RISAさんの映画レビュー・感想・評価

RISA

RISA

最近はショートショートばかり観ています。

映画(711)
ドラマ(17)

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.6

真実が二転三転、先が読めたと思ったらその上を行く展開、素直に面白かった!

5つ数えれば君の夢(2014年製作の映画)

4.1

アイドル映画かと思ったら、ストーリーは哲学的だし、東京女子流の5人の演技も自然だし、気がついたら夢中で観てた。

りこのダンスシーンと「水も滴るいい女」のシーンが最高!

渡辺佑太朗くんが嫌な男の役だ
>>続きを読む

みなさん、さようなら(2012年製作の映画)

3.6

「団地の中で生きる」物語だという浅い知識だけで観て、勝手にコメディだと思っていたけど、がっつりヒューマンドラマでした。
人一人の人生を狂わせるものには、人間関係や他の人にとってはささいな出来事、十人十
>>続きを読む

麦子さんと(2013年製作の映画)

4.1

自分でも他人でも、誰か一人の視点や想いだけではなく、たくさんの人たちの視点や想いがあってこそ"その人"を理解することができるんだと気付かせてくれた映画。

知らない土地に移り住んで、いろんな人に会って
>>続きを読む

鬼談百景(2015年製作の映画)

3.3

テイストの違うホラーのオムニバスで、おもしろかった!

青鬼 ver.2.0(2015年製作の映画)

2.8

前回のものより、ストーリーが分かりやすくなっててよかった。
平祐奈ちゃんの可愛さと、中川大志くんのクールさが素敵。

ジョーカーゲーム 脱出(エスケープ)(2013年製作の映画)

3.6

松野莉奈ちゃんが出てるとは知らずに見たけど、この子本当に美しい女の子。
ストーリーは人狼ゲームっぽい要素もあって、前作より断然こっちが好き。

しかし、女しかいない戦場は怖いな…

うそつきパラドクス(2013年製作の映画)

2.1

八日堂とか栖佑とか、名前にインパクトがありすぎて、そのたびにスーパーを思い出した。
そのためか、「うそつきパラドクス」というタイトルもストーリーの流れもよかったけど、細かいところを見過ごしてしまった感
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.4

器用に生きれないことは大変だけど、だからこそ面白いと思わせてくれる映画。
自分の短所しかわからなくなったときにまた観たい。

砂上の法廷(2015年製作の映画)

3.5

想定外の結末。これが"裁判"というものの本質…?見応えがあった🤭

復讐したい(2016年製作の映画)

2.0

復讐は連鎖する………
あ、小林豊出ててビックリした!

太陽の坐る場所(2014年製作の映画)

4.1

この映画を観て、現実世界でもこの子たちと同じようにみんながそれぞれの哲学に従って生きてるんだ、って思えた。

どんなやり方で自分を守るのか、どんなやり方で相手と戦うのか、自分を傷つけるのか、戦うべき相
>>続きを読む

復讐鬼 マイ・ジャスティス(2010年製作の映画)

2.0

色んなことが唐突で理解できず、何回も巻き戻して見た。
覚悟はしてたけど、復讐ということもあって見てるこっちまで痛かった〜あと、オチについていけなかった…

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

4.1

面白可笑しくて、何度も笑った!
ただのコメディじゃなくて、いろんなことを考えさせられたし、信長が本当にこんな人だったらいいなと思わずにはいられなかった。

キャストもみんなはまり役◎

パズル(2013年製作の映画)

3.3

狂いに狂いまくってた、想定外。
サイコパスと復讐の化学反応?言葉で理解するというよりも、感じる映画。

エンドロールの夏帆ちゃん、最高。

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

とにかくアニメーションが美しい。動物たちの特徴を生かした職務が可愛くて笑った。月並みだけど、あったかい映画。

ローリング(2015年製作の映画)

4.1

今まで、こんな映画見たことない。
地方出身者だからなんとなくわかる、地元に残った人たちの空気感とか、どうにも拭えないドス黒さみたいなものが映ってた。東京を知る女の子とは、ちょっと、いや、だいぶ中身が違
>>続きを読む

ミッシング(原題)(2015年製作の映画)

2.7

私の知らない世界。もちろん、文化の違いとかもあると思うけど、日本でも同じようなことが起こっているんだろうな、と思うと、やるせない。

ホーム・スイム・ホーム(2016年製作の映画)

4.5

ピュアな人たちが集まったら、意味がなさそうなことにも深い面白みが出るみたい。ラストシーンは「ついに!」と思ったのに、まさかそんな〜〜〜。

ここの人たちが生活する街は、とても住みやすそう。

サイレンス(2016年製作の映画)

3.4

もしも私がこの場にいたら、「つらいね」とすら声をかけられない。それもつらい。言葉がわかってもわからなくても、つらい。

アグネス(2014年製作の映画)

4.7

こんなお兄ちゃんが欲しかった!!!こんな妹が欲しかった!!!
ラブストーリーに見えてしまうのが不思議。アグネス、かわいい。

結末(2015年製作の映画)

1.9

逆時系列から見せていくのはワクワクしたけど、結末が想定を超えすぎて、ぽかーんとしてしまった。

>|