スーサンさんの映画レビュー・感想・評価

スーサン

スーサン

映画(476)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

犯人も無事捕まって、やれやれってなったところで、安全な所に逃げたはずの蘭ねーちゃんが結局危険な状況に陥ってコナン君が助けに行くっていう王道な展開。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.8

以外とサラッと終わってしまった。
東京の街中に溢れる日本語の違和感に目が奪われてしまった。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

日本でもお馴染みなキャラクターが沢山出て来て、特にガンダムが出てくるところは、興奮した。
ファッキン!チャッキー!には笑ってしまった。
シャイニングを観てるとより楽しめる作品。

モンスター上司(2011年製作の映画)

2.0

バカハラとかあるんだ…。
作戦とかお粗末過ぎて、冒頭はかなりイライラしてしまう。ひょんなことからトントンと物語が展開するのは面白かったけど。

LIFE!(2013年製作の映画)

3.8

代わり映えのない現実から空想ばかりしてる男性。あることをきっかけに空想みたいなことを実際に行う。腹をくくった彼はとても男らしいし、冒険からもどってきた後もとても逞しく感じられた。
大自然が雄大で旅に出
>>続きを読む

ウォール・ストリート(2010年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

マイケルダグラスは相変わらず渋カッコいい。
何か企んでるなぁとは思ったけど娘の金まで…(>_<)
最終的には(孫の為)和解するけど、またやらかしそう…。

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

2.8

再婚相手にイライラしっぱなしの映画だった。
金儲けしかないのね…。
もぅ途中からは小者にしか見えなくて仕方なかった。
裁判長の最後のセリフは良かった。
あれがなきゃ彼女が作者だと認められなかった。
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

2.8

過去と現在のシーンで切り替わるので時系列を追うのが大変。
ゲイリーの眼鏡の色で過去か現在の判別が出来る。
名前は沢山出てくるのに最後まで顔が出てこなかった、カーラとアン。
演出は上手いと思う。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.0

観てる人の裏の裏を描いた作品。
そうきたか!と最後まで騙された。
タイトル通り嘲笑われた感。
主人公が最後髪を染めてたの良かった。

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

この一家は全員狂ってる。
医者の心境の変化が普通の人には分かりにくい。だからこそ、性転換までやってのけるんだろうが…。

セッション(2014年製作の映画)

2.5

歪んでるなぁ。という印象。
最後に今後の二人の関係がどうなるのか気になるところ。

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

4.0

子供の頃からの仲間が結婚する為、ラスベガスでハメを外すお爺ちゃんズ。
様々な人生を過ごしてきた彼らがラスベガスを満喫してて、最後までホッコリ。
青年にアドバイスするモーガンフリーマンも、スーツでビシッ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.0

吹替で鑑賞。
懐かしいフレーズや、外見と中身のギャップによるセリフが面白かった。
ストーリーはサラッとしてて、特に大きな盛り上がりも感じず終る。

ラスベガスをぶっつぶせ(2008年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

ラスベガスが舞台の映画を観たくて鑑賞。
せっかくなら、色んなホテルのカジノでやってほしかったなぁ。
そもそも、毎回同じカジノでやってバレるでしょ。現にバレたし。
取り敢えず、観てるとラスベガスに行きた
>>続きを読む

ベガスの恋に勝つルール(2008年製作の映画)

2.8

全く正反対の二人がぶつかり合いながらも心を寄せていく王道のラブコメ。
ラスベガスのシーンは冒頭だけ。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

スパイアクションではなく、頭と女(身体)を使ってどうにかする映画。
シモ表現が露骨で、拷問シーンは痛々しかった。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

2.8

独特の世界観とかは観ていて面白かったし、早着替え?シーンは可愛かったけれど、ストーリーはサラッとしていた。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.2

今回のリーアムニーソンは、保険会社勤めなのか!じゃああんまりアクション無いのかなと思ったら元刑事!現役じゃないからかアクションはそこまで派手じゃないけど見応えあった。
真実を知った乗客が犯人の前で名乗
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

2.8

久々に劇場版のドラえもんを観たけど、こんなにセリフ臭かったか?というのが気になってしまった…。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.0

冒頭で色んな職業や年齢の男女の日常が流れて、この人達が事件後に、どんな運命に見舞われてしまうのかハラハラしながら鑑賞。
被害者が大半で胸が苦しくなった。
いつ、自分の身に起こってもおかしくない出来事。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

1作目を観て、続けて鑑賞。
女性が強い映画は良いなぁ。
スカッとする。
バーフバリも偉大だった!
民衆と共にバーフバリ!バーフバリ!と
叫びたくなる。映画館で観たかったな。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.5

冒頭は、歌ありダンスありでインド映画らしいなぁと余裕で観てたが、過去の話になってからとても面白かった。まさか、そこで続くの!?とビックリした。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

2.8

個人的には1作目の方が好き。
アクションがゆっくりな気がした。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

コロコロ変わる赤ちゃんの表情とか本当に最高だった。
最後の手紙にはホロリときた。
エルヴィスプレスリーのそっくりさん達が
飛行機に乗るシーンは吹替で観たらとても
面白かった。

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

ストーリーもアクションも謎ときも割りとサラッとしてる。
女性の腹筋がバッキバキでカッコ良かった。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

とにかく映像が綺麗で大きなスクリーンで観れて良かった。
お婆さんが歌によって自分の父親を思い出す様は思わず涙が出た。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.0

原作が好きで、アニメも良かったので実写化には不安があったもののジャズのシーンなど良かった。
セリフ棒読みとか気になる点があったけれど、上手くまとまっていたかと。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.7

観終わった後に胸の前で腕をクロスしたくなる。
女性が強い映画は爽快。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.0

CMであんだけ騙されるとか罠とか言われれば、ある程度かまえて観るわけで…。
そうすると、必然と展開が予想出来るわけで…。
あんな、CMがなければもっとストーリーを楽しめたかも…。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.7

子供時代に問題児だった3人が成人して、人を助けたいからと軍人へ。犯人に対して危険を省みず立ち向かった姿に、地元の人からも讃えられた姿に、思わず涙が出た。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

主人公の首の傷が最後、エラに変わるのが
上手いなぁと思った。
久々に好みなラブストーリーだった。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

ストーリーのテンポが若干早い気がしたけど、歌もダンスも良かった。
バーテンダーが良い味出してた。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

途中若干の中弛み感はあったものの
良かった。
サスペンス風の予告だったが実際は
感動系。

彼が書いていた小説の真相が分かった時は
少し泣けた。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

よくある自然災害により主人公が地球を
守る為、命かけちゃいます系かと思いきや、
ちゃんと生還してくれて良かった。
物語はどちらかというと、陰謀を暴く感じ。

弟のSSやってる彼女がとても強くて
カッコ
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.5

美人の母親と少し悪人面の父親。
そして、まだ9歳なのに達観してる息子。
なんだかんだで父親が一番息子を愛してたんだなぁと。
洞窟のシーンと最後の別れの回想シーンで涙…。

母親…。怖い…。
最後のオチ
>>続きを読む

>|