ささじゅんさんの映画レビュー・感想・評価

ささじゅん

ささじゅん

大学生
点つけてるのは特に好きなやつ

映画(534)
ドラマ(13)

キングダム(2019年製作の映画)

-

吉沢亮が友達に激似で気が散った。
続編やるなら桓騎の実写化が楽しみ。

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

4.0

タイトルで損してる気がする。邦画らしさ全開で心地いい。いい画だなーって思うシーンの連続だった。

フロム・ダスク・ティル・ドーン(1996年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

人に勧めたいトンデモ映画。
序盤の最高の雰囲気とかタランティーノの熱演とかが後半全て吹っ飛びます。おもろ。

イカとクジラ(2005年製作の映画)

-

「親は2種類いる。炭酸を許す親と許さない親」ってのは分かる。

プロジェクト X(2012年製作の映画)

-

トッドフィリップス製作。
徐々に取り返しがつかなくなっていく感じが面白い。アメリカで真似する若者が続出して大きな社会問題になったとか。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

ホアキン最高。
こういう映画を作る必要がない世の中になったらいいなー。

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

-

頭脳プレーによる無血開城モノだと勝手に思ってたから人がバンバン死んでビックリした。

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

指の扱い軽すぎ笑
タイソンタトゥーからの最後のサプライズ笑

クワイエットルームにようこそ(2007年製作の映画)

-

カッコーの巣の下で。

『人を怒らせる方法』の山本くんが出てて感動した。

フラガール(2006年製作の映画)

-

キラキラ青春モノかと思いきや全然違った。時代もあるにせよ旧態依然とした保守的な地域の絶望感よ。
ハワイアンズ行こうと思います。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

4.0

悲しいなぁ。
綾野剛が素晴らしかった。
二十歳超えてもピュアでスポンジみたいな人って危険もはらんでるよなって思う。

ムービー43(2013年製作の映画)

-

スター達の戯れ。
評判悪いみたいだけど面白かった。

カン・フューリー(2015年製作の映画)

-

たまげたなぁ。
アカデミー作品賞に値すると思います。

花とアリス殺人事件(2015年製作の映画)

4.0

おまけ程度のスピンオフかと思ってたけど、しっかり面白かったし笑えた。
アニメーションも好み。

花とアリス(2004年製作の映画)

4.0

蒼井優可愛すぎだつって!つって!
言葉で説明せずに背景を想像させてくれる感じが好き。我爱你が効いてた。

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

本来ならツッコミどころになってしまう記憶の問題などを、力業で解決してるのが斬新。

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

・バレットの肉弾戦ブロリー以上のカッコよさ。
・ラフテルの綴りに驚き。さすが尾田さん。
・ロジャーってしっかり強かったのね。
・ミホークはもっと貢献しろ。刀振るのがそんなに面倒くさいんか。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

-

物語の影には作り手が隠れている。
スーザン=トム・フォード。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

観る前に史実を調べておいた方がいいってアドバイスに助けられた。ラストの余韻も、途中で出てくるマンソンも危うく分からなくなるところだった。

牝猫たち(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

面白い。
とろサーモン村田、素だったら怖い笑

「自分の目で見て自分の体温で人を傷つけてよ」

イカロス(2017年製作の映画)

4.5

知らぬが仏。
これからスポーツを見る目が変わってしまいそうで悲しい。ロシア以外の多くの国でも蔓延してるみたいだし、政治も絡んでるし絶望的だなこれ。
Netflix凄い。

死霊館(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

こういう系向いてないことがわかった。なんも怖くない。最後の方は笑うのも失礼な気がして無になってた。

夜と霧(1955年製作の映画)

-

「この地上に生きる者はすべて、この映画をみねばならない。そうすれば、すべてはもう少しよくなるだろう」これに尽きる。

>|