やまおかさんの映画レビュー・感想・評価

やまおか

やまおか

映画(821)
ドラマ(3)

劇場(2020年製作の映画)

3.0

個人的にサッキーが怖過ぎ&無理過ぎィ! と涙不可避でしたが、おな靴ナンパ、迫真のおばあちゃんプレー、真夜中のリンリンテロ、美容室襲撃に行ったら友達に説教喰らってうやむや等々、草生えポイント多数でよかっ>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

野球部3年間最後の試合でエラー、矢野君に懲罰交代させられて超ハートブレイク(多分)外野ニキのその後が気になる
「アルプススタンドにいた方がマシだった」みたいな感じの続編が観たい(震え声)

リトル・ジョー(2019年製作の映画)

3.0

犬飼い主ネキが、ちょっと噛まれたら逆ギレ爆速殺処分BBAで大草原不可避!しかし話を一気に動かすファインプレーだったんですがそれは…(震え声)
ヒロインが研究と顔面偏差値にパラ全振りという極端なキャラ造
>>続きを読む

追龍(2017年製作の映画)

3.0

終盤、敵の汚職警官ニキが「外車10台とか家2軒とか、公務員の給料じゃ絶対無理だろォオン!?」てガン詰めされて返したアンサー、「ギャンブルで勝ちました。私のあだ名はゴッドギャンブラーです」で狂おしい程草>>続きを読む

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

3.5

ラストバトルが激熱過ぎてガチ涙不可避!!!!
一夏の体験(サメに襲われまくる)で人間的に異常な速度で成長してしまうヒロインいいゾ〜
そんな感動要素と同時に、サメ映画あるあるのド畜生キャラも躍動しており
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.0

図書館PCでマッチングサイトを嗜む出会い系ホームレスに大草原不可避!
最後の全裸大投降も見応えあってよかったです

のぼる小寺さん(2020年製作の映画)

3.3

小寺さんの生き様がカッコよ過ぎて涙不可避! 
進路云々のとことか最の高!
ガンバ!の精神でワイも頑張ります!(なおgdgdメンタルの為明日には魔法が切れる模様)
あとみんなが小寺さんをガンバ! て応援
>>続きを読む

ブリット=マリーの幸せなひとりだち(2019年製作の映画)

3.0

控えめ演出ながらホロリ泣けるええ話でした!
【以下、願望垂れ流し】
ブリマリが40年磨き上げた高品質家事能力で、富裕層向けに一発当てて100万ドル弁護団を組織、離婚訴訟で不倫夫をリーガル的に成敗する勧
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

3.3

今度のマニキはガチ悪マニキ!
でもやっぱりコロコロボディとつぶらな瞳で、視聴側としては
「ワルカワE〜ッ!////」 
てなってしまうんですがそれは…(震え声)
最後の100万ドルのスマイルは大草原不
>>続きを読む

私がモテてどうすんだ(2020年製作の映画)

3.0

一週間の推し逝き絶食ダイエットで、ポチャ陰キャが美少女転生大勝利!
からの、見た目だけが全てじゃないという着地に、嫌味じゃなく爽やかな感じで持ってく巧さに涙不可避!
しかし痩せた後のE-girlsヒロ
>>続きを読む

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

3.8

やっぱりまともな人には相当厳しい魔境…政界!
常識人なだけに、政治家に明らかに向いてない小川先生の奮闘っぷりにガチ涙不可避!序盤、集会で寝てる人やスマホいじったりしてる人を数えて草生やしてホントすんま
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.0

序盤、悪役の「ちゃんと透明になってるかしら」みたいな不安と初々しさが伝わるカメラワークで無駄ほっこり(適当)
悪事も書類抜き取りとかの小学生並のイタズラから始める地道感で人柄が偲ばれました(超適当)

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.0

昨日、朝から晩まで稼働してた関係でアングスト快眠になりつつ、あらすじ言えるレベルでは起きてたのでギリセーフ(多分)
アングスト兄さんの顏芸とキャラだけで全編持たせるオラオラ系ホラーで草生える
それにし
>>続きを読む

許された子どもたち(2019年製作の映画)

4.0

長いの苦手なのでどうかと思いましたが(131分)、とんでもないド傑作で無問題! 人間の嫌なところ全部煮詰めて発酵させた感ガンギマリでホント面白かったです!!!!
本当に重い且つシリアスなテーマを扱って
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

3.5

今回は色んな師匠が出てきましたが、ステージが広かったら勝ってた師匠と清原に激似師匠で草生えました
また、序盤の中華総会で、
「このお茶を飲んだら仲間と認めるッ!」
と出されたお茶ですが、明らかに不穏な
>>続きを読む

ハニーランド 永遠の谷(2019年製作の映画)

3.0

 屋内の日中はフェルメール、夜はラ・トゥール状態の絵力ヤバ過ぎて涙&ガンギマリ不可避! ビジュアルだけでも観る価値あるレベル
 ヒロインが耳が遠いマッマに対して声を張り上げてちょっとおこな感じで話すの
>>続きを読む

キラーソファ(2019年製作の映画)

3.0

 ソファというアイテムの性質上、やっぱり座った人間を狩る系の待ち戦法クリーチャーかと思いきや、自分から歩いてアグレッシブに殺しに行くスタイルで大草原&ガンギマリ不可避!
 灯油を掛けられたソファが、マ
>>続きを読む

ワイルド・ローズ(2018年製作の映画)

3.3

 ヒロインネキが1年の服役生活から出所後、真っ先にキッズ2人の元に――――は行かず、彼氏宅へ行って駆け付け一発やるという短いシークエンスで、キャラクターを端的に描写し切ってて涙&大草原不可避!
 個人
>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー(2020年製作の映画)

3.0

野球オタとしてはソニックが速過ぎて1人9役でプレーするとかいう笑撃動画に大満足不可避
本塁クロスプレーとかも全部自分の匙加減という闇
トワイライト一作目レベルの映画史に残る野球シーンでした(多分)

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

 今年一番楽しみにしていた「ランボー ラスト・ブラッド」視聴!

 金曜晩で疲労ピーク×普段は寝てる時間(終わる時間が23時)×食後という三重苦でスリープ・ブラッド待ったなしでしたが、右手に麦茶×左手
>>続きを読む

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

3.0

老母から延々聞かされ続ける愚痴に対して、99%のゲンナリに1%の満更でもない感をスパイスにして好演するバンデラスが最の高!
さすがスペインの誇るマザコニスタ(適当過ぎる造語)、アルモドバル監督だと思い
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.0

限界疲労×暗めの画面でカイミンズ(快眠)・ゲームが完成(超適当)
スクリーンがもみあげ祭りだワッショイショイ! ていう記憶しかないです(震え声)

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.0

基本設定がもろにセブンシスターズだったので大丈夫か? とwktk…いや心配だったのですが、話の展開は捻り&とんちが効いてたのでワイ的にはセーフ(セーフ)
休日課長の意味深シーンにはマグマ不可避でした

サンダーロード(2018年製作の映画)

3.0

立てこもり犯に超プレッシャー掛けたら自殺しちゃうところは、不謹慎で申し訳ないと思いつつ大草原不可避
帰るようでなかなか帰らない芸が面白かったです(小並感)

今宵、212号室で(2019年製作の映画)

3.0

教え子グルメの性欲大魔王ヒロインが繰り広げる一夜の内省劇!
過去・現在の夫ニキと散々話し合って最後はいい形で…と思いつつ、よくよく考えてみると、ホテル行ってからは全部ヒロインネキの妄想なんですがそれは
>>続きを読む

アンティークの祝祭(2019年製作の映画)

3.3

超一流女優主演のシャレオツ映画が、こんな超超超おったまげオチで許されるのか!!!!???? レベル笑撃で、不謹慎ながら大草原不可避!!!!
神父さんも「ワイの悪魔払いが効き過ぎちまったおチャクラ全開〜
>>続きを読む

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

2.0

あまりにも豪快なタイトル詐欺一本で完敗!
このお化け屋敷、全然怖くない事に一番驚いたんですがそれは…(震え声)
もう絶対騙されないでござると固く誓いつつも、「宇宙一怖いお化け屋敷」みたいな新作が出たら
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.0

 エマ・ワトソンからの「お金は大事だよ!」ていう火の玉ストレート連発で、わたしの爆草物語が完成致しました

心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-(2020年製作の映画)

3.0

ムーや大川隆法の本が置いてある意識高い系(意味深)喫茶店に大草原不可避!
店の名前がなぜエクストラなのか、それは店主が映画エクソシストが好きだからという理由で笑い死にました

罪と女王(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

まだあと半年残ってますが、2020ド畜生オブザイヤー確定!
ていうか10年に1人レベルの超ヤバい奴が出てしまった…(震え声)
人間が素直にならない方がいい物があるとすれば、それは性欲でFAなんだよなあ
>>続きを読む

モンスター・フェスティバル(2018年製作の映画)

3.0

オマージュ以上パクリ未満ぐらいの攻めた描写ラッシュで大草原! パッケージの印象よりは遥かにまともでした!
「押して駄目なら引いてみろ」
という人生の真理が学べる啓発映画(適当)

ホドロフスキーのサイコマジック(2019年製作の映画)

3.0

 アートから出発した心理療法というギリギリアウトな気もするセラピー、プラシーボガンギマリで全快する人もいれば、逆にメンタル完全崩壊する人もいそう
 ホドロフスキーが意外にワガママボディでおったまげでし
>>続きを読む

あなたを見送る7日間(2014年製作の映画)

3.0

 熟女のヒモで甘えんBOYな末っ子とかいう最強属性アダムドライバーにガンギマリ不可避!
 中途半端なマッスルボディから繰り広げられる奇妙ムーヴに草生えまくり!
 アダムドライバーはある意味どんな役でも
>>続きを読む

ザ・レポート(2019年製作の映画)

3.0

 今度のアダムはハーバード卒公務員ドライバー!
 ひたすら報告書書きまくる地味な映画でしたが、終始アダムドライバーがガンギレ早口捲し立ててて、オタ的な満足度で何とか乗り切れました
 しかしCIAのド畜
>>続きを読む

マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)(2017年製作の映画)

3.0

 ダスティンホフマンに演じるド畜生パッパによるキッズ達に対しての愛情差別で涙&分かりみ丸不可避!
 アダムサンドラーが、大学生の娘がいる年齢だけど働いた事無し、運転ド下手、何故か短パンという難役を熱演
>>続きを読む

アウトブレイク(1995年製作の映画)

3.0

 感染源追跡でダスティンホフマンが辿り着いた役所で出てくるパナニデスさん、鍵を握るのは沿岸警備隊!親しい人おる?て質問に、
「親しいわよ――奥さん以上にね(意味深)」
 ていう不倫匂わせ大勝利スマイル
>>続きを読む

>|