くら

くら

2015 89
2016 115
2017

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

裁判官みたいな映画

ただえずくだけで、何も吐き出すことができない彼の姿に、その罪の大きさを感じた

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

-

ギンレイホールでみた。じいさんばあさんの着信音連発でノットサイレンス

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

3.8

雲でも錆でもカレンダーでも、何でもいいんだけど、ふと目を遣ったときに、あ、って懐かしいときあるよな~

時々まっくらにしたり、シーンの順序なんかで、ふっと観客だぞって思い出させるから、なんだか余計に

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

-

しまった、瑛太とスモーキングハーヴェイカイテルを比べてしまった

スモーク(1995年製作の映画)

4.2

フック船長がひとり、、ふたり出てきたッッ!

あれね、ながぜりふの正解はこれなのね

好きにしな(2016年製作の映画)

3.9

カンヌプログラム全てに通じるけれど、カット割りがとてもいい。気づいたら入り込んでる

四月物語(1998年製作の映画)

3.5

やっぱり岩井俊二は上手だなあ
松たか子のおとなりさんはこわい

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

マーケット意識ゴリゴリではあったけど、その辺含めて状勢の描き方がリアルで、ドキドキした

色々疑問は残るものの、美しい終わり方に満足
映像とか音とかすごいから映画館で見たほうがいい
あとコンタクトみた
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます。

主人公の青春もよかったけど、おじさんも、青春するんだって、安心した

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.5

暇を持て余したおじいちゃん監督の道楽がパルムドールとか救いようねえなあ~、なんて知った顔してたら…。

展開に芸は感じられなくて、かったるくもあるんだけど、ダンの一挙手一投足にいちいちグッとさせられる
>>続きを読む

>|