オカルトチャンピオンさんの映画レビュー・感想・評価

オカルトチャンピオン

オカルトチャンピオン

サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

実際、聴覚障害を起こすミュージシャンがたくさんいるのが事実。
突然失われていく世界に戸惑いと深い絶望が主人公を襲う。
何より大切なルーを失うことが彼にとってある意味、死よりも恐ろしいことなんだよな。
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

法が間違っていれば社会が良くなることはない。
たった50年前の間違った社会を正そうと闘った女性と家族のはなし。

主人公のギンズバーグさんが昨年亡くなられたギンズバーグ判事だったとは!
アメリカが揺れ
>>続きを読む

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

勝負の世界に身を置くってことがどれだけ大変か。
大人は子供に負けないように教える。
負けるってことは死と同じことだから。
でも子供が本当にそう感じているかはわからないよな。

よく子供がやってる将棋大
>>続きを読む

完璧な他人(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

見栄というか自分は嘘偽りない誠実な人間だっていう虚勢がこんな馬鹿みたいなプライベートの公開なんてゲームに発展。
チキンレースでくだらないって言ったやつが疑われるから、そもそも1番最初に言い出した主人公
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

俺のオールタイムベスト。
もう最高すぎて逆に書くことない。
こんな親友いたら最高だよな。
モリーとエイミーこの2人のノリが好きすぎる!
いちいち細かいところが最高すぎて本当に書くことない!いや、書きき
>>続きを読む

第9地区(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

宇宙人来たら十中八九こうなるだろうなと納得する。
宇宙人が難民化して宇宙人相手に商売してるギャングおもろ。
このギャングのリーダーが馬鹿すぎて主人公の腕食ったら強い肉体が手に入るって理由だけで主人公を
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

邦題に騙された。めちゃくちゃぶっ飛んだ世界観だった。
パンク少年と宇宙人の女の子の恋のはなし。

もう途中全然話わからない。
宇宙人にパンクを教えた結果、集団自殺しました。でいいのか?
いや、死んでな
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

若草物語を知らないけど、めちゃくちゃ有名な話なのか!

南北戦争下の当時の女性たちの生き方を描いたはなし。
昔の女性にとって自由がなく、唯一の幸せが結婚しかないという生きづらさが、現代を生きる女性にと
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

奇祭!田舎の因習って怖い!うっかり参加するもんじゃない!

90年に1度しか開かれない夏至祭の割に、みんな全く迷いも間違いもなく統率のとれた動きしていて凄いなと思う。90年に1度だぞ!多分あの中に90
>>続きを読む

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

こんなバカバカしい映画なのに何故か最後泣いちゃったよね。
ゴリッゴリのコメディとは言え、ワイルド・スタリオンズの2人がアホすぎて音楽やってるやつがみんなこの2人みたいだと思われると癪に触るけど、こんな
>>続きを読む

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

幸せに暮らしていた少年の日常が内戦の中に変わっていってしまうはなし。
戦争に救いがなく、何のために人を殺すのか、何で人を殺さなければいけないのかわからなくなる。主人公の少年のように考えることをやめなけ
>>続きを読む

ザ・テキサス・レンジャーズ​(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

かつてテキサス・レンジャーズとして名を轟かせていた者たちも今は老いて何年も銃すら握っていなかったのだが、かの有名なボニー&クライドが強盗、警官殺しと世間を騒がせてはじめ、誰も彼らを捕まえることができな>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

細かいとこよくわかんなかったけど、映画見てるわー、この重厚なフィルム感とアクションシーンはもうそれだけで贅沢な気分になれるわーと映画本来の観る喜びを再確認させてくれる作品でした。
もちろん映画館で見る
>>続きを読む

惡の華(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

押見先生の漫画に孕んでる愛が反転した愛憎、チープな言葉で言えば厨二病感がたっぷり詰まってる惡の華の実写映画。

思春期が抱える性の悩みが閉塞的な町の中でぐるぐると回って息苦しくなる感じ。
全員とは言わ
>>続きを読む

キューティ・バニー(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

大学の寮ってこ、こ、こんな感じなのか?
男がみんなセクシーだったり清楚な女の子が好きだから、男が集まって、そこに入居したい女の子が集まってくるって本当にこ、こ、こんな仕組みなのか?
大学ってとんでもな
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

こういうとき仕切る奴ってろくでもないやつだよなって思ってたら、想像以上のクズだった。

キューブは純粋に人間に対する挑戦なのだとしたら、平等に生の機会も死の機会も与えられるわけだけど、キューブの中にい
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

終始イライラして頭おかしくなる。後半ははらわた煮え繰り返る。

聖書や神や人類を一つの部屋、ひと組の夫婦にスケールダウンしてる分、理解しやすくなったのかと言えば、それはどうかと思う。
妻側の視点で見る
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

伝令という特殊命令でとにかく時間との闘いなんだが、普通に歩いても8時間の距離を2時間もないくらいにぎゅっとしてるので、あそこが目印だって言われる度に着くの早っ!近っ!ってなる。
途中でブレイクが戦死し
>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

御伽噺のような話ではなく、トロルの主人公の現実をしっかり描き切ってる作品。
主人公のティーナがトロルだとわかるまではどういう状況なのか掴めず、落ち着かない気持ちになる。無意識的に彼女の存在の定義がされ
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ワールドカップでのフランス代表は黒人が特に多いし、何より強い。
とても好きなナショナルチームだ。
だから何故か人種間でのトラブルもさほどないのだろうと勝手に想像していた。
フランスは芸術的だし文化的に
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

いきなりピタゴラスイッチで首落ちるとかおもろすぎる!
そんで久々のフォー・ホースメンの仕事が始まりそれぞれのマジックがかっこよすぎる!終始感想はひとつしかないんだけど、とにかく目が楽しい!
これに尽き
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

お見事!最後の最後までミスディレクションを使ってひっくり返しまくるマジシャンたちのはなし。
ただこんなに人々が歓喜するほど人気って。最後なんてほぼ街の人全員見守ってたんじゃないかってくらい人気者やん。
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

海よりもまだ深く人を愛するってどういうことなんだろう。
俺は経験したことあるんだろうか。

主人公の良多が人間臭くて愛すべき人物だ。
探偵事務所の所長に怒られて後輩から優しくされて"あんまり優しくすん
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

みんなが見る前に想像しているものと大きく変わらないと思う。
雨、ニューヨーク、洒落てる
そんな作品。

ティモシー・シャラメの太陽の下の似合わないよね。やっぱり曇りか雨じゃないと。
物語的に雨である必
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

なんというか不思議な体質ではあるけれど、人生自体は誰もが経験することばかりで数奇な人生なのかはわからない。

じいさんから若者までのブラピ堪能映画でした。

...語るべきことがあるようでないようであ
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

次から次へと巻き起こる緊張があるからこそ、イラン領空を出たときの感動はとても大きい。
こんな馬鹿げた作戦うまくいくはずないと誰もが感じていただろうに、最後まで諦めなかったトニーと6人、トニーの上司とス
>>続きを読む

2人のローマ教皇(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃおもしろい!!

枢機卿やローマ教皇のことって昔チェーザレを読んでかじった程度しか知らなくて、もっとドロッドロの権力闘争があったりあんまり良いイメージがなかった。
あと枢機卿っていろんな国
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

とにかく美しい映像と厳しい環境で育った主人公の不思議なコントラストが見る者の心にくっきりとその存在を残すような作品。

主人公にとって父親のような存在であるフアンは母親にドラッグを売っているディーラー
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ある事件のことを知らないで映画を見るとなんだ、これ!わからん!ってなる。
実際、わからなさすぎて、あれこれ調べてみてもう一度この映画について考えてみると、
やべぇ、めちゃくちゃ泣ける!!ってなりますね
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

王族に全く興味がないから、親近感も感情移入もできないだろうと思ってた。

王族ならではの苦悩が描かれていて、ヨーク公は子どもの頃から厳しく身体を矯正されて、乳母からのいじめもあり、自分に自信が持てず吃
>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

製薬会社と医療機関、政府の癒着によってどんだけ人が死ななければいけないのか。
違法であったとしてもそんなもんクソ食らえと助けられる命を助けていく。

女好き、ギャンブル好きの生粋のカウボーイだった主人
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

エディ・レッドメインが本当にALSになってしまったとしか思えないし、もう途中からホーキング博士にしか見えない演技に、これ演技とかの次元超えてないか?ちょっと凄すぎるぞ。

ストーリーはスティーブン・ホ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

イタリア人用心棒トニーと黒人ピアニストのドクのチグハグさがおもしろくて、そして切なくて本当に考えさせらて笑える素晴らしい映画だ。

かなり覚悟を決めたツアーだなと思ってたけど、やはり南部に行くにつれ黒
>>続きを読む

足跡はかき消して(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

父親は娘と国立公園内の森で暮らしているが、ある日生活しているところを見つかってしまい、社会と接することで悩む親子のはなし。

最初はとても仲睦まじく森での生活を楽しんでいるように思えていたけど、訓練と
>>続きを読む

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

とても静かな映画だけど、詐欺の1億円当選メールを信じて何が何でも取りに行く親父という設定がコミカルだし、完全にボケてるんじゃないかと心配になる徘徊親父と息子のあたたかいはなし。

ネブラスカって州のこ
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

この映画を観てまず思ったことは怖いっていうより、みんなすっかり忘れているだろうな。
トミーの悲劇を。ハロウィンで火のついたうんち袋投げられて、かかしになって死んだトミーを。
いじめてたの良くないよね。
>>続きを読む

>|