ススギさんの映画レビュー・感想・評価

ススギ

ススギ

ファンタジー好きです。

映画(52)
ドラマ(0)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

4Dで鑑賞
ダイドーがイケメン。リアルでアクションしてるのはやっぱり迫力あっていい。

サムは痣のある美人なんかじゃなく、歯列矯正中の中学生とかがよかった。恋愛してはいけない人がよかった。NPCとか。
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.8

ムロツヨシが主役ということで観に行った。
ムロツヨシらしい間の作り方ができない声優という役目でも、節々にムロツヨシを突っ込んでいて、ぴったりだった。

宮野真守さんが楽しそうでよかった。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

美しく孤独な女スパイ。ドミニカの根幹は「わたしは特別よ」というプライドと、たった1人の肉親の母。
スパイとしての成長が著しくて痛快。
演者がみな美しい。ウィーンの銀行員までもがかっこいい!
画面は、ス
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.5

エルサが相変わらずこじらせ女子(><)トラウマが根深いです。
しかし魔法のクリエイティビティよ!以前に増して美しく、力を使いこなしていて、エルサが魔法を繰り出すたびわくわくした。

雪だるま作ろう、を
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.7

前の方で見ていた8歳くらいの女の子がしゃくり上げて泣いていた。死ぬとか忘れられるとか家族とか、伝わったのかな。

メキシコの文化や思想を初めて見た。
死者の写真を飾ることで、ご先祖様は死者の日に家族の
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

釜山でのバトル中の音楽が熱い!かっこいい!アガる!!

ワカンダ王国の景観が素晴らしい!近代の建物とアフリカの建物を融合させました!!!というドヤ顔が浮かびます。

マーティンフリーマンの役どころは必
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

劇場版は監督の了解を得て一ヶ所ぼかしを入れている。
そのぼかしのシーン、知らずに見たのでギャグだと思ってしまった。たぶんぼかしがなければキャラクターにとって重要な人物描写だったんだと思う。
分からず笑
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

2.7

テロの計画をしている人間は、何時何分に事故を起こそう人を殺そうと思っているから緊張をしている。
対して、特に企みもなく電車を楽しく過ごしている場合、早く駅に着かないかな向こうは暑いかなと思っているから
>>続きを読む

リトル・フォレスト 冬・春(2015年製作の映画)

3.5

冬よかった
音楽が野原の花みたいに派手じゃない彩りをそえてあたたかですき

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

鴨の羽を毛抜きでおそるおそる抜いていたから、これはさすがにおじさんが捌くのかなと思ったら、橋本さんが自身で刃を入れていて驚いた。切り分ける行程は丁寧で頑張っているのが伝わってきた。おじさんの労いは橋本>>続きを読む

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

3.5

実写化ときいたので先にアニメを見ました。仏教もキリスト教も疎いですが、ものすごく偉い人が庶民に紛れて、隠しきれないのって面白いです。
作画も原作を損なわず、丁寧で安定していて好きです。

犬猿(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

姉妹がとてもよかった。
女って怖い、が描かれていた。羨ましいが妬ましいに変わり、こいつにだけは負けたくないと比較対象にし、けなす。でも心から死んで欲しいんじゃなくて、そばにいるから腹が立つ。
マコの「
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.6

観ようか迷っていた作品。「ストップモーションで日本が舞台でアクション。うーんすごいけどCGの時代だしフランスやイギリスが舞台の別世界観たいな〜」という感覚でした。
しかし、観てよかった!
愛情の物語で
>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.4

猫映画。日本とは違う猫との付き合い方をしているイスタンブールの人々。生き物のそのものらしさを尊重している。港でたくさんの文化が入り乱れ、それを迎え入れた街だからこその在り方だと感じた。

ポスターを飾
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

2.5

ひたすら怖かった
血が出るほど努力した
でも認めてもらえない、認めようとしない
主奏者の座を与えられて喜んでもまだ足りない、足りない
裏切られて裏切って、憎んで憎まれて

観た後しばらくは悲しくて痛い
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

5.0

何から何まで素晴らしい!
いっぱい泣きました。
悪い人じゃないのに、価値観が違う家族を認め合えなくて苦しんでいる。
才能により負う責任、求める生き方、一番大事にしたいもの、皆違うから、誰と生きるのが正
>>続きを読む

>|