スージーさんの映画レビュー・感想・評価

スージー

スージー

映画(196)
ドラマ(1)

ナチス第三の男(2017年製作の映画)

2.5

うーーーーーん。
キャッチコピー謎すぎるし、後半だったら「ハイドリヒを撃て!」のほうがよいです。それを見ていたからわかる部分もたくさんあって、逆に見ていなかったら物語の展開についていけない あるいは理
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.2

わーん、目を背けちゃうシーンがたくさんあった。松坂桃李さま目当てで見たけど、やはり日本でいちばんかっこいいのは江口洋介だな。最高。

居眠り磐音(2019年製作の映画)

3.5

磐音のさわやか青年っぷりと、おこんの江戸の元気娘っぷり、わざとらしいくらいの演技が愛らしい。というか松坂桃李と木村文乃コンビが好きなので、最高。

ラストにさしかかる吉原のシーンは涙なしには見られない
>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

2.7

ゆるい。終わり方もよい。
パセリちらしちゃうお父さん 好きよ。

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.8

ジャックアンドベティで見たいと思っていた映画。スクリーンの中にスクリーンがあるという不思議な体験。

きれいな映像が多いのだけど、空撮はなぜわざわざしたのだろう。どちらも水辺の画で、ダイナミックさを伝
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.2

ウッ、、
原題は作戦名「Anthropoid」
その作戦の内容は邦題の通り「ハイドリヒを撃て!」
ナチス・ドイツの保護領となったチェコにおいて、統治者であるハイドリヒを暗殺するお話。

緊張感があって
>>続きを読む

草間彌生∞INFINITY(2018年製作の映画)

3.0

草間彌生の作品こそ知れど、草間彌生という人をあまり知らなかったなあと思った。

そういえば学生の頃ニューヨークのMoMAで彼女の作品を見て「え、これがそうなの?」と思ったことがある。日本で評価されたの
>>続きを読む

風俗行ったら人生変わったwww(2013年製作の映画)

3.3

ふつうに面白いと思う。
満島真之介の演技も最高だけど松坂桃李も最高です。ふたりともいちいちキモい。最高。

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

4.0

面白い〜!気軽に見ることができて好き。
戸田恵梨香のあの演技好きなんだよなあ。

あと桃李さんのお尻が拝めると思っていなかったのでラッキーです。パンイチでベッドに飛び込む姿 巻き戻して3回見てしまった
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

4.3

すごい。みんな演技がすごい。
もっくんがよかった。静かで穏やかで、でも怒りと悲しみを感じる。昭和天皇によく似ていると思う。桃李さんも頭の血管浮き出るほどの名演技。ラブ。

歴史の映画はどこまでが事実な
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

4.1

「アホでもわかる資料作りましょうか?ファイル名にアホって書いちゃうかもしれませんが」

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

Do you wanna good life?
It's not complicated. Tell the girl that you love and tell the truth to ever
>>続きを読む

雪の華(2018年製作の映画)

2.6

ヘルシンキから帰ってくる飛行機の中で鑑賞。自分が見た景色が映画の中で繰り広げられるのは嬉しい。
内容はさておき中条あやみが可愛すぎて目が離せない。無邪気って正義です。

アラジン(2019年製作の映画)

3.7

アラジンがジャスミンの髪留めをとるシーン、惚れてまうやろ〜と思った。かっこいい。ちなみにアラジンは斎藤工、ジャスミンは山本舞香ちゃんに見えて仕方がなかった。

冒頭で、あれ一人二役?と思ったんだけど、
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.1

なんの期待もせずに見たら最高だった。
🦍泣いてしまう。
🐖ママが大好き。子供たちの名前を読んで送り出すシーン好き。からの一晩でつくったスペシャルマシーンも最高。

ガッチャマン(2013年製作の映画)

1.7

桃李がかっこいい映画かと思いきや、綾野剛がかっこいいやつでした

ベラのワンダフル・ホーム(2019年製作の映画)

2.8

試写会に参加させてもらいました

いい子で真っ直ぐなワンさん🐶可愛いけど ちょっとイラッとしたりしてしまったり でも最後は泣ける〜!結末はだいたいわかってるのにね

自分じゃ吹き替えなんて絶対見ないか
>>続きを読む

真田十勇士(2016年製作の映画)

3.8

あんま面白くないんだろうな、でも桃李が出てる映画ぜんぶ見るって決めたからな、という気持ちで見たらふつうに面白かった。というか、自分が歴史が好きなのと、数字の入った名前の強い集団がめちゃくちゃ好きなのを>>続きを読む

秘密 THE TOP SECRET(2016年製作の映画)

3.0

最初の絹子の妖艶さは惹かれるものがあったけど、喋りだしたら美しさも艶やかさもあったもんじゃない。キーパーソンなはずなのに。

ストーリーとしてはたぶん面白いんだろうけど、よくわからないことがたくさんあ
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

4.6

ずっと待ってた。原作を読んでみたいと思いながら、ぼんやりしてたら映画化。結局原作は読まずに鑑賞。

タイトルってどういう意味なんだろうと思っていたけど、なんとなくわかった。小説だとまたちがう解釈ができ
>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.5

松坂桃李が出ている映画は全て見なければならないという自分ルールを作ったので見てみた。

わたしの好きな桃李さんは、スーツでシュッとしてるか、女にだらしない男なので、ジンは容姿もそのワイルドさもまったく
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.5

情報量が多い映画。日本語、英語、中国語、ごちゃまぜ。
それから渡部篤郎がかっこいいのと、渡部篤郎がかっこいいのと、渡部篤郎がかっこいい。
もちろん江口洋介もかっこいい。

アゲハのタトゥーのシーンがい
>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

3.0

ひと夏の恋の話、夏が終わるから見ておかなくちゃ、と思ったら、ぜんぜんひと夏の恋じゃなかった。
90'sの雰囲気が可愛くて最高。とりわけSpace Oddityが流れるシーンは最高が過ぎた。ありがとうボ
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

1.5

原作読んでいたので話は知っていたけど、それ以上は何も感じなかったな。

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.8

見るだけですっごい疲れたし、見終わったあと心臓がドキドキしてた。なんなのこれ、こんなのはじめて。

靖子にはわりと感情移入できて、あれは怒るよね、宮本悪くなくても怒るよね、気付いてほしかったんだよね、
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

きれいなものを見ると泣いてしまうのだけど、オープニングからずっと泣いてた。ほんとうに美しすぎて映画館で見てよかった。

ただディズニーの中でもトップクラスに好きなので台詞をほとんど覚えてしまってるが故
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ面白い!!!

映画は最初から最後まですべてPCの画面上で繰り広げられるやりとりや、見ている画面、操作だけで伝えられる。

そんなので本当に物語を展開できるのか、と疑問に思っていたけど、い
>>続きを読む

空気人形(2009年製作の映画)

4.5

「生命は
その中に欠如を抱いだき
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分 他者の総和

しかし 互いに欠如を満たすなどとは
知りもせず 知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられ
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.2

よいです。
暗く青ざめ どこか画一的に整理された内調と、陽の光が入るオレンジ色の乱雑な新聞社との、視覚から訴えてくるコントラストがよかった。
エンディングもかなりよく、あー、と思う余韻を引っ張る冒頭が
>>続きを読む

旅のおわり世界のはじまり(2019年製作の映画)

2.7

ウズベキスタンに行ってみたいなと思ったし、なんだか久しぶりに古着屋に行きたくなった。
あっちゃんの役、ツッコミどころ満載で なんだこの映画は、と思ったんだけど、もしかしたらこれが普通なのかも。言葉も通
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.3

テレビでやっていたので久しぶりに鑑賞。

自分だけがアンディのいちばんのお気に入りとして 大学行きのダンボールに入れられるシーン、他のおもちゃからしたら「 ウッディはいいよな」かも知れないけど、仲間を
>>続きを読む

>|