すずさんの映画レビュー・感想・評価

すず

すず

映画(349)
ドラマ(0)

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.7

結構前に観たやつ
アクションがたまらなかったなあ
キャスティング最高すぎて感動

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.4

女子校出身の全女性達に是非とも観て欲しい映画

今でも定期的に会う中高一貫女子校の仲良し5人組で、SUNNYみたいにグループの名前が付いてて、高校時代に5人で踊ったし、意味わからんほどバカみたいに騒い
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.8

緊迫感がすごくて面白かったけどこれが実際に起きたと思うと残酷すぎて胸が痛んだ

生きる意志を強く持ってた彼女があんな死に方をしたから「運」のない世界が良いのか悪いのか分からなかった

観たあとすごい疲
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.8

早くゴーグル外せよと思ったけど、子供達は状況の飲み込みが異常なくらいに早くてすぐゴーグル外してくれたから最強の家族だし、モヤモヤさせない最高の映画だった。
予想外の黒幕と任務遂行シーンのハラハラドキド
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.8

最初は不思議な話すぎてびっくりしたけどそのぶっ飛んだ世界観の中でもちゃんと話はうまくまとめられてて面白かった。徐々に謎が解けていく過程も面白い。

それにしても小学生にしてチェスが浸透してるクラスはお
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.6

良くあるやつだけどやっぱりちょっとした偶然が重なって最悪の状況になるやつムカムカするなあ

突然みんな生き生きしててうまく行きすぎ感あったけど動物たちが人間みたいに過ごしてる時点でこの話はぶっ飛んでる
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.1

2人の関係が良すぎた
ほんとにこんな天才いるの?
それにしても若かりし頃のディカプリオが最高に格好良い

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

初めの方で感じた違和感がどんどん解消されていって大爆笑に変わっていく感じ、気持ちよかった

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.3

最高に楽しい映画
冒頭の、目に止まったトランプがダイヤの7って当てられるやつで心掴まれた。それはただのマジックじゃなくて、映像編集を経て出来たマジックだろうから私達鑑賞者にしか通用しないってとこが映画
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.3

無駄なシーンが一切ない
徐々に心を通わせてく感じが心地良かった

オー!ゴッド(1977年製作の映画)

3.6

宗教ってこういうことなのね〜〜それにしても神の起こす奇跡がチープすぎてちょっとなぁ、、、
神の台詞のひとつひとつはとても良かった心に響く

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.6

意味不明なのに妙な満足感を覚えた
多分、適当に途中の数分を観た人と、全部観た人の感想は大して変わらないと思う

リアリティとかをガン無視して、いかに意味のわからない、嘘の、ぶっ飛んだ世界を作るかって感
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.3

センスの塊。
日本人なのに日本の良さに魅せられた。
見た目、デザインだけじゃなくて、音もよかった。口笛とか、犬が歩く音とか、機械音とか、心地いい音だった。

炎のランナー(1981年製作の映画)

3.5

授業にて
あの名曲はここから生まれたのか…
スローモーションが印象的だった。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

かわいい映画だと思ってたけど実際コメディ映画だった!
にわとりのコケコッコーのとこ爆笑した。大好き。思い出し笑いするくらいに面白かった!
ピーターたちもかわいいし、暇つぶしみたいな感覚で観たけど大満足
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

とにかく俳優陣の演技の自然さ、リアルさが圧巻だった。
考えさせられることが多すぎて、観た後重くてもやもやしたような気持ちになった、、、
家族って何なのか、血で繋がってないとだめなのか、、、?安藤サクラ
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.8

樹木希林をはじめとして出演者みんなの演技が自然すぎて、ゆったりのんびりした映画の中の世界に引き込まれた。その結果心地よい眠りにいざなわれてしまった、、、(笑)
クスっと笑えるところがたくさんあって面白
>>続きを読む

(1960年製作の映画)

4.3

穴を掘ったり金属片で削ったりしてるだけの長回しが多かったけど、その音と緊張感と期待感で、ずっと観てられた。
実際にやってたことだと思うと本当に頭いいなって思う脱獄豆知識がいっぱいあってそれも面白い。

E.T.(1982年製作の映画)

3.8

ETの「be good」が字幕の「イイ子」に聞こえて面白かった。
終始飽きずに楽しめた。
名作ってこういうことなのか。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.6

終始登場人物の心情分かりにくいしそれを考えるのに必死になってた。
逆に、あのお父さんの言葉はすごい長い台詞だったのにスイスイ頭に入ってきて心に染みた。
他の人たちも、もう少し言葉に出しても良かったんじ
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.3

この監督の世界観が本当に好き。グロくて暗いけど、どこか洒落ていて、不思議な雰囲気。

私はあの世界はオフェリアの妄想じゃなくて、本当に存在するものだと思う。

結構残酷な現実が映されてたからこそ、少女
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

ホテルの不気味さと音楽でホラー映画感が出てたけど、それがなかったら、頭おかしい内容の分かりにくい映画になってた気がする、、、、
ダニーが三輪車でホテルぐるぐるするところはずっと観れる。撮り方とかホテル
>>続きを読む

情婦(1957年製作の映画)

4.0

ラスト10分、どんでん返しの繰り返しだった。そのラスト10分のための107分だった気がする。でもその全てが無駄じゃなくてちゃんとした伏線がたくさんあった意味のある107分。

>|