chocolateさんの映画レビュー・感想・評価

chocolate

chocolate

  • 223Marks
  • 2Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

-

マクドナルドにこんな歴史があったなんて驚き。

『怪物か英雄か』といったら
この主人公は『怪物』なのかな〜…笑

事業にとことん貪欲なところとか、
画期的なシステムを開発したマック兄弟と上手くやってい
>>続きを読む

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

-

ホアキン・フェニックスが主演と知り、
ワクワクして観た。

『俺はこのままで終わる人間じゃない』
事故に遭い、病院のベッドで全身身動きがとれない状態にも関わらず放った力強い言葉が印象的。

最初と最後
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。好きなシーンがたくさんあって個人的にツボな作品でした。

嘘をつくと我慢できず吐いちゃうという特異な体質を持つヒロインが名探偵の推理に付き合うなんて斬新で面白い設定!

マルタ、最初から最
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

-

『最も残虐な悪が誕生する』なんて書いてあるから、めちゃくちゃ怖いのかと思ったら全然。
むしろヴェノムちょっとおちゃめで可愛いくらい。
仲良く主人公とヴェノムうまく共生してたりして面白い。

悪の力も上
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

-

『ピーナッツバター』のタイトルに惹かれ鑑賞。


「自由になりたい」と思い何度も施設から脱走を試みるザックにも、幸せになってほしいけど立場上彼を守り施設に戻さなければならないエレナもどちらにも共感でき
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

面白かった✨

こんな、パソコンの画面上での映画は初めて観たから新感覚。新鮮で良かった。
パソコンを開いてサーチするお父さんの切迫した感じが、BGMと相まって雰囲気が上手く作られていて観ているこっちも
>>続きを読む

コードギアス 復活のルルーシュ(2019年製作の映画)

-

ルルーシュお帰り〰!
相変わらずかっこ良い。

最後はc.c.と…で、良かったけど、
いつもナナリーが可哀想に感じてしまうなぁ。
アニメでもそうだったけど、
ナナリーの一番の幸せが兄のルルーシュと一緒
>>続きを読む

グレート デイズ! 夢に挑んだ父と子(2014年製作の映画)

-

良かった。
心が温まる家族愛のお話。

いや…お父さん、元アスリートとはいえ凄すぎる…。
息子を抱えて泳いだり、自転車を漕いで、車椅子を押して走って…。
主人公の息子のチャレンジ精神も良いけど、お父さ
>>続きを読む

ラフ・ナイト 史上最悪! ?の独身さよならパーティー(2016年製作の映画)

-

いや〰面白かった!!
ちょっぴりお下品だけど…笑

独身さよならパーティーで楽しく旅行に来ていた仲良し5人組が、うっかり旅先で男性を…
破茶滅茶なパーティー旅行にハラハラしつつも大笑いしてしまった。
>>続きを読む

楊貴妃 レディ・オブ・ザ・ダイナスティ(2015年製作の映画)

-

映画で歴史を学ぼうと思い鑑賞…( ꈍᴗꈍ)

国を傾けさせるほどの美女(傾国)だった楊貴妃、主演がファン・ビンビンなのが納得。
長い映画だけど見飽きることないほどの輝かしい美しさ…!!『美』そのもので
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

-

ダークヒロイン✨いいね!
でもやっぱり最後はディズニーらしくハッピーエンドで良かった。

クルエラとエステラの演じ分けが良かった。
エマ・ストーンのあの鋭い目つき素敵。

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

-

最高に面白い!一気に観れてしまった。

スパイを陰でサポートする役目だった主人公のぽっちゃりなおばちゃまが、相棒が死んでしまい、なんと代わりに自分が現場に出ることに。

現場経験はほとんどないのに、鋭
>>続きを読む

キリクと魔女(1998年製作の映画)

-

独特なタッチのアニメーションで世界観が好き。
曲が頭から離れない〰!!

自然豊かで植物がパッーと咲くシーンや、魔女の裏山にいるおじいさんの住処など、とにかく映像が綺麗だった。
魔女やキリク、母親や村
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

実話か…温かい話だな。

大ざっぱで家族愛や友情に溢れる主人公トニーと、天才ピアニストで裕福だがいつもどこか寂しげなドク。
また、白人と黒人という境遇も性格も正反対な二人が演奏ツアーという仕事の旅を通
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

-

会社の先輩にすすめられて鑑賞。
最高!やっぱりジャック・ブラック良い!

あぁいう型破りで一見『この人が教師!?』って思われる人ほど、他の堅物な教師や保護者よりもよく子ども一人一人をみていたりするんだ
>>続きを読む

マリー・アントワネット(2006年製作の映画)

-

『パンがないならお菓子を食べれば良いのに』
で有名なマリーアントワネット。
悪い印象を持たれる彼女の、見方がそれまでとは変わる映画だった。

そして、綺麗なドレスに可愛いお菓子、華やかな宮殿…目の保養
>>続きを読む

シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢(2018年製作の映画)

-

まごうことなき素晴らしい作品。

絵画を観ているようなフランスの自然と、流れてくる音楽が相まって独特の雰囲気が醸し出されている。
そしてそれがなんとも落ち着く映画だった。

感情表現が苦手で人とうまく
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

-

良い…!!
『パプリカ 』を観て世界観に惹かれ、同じ監督の映画と知りすぐに鑑賞。

ホームレス3人組と拾われた赤ちゃんの「清子」
が起こす奇跡の連続の物語。
とにかく全員が清子に対して必死になって守っ
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

-

内容は難しくてあまり理解できなかったけど
作画が綺麗で世界観に惹かれる映画。

パプリカの声とおてんばな感じ…たまらなく好き!!可愛い子。
敦子の声と演じ分ける声優さんが凄いなぁと思いながら観れた。
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

-

前田敦子がひたすら可愛すぎる。
その時代のオシャレなファッションと、最高の選曲…!!観ていて楽しめた。
あっちゃんは何でも着こなすなぁ…。

80年代の静岡は知っている場所や地名が出てきてなんか嬉しか
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

-

しんみりとした雰囲気と音楽とは対照的な、
可愛らしいアニメーションの映画。

泣いてしまった。

車が来るたび母親が帰ってきたと飛び出す子や、父親を逮捕した警官を嫌がり、施設に訪問してくる警官に水をか
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

-

真夜中のパリには不思議なことが起こる。

少し変わっていて現状に満足していない、
パリを夢見る主人公が、1920年代のパリへタイムスリップするお話。
ヘミングウェイやゼルダ、ピカソにダリなど…
その時
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

-

若くて綺麗な俳優さんたちの演技・顔芸が凄い…!! 本気を感じる。
声枯れそう…

木渡と芽亜里のコンビは最高。
木渡の二重人格の演技分けが面白かった〰。
「キレイナオハナガサキマシタ」は何度観ても笑う
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

-

観る前は若者がカーレースでワイワイする映画かと思いきや…
刑事モノでもあり、案外重めな内容でびっくり。

クルマ好きにはたまらなそうな映画。

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

-

こ…これは、あの名作「タイタニック」の
好青年を演じていた人と同一人物なのか!?と思うくらい、レオナルド・ディカプリオの振り幅が凄かった。

お金、ドラッグ、性…欲望に忠実すぎるクズだけど、周囲を惹き
>>続きを読む

ティム・バートンのコープスブライド(2005年製作の映画)

-

ダークでちょっぴり薄気味悪いけど、
綺麗な映像美に惹かれるティム・バートンワールド。

結婚の夢を叶えられず、成仏できなかった死体の花嫁エミリーが、主人公の生者ビクターと結婚するため、死者の世界へ連れ
>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

-

アラフィフの、最高にオシャレで強くてかっこいい女性たちの物語。


歳を重ねることにポジティブな印象を与えてくれる。
最後の見栄えにこだわらない結婚式シーンが良い。
着飾ったり、幸せであることを周りに
>>続きを読む

ジョイフル♪ノイズ(2012年製作の映画)

-

以前ユーチューブでたまたま観た、
マイケル・ジャクソンの「Man in the mirror」
を歌っているシーンでこの曲を好きになり、
ずっと観たかった映画。

これだけ歌えたら気持ち良いだろうなぁ
>>続きを読む

>|