susamishinさんの映画レビュー・感想・評価

susamishin

susamishin

映画(14)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

アクアマン(2018年製作の映画)

2.8

リアル「さかなクン」登場。
一応、立場は半魚人的な感じなんだけど鱗があるわけでもなく(タトゥーはある)魚と人間のハーフではなく人魚と人間のハーフになるわけなので、人部分はクォーターではないのかいな?と
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

2.0

ゾンビ並にたくさんの作品に出るようになったプレデターですが、本筋の作品がどれなのか?もうわかりません。😅
シュワちゃんと闘ったときは、なかなか姿を見せず。登場する頃は既に作品後半戦というのが常だったの
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

1.5

了解。これまでのシリーズものだし、あまり深く考えずに観れば良いのね。
登場人物はすっかり変わっちゃったんだけど、あのノリは変わってなかった。しかし「H」はどう見ても「ソー」にしか見えず困った。(笑)
>>続きを読む

ロボット2.0(2018年製作の映画)

2.8

おじさんロボVer2.0は「1」が凄く好きだったので楽しみでした。
しかし「続編は初回作を超えないルール」がスーパースターにも効果があったようでした、残念。
残念だったポイント。
・スマホロボ誕生まで
>>続きを読む

ホームレス ニューヨークと寝た男(2014年製作の映画)

2.5

作品中では52歳になってますが1959年生まれなのでレキカン過ぎちゃいましたね。現在どうしているのか?心配します。(笑)
(宿無しではなくなったそうですが)
ドキュメンタリー作品なので特にストーリーな
>>続きを読む

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.2

出だしから「ぐいっ」と引き込まれて良かった。
「スタンド使いは引かれ合う」って感じ。
基本、パンデミック関連かもしれない旬な題材ですが、最終的には違う風味?に帰着しました。
あまり期待せずに観たのです
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.4

公開当初、超話題になった作品でしたが邦画の苦手なボクは敬遠。😅
ようやく観ました、邦画では秀作だと思いました。(4Kで鑑賞)
未確認生物登場から「ぐいっ」と引き込まれました。ガキの頃観た「あの感覚」が
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

1.8

1作目が大好きだったので観ました、が、残念。😖
ノリとかイキフンは1作目のままでしたが、何か足りない。
ゾンビとの格闘シーンはエンディングまで殆どないし。
サバイバル的?なシーンも少ない。普通に車が運
>>続きを読む

ゼイリブ(1988年製作の映画)

2.5

主人公はフラッシュ・ゴードンっぽいロン毛のパツキンお兄。
シチュエーションは第9地区っぽい感じ。
いわゆる支配層とWorkerに別れた世界。
そしてM.I.Bのようにいつの間にか宇宙人登場。
謎のアイ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

2.0

まず最初にボクは熱狂的なファンでもマニアでも無いですが「取り敢えず最初から観てます系」のヒトです。何とかストーリーには着いていって(ると思う)もう何十年も観てきましたが。
数年前に新シリーズが始まりま
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

2.0

取り敢えず観なくちゃ的な作品なので全作品観てますけど。
「3」以降の作品を「全て無かったことにする」わけなんですが、「どうやって辻褄を合わせるんだろう?」と思ってたんですが、、そのシーンは冒頭のほぼ1
>>続きを読む

デモリションマン(1993年製作の映画)

3.0

スタローン主演でヒロインがサンドラ・ブロックだったこの作品。
舞台は実は2032年。令和14年になるわけだ。
あと13年で人類は「暴力禁止」な社会になるわけだね。
そういや日本は自分の子供を引っ叩くと
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.7

子供の頃「やればデキるコ」と言われ続け育ったヤツは多いはず。ボクもそのヒトリ。けっきょく何もデキずに終わったけど。😅
この作品の主人公ジャックは違った。「何か」をやってしまう。
それは才能ではなく奇跡
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

【悪の造り方】なかなかの作品。
「バットマンに出てくる悪役」という認識で観るとヒドい目に遭います。💦
これは「誰もに可能性のある」非日常であり。
「本当は心優しい人間が徐々に抜け出せない悪に堕ちていく
>>続きを読む