鈴木さんの映画レビュー・感想・評価

鈴木

鈴木

パターソン(2016年製作の映画)

-

昨日があるから今日があって
今日があるから明日があって

なんでもない日々の繰り返し
毎日のルーティーン

それが生きている証となる

静かで穏やかな映画

ベッドの真上からの景色
バスの運転席から見
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

-

やっと観れたーーー
めっちゃ評価高いからめっちゃ期待して観たけど、期待通りおもしろかった
音楽も人間も下ネタも明るくて元気!
アメリカのでかい道をでかい車で走るとか夢ある

マッチポイント(2005年製作の映画)

-

警察の若いのがトレスポの薬まみれスパッドでわらった

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

-

クラシックとジャズ、
シチュエーションとオーナメント、
クラシックカーとスコッチウイスキー、
天才マジシャンと美人ペテン師

“ウディアレンっぽい”のかは正直分かんないけど、あちこちにときめきを感じた
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

-

男と女には表せない美しい愛の形
演技と思えない魅力的な表情

わしもルーニーマーラに一目惚れした
展開や温度が観てて心地よかった

マリー・アントワネット(2006年製作の映画)

-

色がマカロン
華やかな部分に焦点をあててギロチンのイメージを良い意味で変えてくれた
音楽のジェネレーションギャップが遊び心あって好きだった

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

-

スカヨハのあの寂しげな後ろ姿みたら抱きしめてキスしたくなるよ
東京ってほんと変わった街だな
藤井くんキレッキレだったし

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

-

間の取り方がおもろい
特に風で語り合うシーン爆笑
吉沢亮が終始マブい
原作読みてい

川の底からこんにちは(2009年製作の映画)

-

ムカつくひとたちしか出てこないのかと思って観てたけど、満島ひかりが開き直った瞬間全部がころっと変わった
途中観るのやめなくて正解
所詮中の下だから頑張るしかないんだよね〜
骨拾えー!は笑った

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

-

女同士の友情ってこうゆうこと

現実から逃げようとしてたのも
現実に向き合おうと思ったのも
案外友達のおかげだったりする

フランシスのイタい言動も
理解できちゃうからイタい

だからこそ愛おしい

最強のふたり(2011年製作の映画)

-

神様が示し合わせたような
探してた鍵の穴が見つかったような
深い絆で結ばれた最強のふたり

ただ好きなものを共有して、お互い背中を押しあって、なにより自然と笑顔になれる

あんなに明るくブラックジョー
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

-

観たあとにググりたくなる映画
ベトナム戦争の帰還兵
ベトナム戦争の闇
孤独と狂気
正当化された狂気
繰り返される狂気の予感

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

-

異常者の分析する異常者
人には理解しがたい強い目的
血で染まる真っ赤な唇
学歴とは関係ない知能

今まで避けてきた類の映画から予想外の後味
シンプルにおもしろかった

愛を読むひと(2008年製作の映画)

-

重くて深い
部屋を真っ暗にしてひとりでみる
涙は出ない
感情移入しにくく客観的にみれる
親子よりも夫婦よりも強い愛
邦題が良い

ナショナル・トレジャー(2004年製作の映画)

-

話の進むスピード感がちょうど良かった
相棒の彼がかわいい

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

-

オードリーヘップバーンの映画観るのはこれがはじめて
オープニングがおしゃ

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

-

ザ・脇役岡田将生
おしどり夫婦に涙
ウルフカット戸田
松坂桃李のおしり
寺島進という父親

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

-

ディカプリオが憎めなくてトムハンクスが可愛い
嘘みたいな本当の話

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

-

聞き取るの難しくてすごい集中した
満島ひかりの目つきが好きすぎる
堤真一と夫婦なのも花丸

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

-

最後のエンドロールで一連の流れを整理しつつ余韻に浸り涙はボロボロとこぼれる

乗り越えられない。つらいんだ。

主人公の喋り方、声、背中の丸まり具合、思い出すと泣きそう
シーン毎に心情が伝わってきて常
>>続きを読む

天使と悪魔(2009年製作の映画)

-

ダヴィンチコードに続いて
えっ!そうなんの!まじか、騙された
という風に完全にのめり込んでいた
宗教と科学。面白い
CERN出てきて興奮した

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

-

凄い…
信じるか信じないかはあなた次第的な歴史の話は不思議とのめり込んでしまう…
宗教、数学、歴史をぐるぐるかき混ぜて詰め込んだようなパズルを完成させてくみたいだった…
最後のピースまで…溜息
それに
>>続きを読む

>|