suzuさんの映画レビュー・感想・評価

suzu

suzu

映画(88)
ドラマ(1)
  • 88Marks
  • 10Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

ツッコミ処は満載だが、それなりに楽しめた。最初の深海のシーンが姿が見えなくて一番こわかった。大きさが半端ないので迫力はあるけれど、人の死が簡単に描かれていて、こういうのは大体ふざけた野郎か大事な人が1>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.8

やっぱりインクレディブルシリーズは文句なしに面白い!そしてなんと言っても、ジャックジャックのかわいさ!最初のシーンからジャックジャックしか見てないぐらい、一つ一つの仕草がかわいい〜!家族っていいなって>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.4

話はシンプルだけど、これだけ豪華なキャストが集まっていたら話の魅力度が上がる!ケイトブランシェットがいるだけで締まるし、リアーナは素敵すぎるし、アンハサウェイは文句なしにかわゆい!

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.2

1を見てから見た方がよかった。1のなんとなくのあらすじは知っていたけど、知ってたらもっと楽しめたと思う。グレイテストショーマンが本気のミュージカルとしたら、マンマミーアはアメリカのテレビドラマのような>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

小松菜奈ちゃんがとにかくかわいい。そして大泉洋さんが母性本能くすぐられるぐらい、いい味を出している。オープニングで観客の気持ちを掴むのがいい!キャストが全員ナイスなんてこと、そうそう無い。後映像の撮り>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.6

面白い!ただそれまでのシリーズをちゃんと覚えてなかったのが悔やまれる。前もってもう一回見直していればもっと面白かっただろうに。この作品ではジャッキーチェン化してるトムクルーズ、いくつになってもあの身の>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.3

前作より面白かった!将軍のちょんまげのシーン声に出して笑った!私的にはまじめなシーンが長く感じてしまってもっとパロディ多くてもよかった気がする。最後はホロリとさせてくれたのが意外だった。ぶっちゃけ話が>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

あ〜ブルーブルーとブルーのことばかり考えて観ていた。まさに人間のエゴ、酷さが浮き彫りになった今回のストーリー。恐竜達に罪はないんだから!と見ながら怒りまくる。大迫力のシーンも沢山で所々のホラー感、スト>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

2.6

なんだか中だるみ感と盛り上がりがないのが悔やまれる。面白い題材で、素敵な役者さん達も多いのに、パッとしない。なんだかなぁという感じ。

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

2.9

予告がとても良かったので観てみたら、ちょっと途中中だるみ感が残念。それでもラリーのシーンは迫力あるし、兄弟の対立など熱いシーンもあるので面白いんだけど
中途半端なのが残念だ。いっそ、もっとコテコテにし
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.6

あまりにもみんながすごい!面白い!と絶賛するので期待しすぎた。ゾンビ部分からガラッと話が変わるということだけわかっていてそこからのネタバレはされず、今のSNS社会でこんなにバレなかったのはすごい。だけ>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

映画公開の予告の時から観たいと期待いっぱいで観たら、期待以上に面白くてびっくりした。様々な人達の視点から描かれているのがいい。自分をどの立場に置き換えても共感できる。主人公の周りにどんなふうに見られよ>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.9

マーゴットロビーの演技が素晴らしかった!最後リンクに向かう前の鬼気迫る表情の演技は圧巻!靴紐シーンは表情、しぐさなどあのままで感動した。スケートってお金のある人のスポーツのイメージで大抵の人達はそうな>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

2.5

なんだか全体的にパッとしないでまったりと進んでいく。ちょっと非現実的なところが受け入れられないのかな。東野圭吾の作品は文字で見たほうが圧倒的に面白いのだ。エンタメ感出しすぎ。

のみとり侍(2018年製作の映画)

2.7

最初テンポがよかったのに、中盤からなんだかまったり。トヨエツは身体張ってもいいんだけど、阿部寛のは観たくない。お色気シーン長すぎる。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

2.2

最初にほのぼの系と理解して観ていたらもう少し面白く感じたのかも。榮倉奈々ちゃんが不思議ちゃん系って観ててわかりにくい。結局最後は観てる者への問いかけ。あんだけ引っ張ってこの終わり?しかも月の台詞に関し>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

2.8

想像通りの話。福田監督にしてはそこまでギャグ推しにしてなくてよかった。最後はとてもよかったけど、なんとなく間延びする映画。

いぬやしき(2018年製作の映画)

2.6

アニメは2人の心理的描写や背景が丁寧に描かれていたのに、映画は余りにも2人を善と悪の単純に分けて淡々と進んでいって物足りなかった。もっと観たいシーンは省かれ、どうでもいいシーンを長くする。期待しすぎて>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.0

改めて久しぶりに観たが、最後のラストは原作通りに終わった方がいいと改めて思った。クラスメイトには、今や売れっ子の子達がちらほら、あどけなくてかわいい。こういう映像の撮り方は今は珍しくないが、その当時は>>続きを読む

疾風ロンド(2016年製作の映画)

2.8

まさに2時間ドラマにぴったり!東野圭吾からコメディは合うのかと心配してたが、上手く馴染んでたとは思う。阿部寛とムロツヨシのおかげか。原作を見ていないので、一人一人のエピソードが小さくて、そうと思えばそ>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.6

青春映画の金字塔。このキャッチフレーズがとってもぴったり!最後にして最高の作品。実写作品で続編でこんなに上手く作れたのは、ちはやふるしかないんじゃないかな。松岡茉優ちゃんがいい!もっと出番増やしてほし>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.6

前評判があまりにも高すぎて、ある意味期待しすぎて、三部めからの失速と驚きのなさにがっかりした。それでも中判までは本当に面白くて、観てる時間もあっという間に過ぎていった。2人の女優の演技力の素晴らしさが>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.1

マッケンあんまり出ない役だったんだな、という感想が一番だった。
映像の迫力もあるし、少女との掛け合いは面白かった。ただ死んだ人への対処が妙にクールなのが気になった。日本のアニメを見てる気持ちになった。

わが母の記(2011年製作の映画)

3.1

樹木希林さんの作品を見直していこうと観た作品。希林さんの存在感は周りの役者を食っていくのがよくわかった。感想はじんわりと胸に響く感じ。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

色鮮やかな色彩とは反対にアメリカフロリダの貧困層の母娘の話。賛否両論、母親のしつけに共感出来ないレビューなどあるけれど、私は確かにそこに親子の愛と絆を感じた。子役のブルックリンプリンスがもうかわいすぎ>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.1

テーマを一つに絞ってほしかった。佐藤浩市は何か関係あるのかと思いきや違う話だし、斗真の罪も最後まで引っ張ることかなと思った。どうしても元ネタになった事件を思い浮かべてしまって、今どこに暮らしているのか>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

2.7

両思いになってからが本題だから、そこに至るまでは漫画のいい所をうまく抜粋してたと思う。漫画も後半シリアスだから、映画もそうならざるをえないけど、前半もう少し明るくしてもいいんじゃないかな。吉沢亮は遊に>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

やっぱり最後のシーンがグッときて全てを物語ってる。父親の言葉もいいし、母親も寛大で両親が素晴らしい。ティモシーシャラメの演技の素晴らしさ。とりあえずあんな優雅な夏休みを過ごしてみたい。官能シーンはもう>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.5

続編は普通面白くないパターンが多いが、この作品は面白い!過去のシーンと対比すると、やっぱみんな老けたなぁと思うんだけど、いい感じに味が増して素敵な役者達だと唸るばかり。前作より柔らかめにも思えるが私は>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

2.8

周りの評価ほど、面白いとは思わなかった。そういう展開できたかと驚きもあったけど、そこまでグッとくることはなく終わってしまった。綾瀬はるかちゃんはいいんだけどなぁ、、、、。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

ストップモーションの素晴らしさとセンス抜群の作品!錚々たる声優陣。声だけでも芝居の素晴らしさがわかる。日本人が観たらツッコミたくなるかもしれないけれど、とてもセンスがいい表現の仕方なのでオシャレとしか>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.6

中身はおっさんの意味が観る前は、?という感じだったけど、観れば観るほど愛着が湧いてかわいい。とにかくベイビー達の顔がかわいい!表情とか声とかもうかわいすぎて、それだけで観てられる!王道といえば王道だけ>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.0

途中まで良かったのに、中盤から中だるみ。現実味を妙に演出してるかと思えば、最後のオチは非現実。結果6人もいらなかったという始末。そしてバンドのシーンそんなにいるかな。松田龍平、優香の2人がとても印象強>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.3

せつなくて悲しくて、改めて松嶋菜々子さんの演技に感動した。新参者最後の話だし、主人公に関する話だから、あの雰囲気でいいんだけど、ドラマの時みたいに2人のやりとりとかコメディ感とかもっと出してほしかった>>続きを読む

覆面系ノイズ(2017年製作の映画)

2.4

途中までテンポがよかったのに中盤ぐらいから中だるみあり。あやみちゃんのお芝居がまだまだでも、顔のかわいさと歌唱力で充分カバー出来た。キャストはいいのにストーリーがあんまりで勿体ない。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.0

ストーリーはすごく面白そうだけど、役者陣に不安を覚えていた。だけど観てみたら、ある意味キャストの個性が強すぎなくてよかったのかも。予告で騙されるという謳い文句ばかり聞かされて、最初から疑って観ていたせ>>続きを読む

>|