しゃらさんの映画レビュー・感想・評価

しゃら

しゃら

ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

3.5

今の時代の映画とは違い、娯楽の対象だった時代の映画の黄金期と呼べる時代に映画撮影会社で起こった珍事件をストーリーにしたコメディチックで面白かった。日本で言う三谷幸喜作品に似た感じを持った映画だった。>>続きを読む

マギー(2015年製作の映画)

3.3

今までアクション映画の出演が多いアクション派俳優のシュワちゃんが俳優としてのシュワちゃんの演技が見える映画だった。ゾンビ映画なのでホラーアクションをイメージしていたが終始暗く悲しい映画だった。
だがア
>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.6

リーマンショック、世界金融危機を予測した四人の物語で実話というノンフィクション映画で人々はバブル期に入ると勝手にこの期の終末を見失う、その中でこの終末を予測し保険をかける物、この終末を儲けにする物、警>>続きを読む

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.6

信頼、信用と確率と金・・・
株式市場はリアルタイムで変わり続けている中にテレビ番組という影響力の大きいメディアでフォーカスを当ててバラエティのごとく進行して行くというまず日本ではありえないようなことに
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.6

気持ちタイトルアベンジャーズでもよかった気がするが内容はキャプテンアメリカの続きなのでキャプテンアメリカシビルウォーであってる
人気マーベルの対決!いうなれば大乱闘スマッシュブラザーズ的な感じの映画だ
>>続きを読む

サバイバー(2015年製作の映画)

3.3

ジェイソン・ボーンのような主人公が追われるアクション映画をいろいろ見たがサバイバーほど運のいい主人公はいないと思える映画だった。こんなに強い外交官は見たことがない。
バイオハザードのアリス×007のジ
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.7

どんでん返しの繰り返しマジックで言うトリックからの種明かしをしつつ次のトリックを仕掛ける。まさにハッカーも同じだ。
序盤中盤まではよくあるミステリーで自分も大体仕掛けを見つけ出したが終盤でどんでん返し
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

3.7

ロッキーの番外編、相変わらずアツくなれる映画だった。
ロッキーは昔に見たことがあるがこれ以上スポーツにアツくなれる映画はないと思ったが今回のこの映画はロッキーを違う視点から見てアツくなれるしクリードか
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.6

007とはまた少し違う、昔のスパイ映画を現代風にアレンジしたような映画だ。
007、ジェイソン・ボーン、エージェント・ライアン…数々のスパイ映画があるが大抵のスパイ映画は一匹狼的な主人公が多いがこの映
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.6

スタイリッシュかつワイルドなアクション映画、戦闘シーンが見ものの映画だった。
かつてデンゼル・ワシントンのイコライザーのようなスタイリッシュアクションとリーアム・ニーソンのランオールナイトをハイブリッ
>>続きを読む

ミケランジェロ・プロジェクト(2013年製作の映画)

3.4

人間を失っても直に増えていくが芸術的遺産を失えば後は灰が舞うだけだ。
スーパー・チューズデーなどジョージ・クルーニー監督する映画は当時の社会情勢にフォーカスを当てたり政治絡みの映画が多いが、今回この映
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.7

ウォルター アイザックソンのスティーブ・ジョブズを映像化した映画だった。
2013年のジョシュア・マイケル・スターン版スティーブ・ジョブズを見て以来からウォルター アイザックソン版スティーブ・ジョブズ
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ここまでモラルの欠片もないサイコな悪役はいない
見ていて気持ち悪くなる映画だがこの主人公役のジェイク・ジレンホールの演技力は秀逸だった。
泥棒として生計を立てていた主人公がフリーの映像ジャーナリストの
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.9

一生に一度の狂った人生を楽しめ
劇場前の予告で何度この映画の予告を見たものか、監督はBTTFでおなじみのロバード・ゼメキス監督
映画は終始主人公の語りがけから物語が進んでいく、今はなきワールド・トレー
>>続きを読む

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

3.7

アメリカFBI史上最悪の汚職事件、なぜこの男はここまで組織を成長、拡大させFBI10大最重要指名手配されたのかがわかる家がだった。
アメリカの70年代80年代はギャング抗争激化などのまっただ中、アメリ
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.7

ゲイリー・オールドマン、トム・ハーディ、コリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチなど豪華俳優陣が冷戦下の時代英国諜報部サーカスの中にスパイが入り込んでいるので探して欲しいと頼まれた老人スパイ(ゲ>>続きを読む

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)

3.6

最近の邦画アクションは何となく今一つな作品またはあまり多くはない中この映画はなかなかおもしろかった。
ドラマシリーズのセカンドシーズンを見て面白いと思いファーストシューズを見ようと思っている最中劇場版
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

3.6

人生糞まみれ!
TEDは久々ここまでど下ネタを入れてくる映画を見たと思ったが今回も期待を裏切らずど下ネタがすごかった。
また全開以上にパロディ感が増して映画好きならより一層面白い映画だと思う映画だった
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

3.5

終始映画に出てくるトラックが人間が運転しているように見えないなんとも言えない不気味な感じが良かった。
未知との遭遇やETのような未確認生物のような感じを醸し出しているトラックが怖かった。
車を運転した
>>続きを読む

スペース カウボーイ(2000年製作の映画)

3.8

老人バージョンのアルマゲドン
若い頃からアメリカ初の宇宙飛行士を目指して空軍でやってきたがその計画は頓挫し後に退職した主人公が約40年後に当時主人公が作ったシステムが故障したので再びシステムを復旧サせ
>>続きを読む

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

3.9

冷戦時代を裏の立役者が緊張状態のソ連、アメリカとのスパイ交換事件のことを題材にした映画で終始緊張感の漂う映画だった。
この男がいなければソ連、アメリカで捕虜で囚われていた者達は二度と祖国に変える事がで
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

亀の甲より年の功、松かさより年かさといったことわざがあるとおり歳を取るにつれて人生の攻略法が見えてくる、人生経験の豊富なメンターに聞き耳を立てて人生の攻略、ライフハックをしていかなければならないと思っ>>続きを読む

フロスト×ニクソン(2008年製作の映画)

3.5

ウォーターゲート事件といえばニクソン大統領ということは知っていたが後のフロスト×ニクソンの対談で謝罪されたのは初めて知った。
先の読めないフロストと完全に強敵のニクソンとの衝突する対談のシーンがとても
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

3.4

自由のために生きる。
SF映画とおもいきやコテコテのアクション映画
感情を薬により抑制され戦争も殺害もない世界で反乱者を抑止する警察的組織のトップが有る起点を共に感情を持ち反逆者となる
人間持ってして
>>続きを読む

カリフォルニア・ダウン(2015年製作の映画)

3.6

以前に2012やデイ・アフター・トゥモローなどのパニックものの映画を見たがこの映画はこの先現実となりうるものを多少、映画なりの迫力ある演出がある映画だった。
大地震でのビルの崩壊や大津波で橋が崩壊する
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.9

昔のアメリカの暗い雰囲気をそのまま感じ取れる映画だった。
ロバート・デ・ニーロのダンディさと違い昔のデ・ニーロはハンサムでかっこいい、だがその反面主人公の狂気さや恐怖を感じる演技はすごかったことがわか
>>続きを読む

プロミスト・ランド(2012年製作の映画)

3.8

どこの大企業にもある真実とは異なること、営業マンやセールスはそんなことを消費者には言って営業はしない。
主人公のマッドデイモンは最初は良い方向に契約、仕事が向かっているとおもいきやどんどん壁際に追い立
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.9

前作のレザボアドックスを上回る面白さ、タランティーノの代表作と呼べるこの映画はとても良かった。
前作の映画のようにタランティーノ独特の時系列の違い、血の気の多さ、ブラックユーモアとともにエロティックさ
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

3.9

タランティーノの処女作、以前にジャンゴとイングロリアス・バスターズを見たがこの映画も面白かった。
最初からタランティーノ全開で凄い面白かった。
ストーリーは非常に単純な映画だがタランティーノらしい時系
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.2

衝撃の結末、人間の儚さ惨めさがわかる映画だった。
ハリウッド版のオールド・ボーイを見ようと思ったが韓国版のほうが面白いらしいので鑑賞、ある日をさかいに15年間何故か換金されていた主人公がある日開放され
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

3.9

流石タランティーノ作品!前作、イングロリアス・バスターズでは悪役であったクリストフ・ヴァルツが今回ではメインとしてでいたが悪役が強いヴァルツのまた違った役が見れて面白かった
西部劇×奴隷制度×コミカル
>>続きを読む

ザ・レイド GOKUDO(2013年製作の映画)

3.6

THE バイオレンス・アクションという感じの映画だった。
日本で言うヤクザ物(Vシネマ)とかジャッキーのようなああいうカンフー映画とはまた違い、バイオレンス多めのアクションかつストーリーはマフィアの内
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.9

タイムトラベル物の映画の常識をくつがえす全く新しい映画。ルーパーに近いところもあるがそれとはまた別物の映画だった。
序盤から中盤にかけては物語とは全く意味が無い茶番の話かなと思ったがここが一番大事です
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.6

THE現代の日本の映画だと思った。
最近の高校を題材とした映画はゴリゴリの青春物やホラー系の映画が多いがこの映画は青春物だがそれに関係なく楽しめる映画だった。人間関係があっての人生で高校時代は青春真っ
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

3.8

レオンの監督で有名なリュック・ベンソン監督の前の作品、ニキータはレオンに近き映画だった。一人の少女が警官殺しの殺人を犯し無期懲役になるが見返りに政府公認の暗殺者になることで無罪放免とはならないがスパイ>>続きを読む

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

実話を元に作られた物の映画としてはなかなか面白かった。
実話系の話になると最終的に主人公はデッドエンド(死んで終わり)のものが多いが流石ジェイソンステイサム、ステイサムの映画はスタイリッシュかつ無敵な
>>続きを読む

>|