きました。

地震や災害(3.
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ泣いた。

テーマとかオーヴェの人生は
結構ダークな感じ、スウェーデン映画だからかな?

仕事に妻、全てを失って
自暴自棄になって死を考えたわけじゃなくて
奥さんに対する純粋な愛が故に
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.3

青春、障がい、音楽、家族
全ての要素のバランスが良すぎた。

家族のルビーに対する依存は
きっと本人は苦しかったと思うけれど
最後は自分の人生を歩むルビーの強さに泣いた。


歌いながら手話をして伝え
>>続きを読む

ハウ(2022年製作の映画)

2.7

僕のワンダフルライフみたいなものを
想像していたので、色々な意味で違いました。

犬と飼い主のお話かと思いきや
“ハウ”という犬が行方不明になってから
元の街に戻るまでに出会う人々のお話。

この人々
>>続きを読む

耳をすませば(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

思ったより中学生のシーンが多めです

アニメーション映画の方の内容が
あやふやだった私にはありがたかったけど
10年後の話が少し薄く感じたかな

でも私は泣いちゃうくらい
心にくるものはありました
>>続きを読む

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

3.5

当時はキュンキュンしてたけど
多分今見たら微妙かなと思う

最後はそっちかぁ〜ってなる
でもハッピーエンドなのかな?

永野芽郁ちゃん良い

3D彼女 リアルガール(2018年製作の映画)

2.5

原作を途中まで観てました

前半はすごくいいのに
途中のハロウィンのシーンと
最後が納得いかない

中条あやみ可愛いし
最初の方はすごく良いのに
本当に途中からもったいなすぎる

私はこのラスト全然腑
>>続きを読む

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.1

もし自分の子どもが
同じような状況になったとき
自分がどうするかは想像もつかないけれど
この映画の母親に対する感情は
“嫌悪”が大きかった

それでも親と姉を純粋に
愛し続けるのはすごく儚くて
逆に辛
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.8

ハッピーエンド最高!

普通の人でも難しい仕事を
ハンデを背負いながらこなすのは
見ているこちらがハラハラしてしまいます

途中、少し道が逸れるときは
おいおい、ってなるけど
笑いありで良い塩梅の映画
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.0

エディの演技が本当に凄すぎる

ストーリー的には
共感しがたい部分もあるけれど

愛や幸せについて
思わず考えちゃうような作品でした

正直もやもやもあるので
エディの演技に対する評価みたいな部分大き
>>続きを読む

君と100回目の恋(2017年製作の映画)

4.0

王道だと言われれば王道

だけどやっぱり私は
この手の話に弱いしとても好き

結局運命は変えられない
だから大切な人との時間を大切にする

すごく胸が苦しくて切なくて
観るたびに同じところで泣く

>>続きを読む

バッドガイズ(2022年製作の映画)

4.6

めちゃくちゃ面白い!!

皆さん吹き替えも上手だし、
最後まで飽きることなく
ワクワクしてみられました

たまにはこういうのも
良いなぁと思いました

君を愛したひとりの僕へ(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

僕愛→君愛で観ました

切ない話が好きなら
君愛観るだけでも良いかなと
思ってしまいました

好きな人の幸せを願うなら
出会わないことが絶対条件になる
のがすごく苦しいのに
僕愛でそれとなく説明される
>>続きを読む

僕が愛したすべての君へ(2022年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

切ない話が好きなので僕愛から観ました

伏線は張られてるけど展開と作画が微妙
時系列と世界線でこちらを混乱させる割には
映画の醍醐味である伏線とかは
全部作品中で解説される感じがして物足りない
2作に
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.5

原作ファンだったので
映画を見るかは悩んだのですが
結果すごく良かった。

小説に比べると
端折られてる部分も多くて
(これは小説→映画だと仕方ない)
そこには少し物足りなさは感じるけど
これはこれで
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.3

結論は好きってなるけど話が重すぎる。

いじめとか差別とか
そういうものを体験せずに
生きてきた私には胸糞だった。

だけど、ひとつの作品としては
すごく好きだった。
ある意味みんな人間臭くて。

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.0

全体を通して結構好き。

ラストの千昭が好きすぎて
あそこ目当てに観るくらい。

個人的にはタイムリープ系の元祖

夏へのトンネル、さよならの出口(2022年製作の映画)

2.3

映像はすごく綺麗だけど
面白いとは思わなかった。

終わりもただ時間を無駄にしただけで
ツッコミどころが多すぎる。

鈴鹿くんもどこか
棒読みでそこがずっと気になった。

“10秒のキス、外の世界では
>>続きを読む

余命10年(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映像のカットや色合いが自然で
映画という作品よりも第三者として
一人の人生を見ている気分だった。

もちろん苦しくなって泣いたけど
まったく共感できない部分もあった。
プロポーズしてさよならはさすがに
>>続きを読む

ひらいて(2021年製作の映画)

3.8

キャスティングが絶妙が好き。
特に山田杏奈ちゃんと目が魅力的で引き込まれてしまった。

高校生の恋愛なのに
みんなどこか歪んでて自分本位。
自分の欲しいものを手にするために
手段を選ばない主人公にどん
>>続きを読む

九月の恋と出会うまで(2019年製作の映画)

3.0

少し難しくて
タイムパラドックス系では珍しい展開。

ハッピーエンドなんだろうけど
私的には「あ、そうなるの」ってなった。

嫌いではない。

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.5

内容は本当に王道。
だけどキャスティングが最高。

もう一度観たいとは思わないけど
観て後悔はなかった。

グリーンマイル(1999年製作の映画)

-

小さい頃に観て
感動とかよりも恐怖が勝った記憶。

今観るとなにか違うかもしれない。
またいつか観たい。

TANG タング(2022年製作の映画)

4.0

王道だけど私は少しウルっとなりました。

すごく大きな感動があるわけではないけど
心が温まって満たされる映画です。

たまにはこういう映画もいいな。

エンドロールもその後の写真が
アルバムのように流
>>続きを読む

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

4.0

苦しいしキュンとなるし泣けます。

王道ではあるかもしれないけれど
私はやっぱりこういう話が好き。

横浜流星の声のトーンがすごく良かった。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

人種差別に関するテーマだけど
そこにフォーカスを当てすぎていないから
すごく観やすかった。

ここがいい!ってなる感じではないけど
観た後の心の満たされ具合はすごい。

おすすめしたくなる映画です。

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

-

タイムリープ×ラブストーリー
すごく大好きなジャンルだけれど
思ってた展開とは違ったし
タイムリープ?とはなった。

タイムリープというテーマにしては
結構あっさりしてて
良く言えばさっくり観れるけれ
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

女性にとっての幸せは
永遠の美しさよりも
好きな人と同じ時を過ごし
同じように歳を重ねること。

不老不死という点を抜きにしたら
普通に純愛です。

色々ん〜となる点はあるけれど
私はすごく好きです。

テラビシアにかける橋(2007年製作の映画)

3.8

小学生くらいの時に観たけどいまだに記憶に残ってる。

ラストは衝撃で泣いたけど、子どもならではの秘密基地とか、それを一緒に楽しめる友達とか良いなぁと思う。

個人的お気に入り映画

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.5

途中カナシミにイライラすることあったけど
なんか不思議とすっと入る映画だった。

私の頭の中はどうなってるんだろ。

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

3.8

私は泣いたけど、もし泣けなくても
普通に感動するほっこり映画だと思う。

>|