suzuさんの映画レビュー・感想・評価

suzu

suzu

映画(144)
ドラマ(1)
  • 144Marks
  • 32Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

九月の恋と出会うまで(2019年製作の映画)

2.7

設定はいいんだけど途中で訳わからなくなって中だるみが激しく眠気に襲われた。出てる役者達に問題はないが脚本に難あり。

L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。(2018年製作の映画)

3.0

今までの恋愛映画だと嫌なライバル的女が出てくるが、それがいないので平和に見れて楽しめた。キュンキュンを狙いすぎて逆にこっぱずかしいシーンもあったけど、女子の妄想が詰まったこの設定がいい!流星くん目当て>>続きを読む

ねことじいちゃん(2019年製作の映画)

3.6

とにかく猫がかわいすぎる。猫の撮り方が素晴らしい。ほのぼのほんわか映画は好きなので派手な演出がなくても存分に楽しめた。結構豪華な出演者に楽しめた。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

3.7

本当は4.0ぐらい評価したいが、見てないシリーズが2つあって、そのせいで誰が誰でどうなってこうなったっていう伏線がわからなくなって、ストーリーに集中出来なかった。それでも大迫力、3時間飽きさせない素晴>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.2

とてもいい話なんだけど、描きたいこともわかるんだけど、映画の主人公の役だと大泉洋だから魅力ある人に見える気がする。実在の人の何にどこに魅力があってボラの人達があんなにたくさん関わったのか、もっと細かく>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.8

薬物の恐さを見事に描いていた。シャラメが演じたことによって映画の魅力がさらにアップしたと思う。自分しか救える人がいないって辛い。100倍の快楽があるとしたらその先に1000倍の地獄が待ってるということ>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

あれだけ面白そうに番宣していたので期待して見たらがっかり。テンポがいいように見えてダラダラなエピソードもあって間延びする。ていうか最初の時点で松たか子ってわかる。その時点で冷めた。

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.2

ネタバレまですごく楽しく見れたしどうなるのどうなるの?と思った興奮を返してほしい。そこまで真剣に死と向き合わずに簡単に自殺しようと思ってる浅はかさが逆に今時っぽくてこわかった。これはミステリーだと思っ>>続きを読む

サムライマラソン(2019年製作の映画)

3.0

レビューの多い意見のように、あれだけの豪華キャストでこの仕上がりは勿体ない。決して面白くないわけではない。だけど佐藤健ファンだからそこまでひどいとも思わなかったのか。そこまでグロくはないんだけど、やっ>>続きを読む

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

3.1

途中まで面白かったんだけど、途中からなんだか間延びと盛り上がりに欠けて、まぁまぁ面白かったに終わってしまった。有村架純ちゃんがかわいい。

ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス(2018年製作の映画)

3.3

特徴的な服のことしか知らなかったから、こんなにも社会的メッセージが込められてるなんて知らなかった。やっぱりこういう人が才能を爆発させるんだな。

アクアマン(2018年製作の映画)

3.9

この映画見て面白くない人なんているのかな。最初からノンストップで面白くて映像キレイで最高!あんなに可愛い子がタトゥーバリバリのゴリゴリのムキムキに成長したことが何よりの衝撃。アンバーハードかわいすぎ。

そらのレストラン(2019年製作の映画)

3.1

このシリーズの独特の間のとりかたが私にとっては間延びする方なので、なかなか見るのがしんどかった。実話だしストーリーもいいんだけど、なんかわたしには合わないんだな。ひゅーいはこの役に合ってるのかな。

来る(2018年製作の映画)

3.7

最恐エンターテイメントというキャッチフレーズがぴったり!中島監督色強めなところも嬉しい!(この監督はこの撮り方っていうのがいい)テンポもよくて最後はもう壮大すぎるんだけど面白かった!黒木華ちゃんの役は>>続きを読む

愛唄 ―約束のナクヒト―(2019年製作の映画)

3.0

流星くんと果耶ちゃんじゃなかったら、評価はもっと低かったが、この2人だったから観れた。いろいろ盛り上がれそうなのになんだか盛り上がりに欠けた。

ストロボ・エッジ(2015年製作の映画)

2.8

こういう恋愛系って最初から途中まですごくいいのに、なんで途中からシリアスに持っていくのかな。残念。山田裕貴くん今ブレイクしてよかった!

運び屋(2018年製作の映画)

3.6

さすがクリントイーストウッド。あの年齢で主演と監督しちゃったらもう誰も文句は言えない。飽きさせないストーリーで面白かった。ただ主役の性格に共感できない。途中自分が運び屋だと気がつきながらも決して辞めず>>続きを読む

アオハライド(2014年製作の映画)

2.9

東出くんの高校生、違和感ある。元々老け顔なのかな。中盤までは面白かったけど、中だるみと早く解決しなよとツッコミいれたくなる。吉沢亮くん、この時代から今ぐらい売れてもおかしくないのになって感じた。この本>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.0

中身があってないような映画でも、決して退屈はしなかった。きっと若者はこれがエモいと言うのだろう。監督も若いし、やりたいこと撮りたいこと全部やったのだろう。オシャレに過激に撮りたかったのだろう。と思った>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

2.6

原作は面白かった。だけど映画はただただ眠くて、かと言って集中して見ないとなんだか話の流れがわかりづらかった。ピアノの音が心地よすぎたのかな。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.4

篠原涼子さんは頑張っていた。実際、母親だからこそ伝わる演技だった。原作に忠実に描かれていたけど、最後のあのラストシーン、あれは原作のように丁寧に描いてほしかった。そこが残念。妙に感動に感動に持っていこ>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.3

前半はただただ茶道の勉強PV。盛り上がりは特になく、ゆったり流れる話。樹木希林さんがいるからこそ魅力のある映画。樹木希林さんじゃなかったらもう少しスコア少なめ。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.7

1回目に見た時は最後があまりにも衝撃的すぎて今までの感情が全部真っ白になった。この間テレビで放送されていて久しぶりに2回目を見た時、改めて素晴らしい作品だと感じた。最後のシーンからのタイトルからのエン>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.3

その時代の者としは見てて楽しかったし懐かしかった。違和感のないまま、どちらの時代も楽しく見れた。ただ同じ歌(安室ちゃんとオザケン)何回も何回も流しすぎ。いい歌なのはわかるけど、もうただ監督が撮りたかっ>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

2.7

残念が多すぎる。きっともっと面白く出来たはずなのに、現代パートぐだぐだすぎる。夏帆ちゃんと東出くんのパートだけで映画作った方が心に染みる。

旅猫リポート(2018年製作の映画)

3.5

これは自分の家に猫を飼ったことあるかないかで、思い入れは変わってくると思う。こんなに泣いたことはないぐらい泣いた。ナナの吹き替えは見る前は不安だったが、見ると断然あったほうがいい!そして大事なところは>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.8

王道なストーリーだけど、とにかくガガ様の歌の魅力がこの映画の最大の見所。やっぱり歌すごいなぁ〜本物の世界的アーティストだもんなぁ。ガガ様のドキュメンタリー映画みたいだった。

ういらぶ。(2018年製作の映画)

2.4

原作がすごくすごく好きなので、あまりの酷さにびっくり。途中途中のタイトルコール何?確かに原作に忠実に再現しようと頑張ってるけど、役者がみんな合ってないのかな。キュンをねらった映画でこんなにキュンしない>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.1

レビューが良かったので期待して見たらそうでもなかった。ただダラダラとゆったり流れていくだけ。原作のネタバレを見たらだいぶ話が違う感じで、映画は3人の様子を切り取っただけな感じ。石橋静河は良かった。

億男(2018年製作の映画)

2.7

無駄なシーンが多すぎる。お金についての価値観や想いがきちんとテーマになっててすごくいいのに、勿体ない。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.9

とにかく趣里ちゃんが素晴らしい。趣里ちゃんだからこその魅力が詰まった映画。一言一言台詞が胸に突き刺さる。まるで自分のことのように言う台詞や態度が沢山あって自分だけが思ってたことじゃないんだって安心した>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.9

なんだか全体的に陳腐な映画。みんな一生懸命にお芝居してるけど、その方向性がバラバラで噛み合ってるのかあってないのか、よくわからなかった。原作で見たほうが面白そうだ。

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.8

一体いつの時代かと思ったらまさかの2001年!愛する妻のために周りからどんなふうに思われようと奮闘する姿は素晴らしい。ただ成功した途端、村の人達の変わりようがある意味こわい。自分の利益にしないで全女性>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.7

期待以上に面白かった。2人の熱意がこんなに伝わってくるとは!太鳳ちゃんはいつものふわふわな役もかわいいけど、闇に包まれてる役の方が魅力的。踊ってる時の表現方法がやっぱり一番よくて、舞台は見応えあり!

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

素晴らしい作品。フレディのカリスマや魅力だけではなくて、メンバー集まってこそのクィーンなんだと改めて感じた。

散り椿(2018年製作の映画)

3.2

こういう話は眠くなるかと思っていたら案外面白くて最後まで見続けられた。中盤から盛り上がってきて、最後は切なかった。

>|