喉が痛いさんの映画レビュー・感想・評価

喉が痛い

喉が痛い

真面目に観て不真面目に評価。
「何言ってんだお前」と思うならきっとそれはおっぱいです。

映画(1427)
ドラマ(20)

木枯し紋次郎 関わりござんせん(1972年製作の映画)

3.8

く、暗い。前回どんな話だったか全然覚えてねぇでござんすが、今回は生き別れになった姉と再会。なんだかんだで全員殺すってのはたぶん前と同じ。幼い頃命を助けて貰った姉とその後女郎屋に売られ心が荒んだ今の姉に>>続きを読む

コンプライアンス 服従の心理(2012年製作の映画)

4.0

おいおい嘘だろ。んな事があるのか。いやだって裸エプロンだぜ?後半お尻ペチンペチンだぜ?裸エプロンは大目に見てもスパンキングはマジでよく分からなかったな。最初胸糞だったけどその辺から笑っちゃたもんな。そ>>続きを読む

水戸黄門 助さん格さん大暴れ(1961年製作の映画)

4.0

「この紋所が目に入らぬか」でお馴染みの水戸黄門の前日譚といいましょうか。
松方&北大路コンビが大暴れしてるらしいというタイトルなので観ましたが、まさかまさかの禁じ手のオチに「おいっ!」となりましたが、
>>続きを読む

着ながし奉行(1981年製作の映画)

4.2

時代劇コミック「斬」の付録DVDに付いてると知った私はその日の夜TSUTAYAに走った。なかった。
「マジでTSUTAYAはなんもねーな!カスがぁ!二度とくるかぁ!やっぱり来週きまーす」と捨て台詞を吐
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

全員素晴らしい。
樹木希林の圧倒的存在感。安藤サクラの圧倒的母性。リリーフランキーの圧倒的邦衛感。松岡茉優の圧倒的おっぱい。池松壮亮への圧倒的嫉妬。
一人だけ最低なババァがいましたよ。そう、後ろの席の
>>続きを読む

修羅(1971年製作の映画)

4.2

『盟三五大切』という歌舞伎が元だそうで作者は鶴屋南北。
最近、枝雀さんの落語を聞き直してたので思ったんだけどお金の流れだけみると『持参金』も似たようなお話だったような。関係ないか。
これキッカケで『阿
>>続きを読む

ガキ帝国(1981年製作の映画)

4.0

終わり方がなんか超素敵だった。

夢路いとし師匠!!こんな所でお逢いできるなんて!思いっきり紳助さんにビンタかましてましたね。流石っす。

これキッカケで知ったんですが井筒監督のお蔵入り作品『ガキ帝国
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

-

ボーっと見てたら途中でなんだコレってなるよね。そこでちょっとあーこれは考えながら見なきゃついてけないぞ、ていうのは気がついた。宗教の匂いはプンプンするけど、、、まあこういうの解読でけた事ねぇわ。うーむ>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.5

数日経ってすっごいジワジワきてる。もう一度見といたら良かったな。いや買うな、これ。

グリズリーマン(2005年製作の映画)

-

この映画の存在を知らなかったので割とガチでバットマンとかスパイダーマンとかB級アメコミのヒーローモノかと軽い気持ちで、超強そ〜なんて見たら、いや食べられてる〜というドキュメンタリーでしたのよ。
彼は熊
>>続きを読む

M★A★S★H マッシュ(1970年製作の映画)

4.1

こいつらバカでアホな事ばっかしてるけど、それよりバカでアホらしいのは戦争でしょうが!ということでいいんですかね。合ってますかね。
アメフトとかなかなかタイムリーな話題と被ってしまいました。あちらは後ろ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.3

今でもバーフバリの絶叫上映が都会では行われていると聞いた。羨ましい。行きたい。こちとら部屋の片隅一人で絶叫上映じゃい!バーフバリ バーフバリ わー。
何これ、超気持ちいいんですけど。そらブルースリーに
>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

4.3

もう一度スピルバーグ作品を見直す必要がある。俺はスピルバーグの事なんにも分かっちゃいなかったのだな。
今これを観て良かったよ。昔だったら「ふーん」で終わってた。
スピルバーグは有名すぎて「ああ、スピル
>>続きを読む

ヘドローバ(2017年製作の映画)

4.0

出るわ出るわ放送禁止用語、出るわ出るわポコチン、出るわ出るわゲロ。
あれ、映画ってこんなに自由だったっけ。いや自由に撮って良いんだよ。フリーダーム!とメルギブみたいに思ったわけですよ。やりたい事してる
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

この映画を知ったのはBSの松方弘樹親分追悼番組でした。
原作者の柚月裕子さんが「松方さんに出て欲しかった」と言っておられましたが誰もが見たかったよ!誰もがよ!これは異論認めない。

まず映画館で邦画を
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

電車ならではのアイデアが沢山詰まってて特に前半は面白かったです。何がってちょっと思い出せないんですけど観てる時はそう思ってたのでそうだったんでしょうよ。
なにより羨ましいのは鉄道会社の協力です(してる
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.9

エグいねぇこの人。この執念。アメリカンドリーム。ここまでして手に入れたいんだよな。こういう人じゃないとここまで世界的に広がらなかっただろうし。凄いですね。なりたくないもないけど。いや、なれねーわ!はい>>続きを読む

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

4.2

これを観て自分に何が出来るかと考えたんだけどよく分からず。公式サイトで支援も出来るみたいなんですがうーん、英語読めない、みたいな。申し訳ない。一人でも多くの人に観てもらいたいから作られたのは間違いない>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.9

なんて父の日だ!でもありますしなんて乳の日だ!でもありました。M系男子には地獄どころか天国ぢゃないですか!最高ぉ!と途中まではついて行けたんですが“幼少期に虐待された”この設定が判明してからは乗れなく>>続きを読む

ビルとテッドの地獄旅行(1991年製作の映画)

4.2

誰が観てもどう考えても何が起こってもとっても頭の悪い作品だしゲラゲラ笑えるかというとそうでもないと思うけど、ビルとテッドの(死んでも)前向きな思考に勇気を貰い、KISSの良い曲に乗せて見せる最後はこん>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

どうやら監督がトランプが勝ってオチを変更したらしいのですが、結果興行収入的にはいい判断になったのかもしれません。私はこれよりあれになってくれてた方が好きだったかなー。そ、そんなぁ…という絶望感を味わい>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.5

アイツは宇宙からやって来たのか人間が作ったAIが暴走か進化かなんかしてそうなったのかその辺はよく分からなかったけどなんか長谷部に似てた。

上方苦界草紙(1991年製作の映画)

4.0

イタリア・サレルノ国際映画祭グランプリ作品!そんな映画祭知らないけど!色々あるんですなぁ。
タイトルに苦界と付くだけあって憐れな話。伊勢街道の河原で姉妹が三味線を弾き途中で姉がお股を開く。それを男が「
>>続きを読む

蝋人形の館(2005年製作の映画)

3.7

初っ端デフトーンズから始まって普通にテンション上がったし弟だってスリップノットに混じってても気づかない風貌だったりヘヴィミュージック愛を勝手に感じましたしこれは聖飢魔II的な話。そう、蝋人形にしてやろ>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

これ見て思い出したのはThe Chemical Brothersの世界の車窓からみたいなPVのやつ。最初分かんなかったけど気づいた時の衝撃は忘れられないし、そりゃもう凄い奴がいるんだなと思いました。>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

4.3

全く理解できない。なぜそのような行動になるのか。レイプされた女性の“普通”の行動は怯え震え涙を流しシャワーを浴びるもんだ。でもそれは誰が決めたの。その普通って何。人間はもっと複雑だ。今日のニュースを聞>>続きを読む

ゴルゴ13 九竜の首(1977年製作の映画)

3.4

ゴルゴ13はやりようによっては007みたいにシリーズ化されてもいいコンテンツだと思うんだが。
条件は極太眉を持つ日本人。
初代高倉健、二代目千葉真一、三代目、今なら誰だ。。。
いくら考えても加藤諒と井
>>続きを読む

切腹(1962年製作の映画)

4.5

仲代さん当時29歳。どんだけ貫禄あるんだよ。
切る切る詐欺。昔はそんな詐欺があったんですね。あまりにも最近多いんでそれの対策として、じゃあ切りなよお腹。場所貸してあげるよ、と武士に二言はない事を利用し
>>続きを読む

ドライブ・アングリー3D(2010年製作の映画)

3.5

ひっさびさにニコラスおじさん見た気がします。良いのか悪いのかニコラス主役の映画はこんな感じ、は堪能出来ました。

>|