ayumiさんの映画レビュー・感想・評価

ayumi

ayumi

笑い、泣き、ハッピー、考える、そんな映画が観たい

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

4.1

本気で奔走して輝いてる女性はものすごくかっこいい。
そして、ジュリア・ロバーツの演技力と笑顔!キラキラしてる。
最後のクライアントとのハグは良かった。

これが事実だからまたすごい!本物のエリンブロコ
>>続きを読む

グッドナイト・ムーン(1998年製作の映画)

3.6

後半部分からすごく好きです。
お互いをいい形で助け合って幸せそうで、本当の家族みたいだった。
ジュリア・ロバーツだったからこの雰囲気になったんだろうなぁ。

前半、ジャッキーがイザベルに対して攻撃的な
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

3.5

ひさしぶり、下品なテッド。

Amanda Seyfriedがこんな下品な映画に出ていいのか、、こっちが不安になってました笑

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.7

自分以外の人は毎日が充実してて、楽しそうなのに、私だけはいつも空回りして悩んで悩んでうじうじしたり、親に当たったこともあったな〜。

私以外の多くの人もみんなああやってこじらせて大人になったんだなぁ。
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.4

泣きました。

メアリーにとって何が一番幸せなのか。私自身も観ながら考えてた。
遊んでる時、一方で難しい問題を解いてる時、どちらも楽しそう。

フランクは最初からメアリーを愛してくれてた。だからこそ、
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.8

初めての恋ってこれが何なのか分からなくて…。
私も最初は好きって気持ちがわからなくて、お母さんに聞いたりしてたな、懐かしい笑

笑えるシーンもあったり、楽しい試写会でした(^^)
89分と短かったから
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.7

母親ってやっぱりすごい。
どんな時でも母親でいるのって大変なのかな。子供を持っていたら、自分が母親になったら、また違う目線で観れる気がする。

お母さんにあんな風にぎゅーってしたくなりました。お母さん
>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

3.8

普通のボクシング映画じゃなかった。
ひとりの人間が大きな大きな壁を乗り越える話。
自分のことだけで精一杯で娘と引き離されてしまう。
家族のために自分を変えて、怒りをコントロールして、、、
自分を変える
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.3

演技なんかじゃない本当の親子だと思って観てました。
終わった後、「あ、これ映画なんだった。」って気づくくらい。

脱出するシーンはドキドキするし、トラックの中でコロコロするシーンも早く早く!って思いな
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.5

どんな話かも知らずにオススメされたので、観賞。

はい、泣きました。鼻水出るまで泣きました。今年一番かもしれない。
アイアムサムみたいだなとは思っていましたが、韓国アイアムサムと言われているんですね。
>>続きを読む

奇跡のリンゴ(2013年製作の映画)

3.6

この映画には出てないところでもっともっと大変だったんだろうな。

本で読んでたから映像でも観れてよかった。
阿部サダヲいいねぇ。
久石譲さんの音楽も素敵。

メメント(2000年製作の映画)

3.6

過去から現在へ話が進んでいく話。

これはこういう流れでこうしたのか〜って1人納得。

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.7

素敵な夫婦だなあ、あんな風に家にこだわって思い出のある家を持って、最後は良かったと思えるような人生にしたいな。

都会でもあり、昔っぽい雰囲気もあるニューヨークが見れてよかった。

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

3.7

大佐が部屋に入ってきて、話始める。
最初は何のことかと思いながら観ていたのに…
床下に人が隠れてると知った途端急にヒヤヒヤどうしよう、、という気持ちで観てました。

他の違うシーンでめヒヤヒヤ感すごい
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.9

ハグしてもらう宿題、すごくいい。
幸せで、安心する気持ちになるよね。
その宿題の感想がドキュメンタリーぽくってよかったです。
自分は、親に大切に育てられてるんだなと実感。ありがとう。

個人的には最後
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.9

ー死んでも記憶に生き続けるんだー

ストップモーション映画とは思えない滑らかさ。これを作り上げるのにどれだけの時間をかけたのだろう。

三味線の音色と折り紙のダンス。
海外の人が日本の文化をこういう風
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.2

今まで学校の授業で、「奴隷制度」っていう単語くらいしか知らず、実際にどういうものかイマイチ分かっていませんでした。

けれど、この映画を通じて、一部ではありますが、どれだけ酷いものか、これが実際に過去
>>続きを読む

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

4.2

恋愛映画で久しぶりに泣きました。
韓国人の友人におススメされた映画。
許しとは心の扉を1つ開けること

少しだけ恋したくなった笑

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

4.3

これはすごい!素晴らしい!
ルーニーマーラー演じるリスベットの雰囲気に完全にやられましたよ…笑 すばらしい〜!!
その影響で3日連続、全身黒の服着ました笑(影響受けやすい)

私の理解が追いつかなくて
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.9

最後電車の中で泣いた〜!!
バットマンというよりも、ブルースウェインという1人の人間の強さ、弱さ、努力、本当の意味での幸せとか、ただのアクション映画じゃないです!


ダークナイト3部作、どれも良いし
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.8

この原作のロアルド・ダールさんの本が大好きで全部読んでたなぁ!
これが映画化されて、頭の中でイメージしてたものと似てるところがあったり、違うところがあったり、色々探して面白かった!

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

3.8

完結!2015年は過ぎちゃったけど、これをもっと後の世代が見たらまた面白いんだろうなぁ!!

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

3.6

ずっと観たかったけど、観てなかった有名すぎる作品。
これが公開された時に観たかった!
どんな気持ちで観れたんだろう、ワクワクしただろうなぁ!!!

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.6

ジョーカーの狂気。
市民の1人になった気分で不安で、市長、警察、バットマンに頼りながら観てました。

急に現れたり、バットマンが首吊ってたシーンは、本当にビクッとしました。

バットマン、レイチェル、
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

4.0

バッドマンが誕生するまで。
生まれた時からヒーロー的存在なのかと思っていたけど、やっぱり普通の人間なんだ、と。

人間らしい慈悲の心、人間らしくない人たち。

引き込まれて長く感じずちょうどいい長さで
>>続きを読む

100歳の少年と12通の手紙(2009年製作の映画)

3.8

観ればわかる、100歳の少年の意味。

素敵な考え方だなって思った。
「オスカーと出会ったおかげで、私の心は一生愛に満たされます」
色使いが綺麗。青が映えてて、そこにローズのピンク、 。
フランス語が
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.5

知らないことがあったほうがいいのか、全部知ってたほうがいいのか…。
いい悪いなんかないかもしれないし答えなんてなさそう。
みんな心の何処かにぽっかり穴が開いているのかな。
卓也(菅田将暉)との物語もも
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.1

Aal izz well きっと、うまくいく
特許たくさんの人があの人なんて!
最後のシーン色鮮やかでさらにあのインドの明るい曲!
前からインド行きたかったけど、さらに行きたくなりました。

亜人(2017年製作の映画)

3.9

途中からどんどん引き込まれた。
戦闘シーン前の音楽かっこいい。
そして、佐藤(綾野剛)の肉体美。
ラストの永井(佐藤健)のシーン!!ひゃあ、かっこいい。
でも、ラストのラストのシーンはCG感が…笑
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.8

ドンの素晴らしさ。偉大さ。ファミリー優先なのかと思ったら、それ以外のことも考えてる。
静かに時間が過ぎていく感じ。
消して何も起こらないわけでもないし、むしろ、人殺されてるし。
でもなぜか懐かしくて、
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

次の展開が気になる、次の音楽は何かな、
気になって気になって前のめりになりながら観てました。
あんな最高な運転してみたいし、助手席に乗ってみたい。もちろん、刺さらないように。
約2時間の映画、すぐ終わ
>>続きを読む

アフリカン・ドクター(2016年製作の映画)

3.8

小さな村に初めての黒人。人からの信頼を得ることがどれだけ大変か。辛いこともあるけど、家族がいるから乗り越えられる。
最後の劇のシーンがとても素敵だった!

>|