松井最終形態資源飛行さんの映画レビュー・感想・評価

松井最終形態資源飛行

松井最終形態資源飛行

終了

映画(500)
ドラマ(46)

ザ・シンガー(1979年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

K・ラッセル演じるエルヴィスがすごい。
誰もが知っている人物の、誰も知り得ない面に踏み込んでなりきっている。
作り手のイマジーネーションが利いているところ実録というよりも伝記の映画。
実像としては疑わ
>>続きを読む

ウェルカム トゥ コリンウッド(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

トホホ面白かった。
儲け話に乗ってきた小悪党たちのままならないアンサンブルが妙におかしい。
こんな連中なら失敗しそうなもん。
その上手くいかなさを見せてゆく話法が非常に上手くて、まるで落語のよう。
>>続きを読む

ポルターガイスト(1982年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

再見。
近年の「死霊館」シリーズに揺さぶられた後に見ると、だいぶ大人しい映画だ。
10代の初見時ほどゾクゾクはしなかったけれど、やはり面白かった。
最後の駄目押しに久しぶりに興奮。

驚かせ技がほとん
>>続きを読む

悪魔のいけにえ2(1986年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

30年前に見たときは、ぶっ飛んで、夏休みの間中「最高だ傑作だ」と一人浮かれていた。
果たして本当にそうだったのか?
見返しての感想...うん、間違いない。

封建社会一族への仇討ちに一人立ち上がる侍と
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

鮮やかに残酷が突き刺さってくるオリジナル版から、暗い不吉が徐々に浸透してくるものに反転したもう一本のオリジナル『サスペリア』という感じ。
いやー、もう何ペリアなんだか分からんけど、とにかくすげえな、こ
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

主演の童顔ギリギリで修学旅行的な方向に持ってきた二作目。
うーん青春。ときめかせてくれる。
「エンドゲーム」の直後で密接に繋がっているのに喪失の悲壮は殆ど無い。
すごく楽しかった。

これまでの何でも
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

20数年ぶりの再見。今まで見た映画でも指折りのおっかなさ。
「いい大人になったし耐性もついただろう」と思ってたのに震え上がった。
ベタな「ギャー!」の連続にこれほど神経をかき乱される映画も珍しい。
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい物語。偉大なるフランスの至宝。
虐げられる人々や、蜂起する学生たちの歌に、現世の状況が思い起こされ、心が熱くなる。
ものすごく良い映画だ。
しかし俺は気高く優良なミュージカル映画が苦手なのだ
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

遠距離モンスター二人羽織りを描く、とても変な映画。すごく面白かった。

なぜそうなったのか科学的な理屈が分からないが、崩れた女と男のいたたまれない理屈の方はよく分かって苦笑する。

後半のサイコスリラ
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

愛の喪失と再生。
切ない戦いを経て到達する最後がとても美しかった。素晴らしいね。

見せ場がコンパクトながら、凝縮されて詰まっている感じが面白かった。
ホテル前に地下鉄持ってきたり。
ミュータント囚人
>>続きを読む

ロストパラダイス・イン・トーキョー(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ロストパラダイス。確かに。
奇縁の同居人たちの「アイランド」(not島)というロマンに引き寄せられて、すっかり感情移入して見てしまった。
始終、いたたまれない展開だったから、最後のほっこりで本当に救わ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

たぎる主演のかけている覚悟が桁違い。シリーズ中で断トツの活劇魂。
唖然の馬鹿すごさ...いやー面白い。

陸路などで向かえば良いものを、超高度から落下するなんて、脳もフォールアウトしてるぜ。
見映えが
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

前作の方が好きだけれど、今作もとても面白かった。
謎の女の準主役としての活躍によって主演一辺倒の「どーですかアクション」から辛うじて脱している。

この設定で「ラブ」を持ってこないのは二作目の暴走とは
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

転生わんわんクロニクル。
亡くなった愛犬を想い出さずにはいられなかった。
微笑ましい状況ばかりではなく、心苦しく厳しい場面も通るけれど、犬は何時でも純心で...そうなんだよな。
どうしようもなく「ウっ
>>続きを読む

ロシアン・ルーレット(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

非情遊戯映画『13/ザメッティ』の監督自身によるリメイク。
ほぼ同じ話だけれど、主人公以外の登場人物たちのエピソードもあり、オリジナルより多角的に描かれている。
最後の展開と幕切れも一ひねりされていて
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。
主演の木梨憲武が見事で、この映画の魅力の半分ぐらいはキャスティングの妙だと思う。

それなりにスケールが大きいけれどクライマックスまでは「幸福ではない日常」という小さいところから新宿に向か
>>続きを読む

>|