桜子さんの映画レビュー・感想・評価

桜子

桜子

パラード(1974年製作の映画)

4.0

観ている間、ずっと笑顔になっていたような気がする♪
セリフらしいセリフはほとんどなく、ストーリーらしいものもない。
音と映像で楽しむ映画。
ひたすらサーカスの風景を観ているだけなのですが、いつの間にか
>>続きを読む

軽い男じゃないのよ(2018年製作の映画)

3.5

男女の立場が逆転するドラマ。
おもしろかった。
私の父が男尊女卑の激しい人だったため、男の子になりたかった子供時代を経てきたので、よくこんな世界にならないかなと想像していました。
かと言って本当に男に
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.5

痛快アクション&コメディ。
アクションがかっこいい。
主人公は岡田さんなんだけど柳楽優弥のインパクトがここでもハンパない。
何にも考えずに楽しんで観ることが出来ました。

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

私は映画が趣味になってから親に感謝するようになりました。
それは映画にはあまりにも酷い親がよく出てくるから。
この映画は特に。
異常な親のせいで苦しめられてきた娘が2人も登場する。
木村佳乃、すっごい
>>続きを読む

ねことじいちゃん(2019年製作の映画)

4.0

穏やかに時が流れる。
猫好きも、おじいちゃん、おばあちゃん好き、田舎の風景好きもほっこりできる映画(^^)

猫の撮り方がすごく素敵。
それもそのはず。
監督が岩合光昭さん!
猫を撮らせたら右に出るも
>>続きを読む

任侠学園(2019年製作の映画)

3.5

「社会奉仕がモットーの全員善人のヤクザ?学校を再建?あり得ん。それってヤクザとは言わないと思う。」

そんなツッコミ精神から観たこのドラマ。
ヤクザ映画というよりはコメディ。
タイトルでそれはわかるけ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

世間知らずで精神が幼い主人公。
それもそのはずで彼は子供の頃に誘拐され25歳までシェルターに閉じ込められていたから。
しかもクマのキャラクターが活躍する幼児向け番組だけを観て育っている。
彼にとってブ
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

実は今日の今日まで見ていませんでした。
何で今更?な感じで今日(2021年6月25日)ようやく鑑賞しました。
人間ドラマであり、ファンタジーでもあり、サスペンスでもある。

全体的に纏う雰囲気は重苦し
>>続きを読む

殺したいほど愛されて(1984年製作の映画)

2.5

懐かしい。
レンタル落ちのビデオが何故かうちにあって鑑賞。
タイトルにまずツッコミを入れたい。
この内容だと殺したいほど愛してるでは?と思っちゃいました。

可もなく不可もなし。
普通に面白い。
ナス
>>続きを読む

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

4.5

私はどうやら田舎でひっそりと素敵なスローライフを送るご老人に弱いようだ。
ターシャ・テューダーさんはすごく穏やかで澄んだ瞳のおばあさん。
魅力的なおばあさん。

絵本は何度か手に取ったことがあるけど、
>>続きを読む

ラストベガス(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

おじいちゃんたちのバチュラーパーティ。
ラスベガスで最後のバチュラーパーティーと言うことで、ラストベガス。

ダイアナ、嫌いだわ〜。
一見、いい女風だけど私からするとスッゴい嫌い。
勿論、結婚を数日後
>>続きを読む

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

3.5

予備知識を持たずに見た。
後から原作がないか調べてみたら現役のアイドルが書いた小説を元にしたらしい。
もがいている若者をリアルに表現された作品。
しかも芸能界の汚い面を赤裸々に描いている。
アイドルが
>>続きを読む

おいしい家族(2019年製作の映画)

3.0

ちょっと風変わりで、私にはついていけてなかったかも(--;)
全然、理解出来てない。
かと言って面白くないかといえば面白い。
変な魅力があって観ちゃう。

主人公の父親が主人公の母親の死後、母親の服を
>>続きを読む

天国にちがいない(2019年製作の映画)

4.0

この監督の作品は実は初めて観る。
もしかしたら好き嫌いが綺麗に別れる監督かなぁと言う印象。
一緒に観ていた家族は「訳解らん」と途中で離席。
でも私は好きです。
オープニングから「おいおい😦」って笑える
>>続きを読む

タルーラ 彼女たちの事情(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

母性がテーマの映画。
主人公タルーラの母性。
彼氏ニコの母親マーゴの母性。
赤ん坊マギーの母親の母性。
みんな違った形の母性です。

驚いたのは主人公のタルーラの行動。
いくらネグレクトされてる子供だ
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

-

途中でいきなり昔の高校生が踊り出したところでドン引きしてやめちゃいました(--;)
こういう演出、苦手。

気にはなる題材なのでまた気が向いたら観るかも。

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

アメフトの才能がある黒人の少年ビッグマイク。
なのに生活環境が悪いためにそれを開花することが出来ずにいた。
でも裕福な白人家族が寒さに振るえながら体育館に行こうとしている彼を見つけ優しさから自宅に泊め
>>続きを読む

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

4.0

短編アニメ。
台詞が一切ないし、色合いも少ない。
時間も僅か12分ほど。
銃乱射の被害で突然、娘を亡くした両親の思いが伝わってきます。
台詞がない故に一つだけ出てくる言葉が胸に染み入りました。

両親
>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.5

モデルになったバンドにはどちらかと言うと興味がなかったはずなのに何故かこの映画は気になって視聴。
面白かった。
ウチも妹の方が何でも出来るので桃李演じるお兄さんの気持ちが少しはわかる。

観た後は前向
>>続きを読む

8月のクリスマス(2005年製作の映画)

4.0

観たのはもう10年以上前なので韓国版と記憶が混じっているかもしれませんが、大好きな作品です。
余命宣告を受け入れた男性の話。
でもその設定の映画にありがちな「ほら、泣け!」的な押し付けがましいシーンは
>>続きを読む

八月のクリスマス(1998年製作の映画)

4.0

山崎まさよしさんのリメイク版を先に観ました。
リメイク版が好きだったので原作の方も。
リメイク版も大好きですが更に好きです。
主人公の優しさ。
ゆったりした世界観。
お互い好意は感じるのにガツガツして
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

話題になったので友達が泊まりに来た時、一緒に見る羽目に(--;)
実はホラーが大の苦手です。
けどホラーが苦手な私でも観ることが出来ました。
ホラーと言うよりコメディ。
伏線をきっちり回収し、意外な結
>>続きを読む

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

好きな作家伊坂幸太郎さんの原作を元にした映画。
最初は謎で始まる。
何でこの男は辞書をプレゼントするだけのことで書店を襲撃なんかするんだろう?って。
少しずつ謎が説かれていき、全ての伏線がつながって最
>>続きを読む

バーバー吉野(2003年製作の映画)

2.5

初っ端に登場する同じ髪型の少年たちの髪がツヤッツヤで眩しいです。
同じ髪型、スモックで歌う姿は怪しい新興宗教か。

もたいまさこさん出演の映画は私にとってハズレ無し…と思っていたけど面白いながらもモヤ
>>続きを読む

映画 鈴木先生(2012年製作の映画)

1.0

予備知識なしで見たけど訳分からない。
何かしんどかった。

追記
これ書いた後に皆さんのレビューを拝見したらドラマありきの作品なのですね。
でもドラマ、見たくならなかったな。
自分には合わないのかも。

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

重い…。
あらすじには実話を元にしたと書かれていますが、観ていて苦しくなってくる。
いつも健康的な役柄の多い長澤まさみさんが毒親を演じているのが衝撃的でした。
最低な母親。
働かない。
借金をする。
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公は何も悪いことはしていないのにどうやっても警官に殺されてしまうループに陥る。
最初は変わった臭いのタバコを吸っていただけで息が出来なくなるほど強く首を押さえられて死ぬ。
死んだところで目が覚める
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.0

大好きな作品。
原作は漫画らしいですが残念ながら未読です。
なので原作に忠実に作られているかどうかは分かりません。

三姉妹には母親の違う妹がいたと言うお話ですが、全員、個性的で魅力的。
几帳面で真面
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

1.5

前半がしんどくて実際の時間よりも長く感じた。
パットもティファニーもイタくて…。
2人で「解る」と言い合ってるけど、私には彼らの「解る」がさっぱり理解できなかった。

2人共…いや、登場人物みんなが喚
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.0

バカバカしくも楽しかった。
私も父が大嫌いでした。
けれどガンで亡くなりました。
亡くなってから嫌いじゃなかったんだとつくづく思い知らされ、色々後悔しています。
彼女は本当に亡くなってしまう前に気づけ
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

大阪、京都が舞台だから出演者が関西弁を話すんですが皆さん、ネイティブではないのかアクセントが妙でネイティブな私はモヤッとします。

でもまぁ、それは置いといて非常に面白かったです。
実在したグリコ事件
>>続きを読む

引っ越し大名!(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

実在する大名がモデルになったお話で、大名が引っ越しすることの大変さが分かる映画でした。
なのにコメディでクスリと笑える。
いつもカッコいい役柄を演じている高橋一生さん、向井理さんが変な役をやっているの
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.5

ふたつの実話を組み合わせた映画です。
家族写真を撮る主人公と震災で汚れたどこかの家族の写真を洗浄する人たちのお話。

浅田家の写真集は観る人によって賛否両論ありそう。
薄っぺらいと批判する人もいるかも
>>続きを読む

グラスホッパー(2015年製作の映画)

2.9

え…エグイ…。
苦手なジャンルだった(--;)
菜々緒さんが出てるのが切っ掛けで観ました。
ブチ切れ悪女っぷりが似合いすぎてて怖い。
マリーゴールドの優しい演技も好きなんだけど、菜々緒さんはやっぱりキ
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

2.5

記憶を失うとかありがちな話だけどまあ、楽しめた。
記憶を失ったからって最低最悪の性格が真逆に良くなるかなぁ。
子供の頃から嫌われ者な性格だったのにあんなに良くなるかがすっごく疑問で始終それは気になって
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.5

半沢直樹が好きな人なら好きかも。
私は基本、予備知識を入れずにサムネの雰囲気やタイトルで見る事が多いです。
今回も予備知識なしに鑑賞。
俳優さんの影響も多分にあるけど半沢直樹を彷彿とさせる雰囲気だなぁ
>>続きを読む

>|