りょーたさんの映画レビュー・感想・評価

りょーた

りょーた

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

4.5

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームを
観たのでMARVEL映画を
制覇しようと思います
時系列ぐちゃぐちゃかもです…
(前の3作品は観ました)

まずは観たことない
マイティ・ソーから
かっこい
>>続きを読む

マザー/アンドロイド(2021年製作の映画)

2.5

期待しすぎた……
決してつまらなかった訳ではない
クロエ・モレッツ出演映画は
当たり外れが結構激しいですね
無駄遣い感がありました 微妙でした…
演技はさすがです!
ロボットが暴走する映画
アイ,ロボ
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

4.5

実話に基づくかもしれない物語がいいね

メイン人物みんなポジティブ
皆やりたい事やり忘れた事をやる

レオナルド・ディカプリオ

ジェニファー・ローレンス

ケイト・ブランシェット
豪華すぎました
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.5

スパイダーマンの強さ 敵の強大さ
舞台の国 街の壮大さ
前回のホームカミングより
パワーアップされてて
何よりメインキャラとして
ジェイク・ギレンホール出演してたのが
驚きました どんな役でもハマる
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.5

登場人物多くて
覚えるのが大変……ですがそんなより
考察するのが楽しい 全員が怪しい
キャストが素晴らしい
推理映画だけど
硬っ苦しくなく観れました
推理映画好きな方には
おすすめです

続編のナ
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.5

1つ1つのセリフが
重要で少しでも聞き逃すと
内容や人物がわからなくなって
トンチンカンになる かなり重要です
俺みたいになります

殺し屋の映画なので
銃の構え方 撃ち方は少し
ジョン・ウィックを連
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

2.5

ホラーかと思って観たら失敗した
あんまホラーじゃない
そっくりさんの声や表情が怖いだけ
めちゃめちゃ考察必要な映画でした
個人的な考えですが
ホラー映画で考察はいらないかな……と
思いました サラッ
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

4.5

トビー・マグワイアの
スパイダーマンと
アンドリュー・ガーフィールドの
アメイジング・スパイダーマンの
2作振りにスパイダーマンを観た

スパイダーマン ホームカミングを
初めて観ました
スパイダーマ
>>続きを読む

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

3.5

オスカーは家族や仕事の為に
薬物から足を洗って
やりたいことを探していた矢先
オスカーが警察官に射殺された
2009年 1月1日 最近の事件

友達と笑いあって
電車の乗客達とも和気あいあいとして
>>続きを読む

イベント・ホライゾン(1997年製作の映画)

2.5

エイリアンとか見慣れたから
こういうのもいいね
なにかわからない物がかなり怖い
1997年の映画にしては
宇宙空間のCG映像綺麗でした
そこに金かけ過ぎたのか他はB級っぽさが
出てて残念でした
銃と
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

3.0

怪物の姉妹の姉がブチ切れて徐々に
迫ってくるシーンかっこよかったですね まさに無双 バスのシーンは見物
やっぱり怪物でも拷問は胸糞
可哀想になってくる
あの終盤らへんの結末は
よろしくない かなりマ
>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.5

女性が観ても男性が観ても
子供がいる女性は共感できる所が
あると思うし
男性が観ても女性の大変さが
わかる作品だと思った
彼女いるとか奥さんいるとか関係なく
みんなに観て欲しい作品

ベビーシッターの
>>続きを読む

震える舌(1980年製作の映画)

2.5

ホラー映画と調べると
何故か「震える舌」が出てくる
観てみた 幽霊や怪物もの
殺人鬼が出るホラーではない
病気の怖さがリアルにわかる
子役の演技が生々しかったり
それもホラーか…途中の母親の行動
子供
>>続きを読む

レッド・ライト(2012年製作の映画)

3.0

超能力者とイカサマを見破る
物理学者の対決面白かったのに
ある大事な場面過ぎてから
ずっと平行線のままで
派手な演出なのにずっと平行線
それなりに頭使わないと
謎が解けないタイプの映画でした
これはリ
>>続きを読む

七つまでは神のうち(2011年製作の映画)

2.0

最初は時系列バラバラで
意味がわからなかったけど
最後全ての真実がわかったとき
胸糞でしかない 辛すぎた
結局最後も自分の事だけ
子供たちの演技が上手すぎた

ラブレス(2017年製作の映画)

3.5

登場人物のほとんどが
最低な人たち
始まらから終わりまで
こんな不快な映画もあんま無い
この映画の季節は冬で
ほとんど雪が降ってる
雪のように
冷たい映画という意味があるのかな
登場人物のほとんどが雪
>>続きを読む

ブラッド・インフェルノ(2017年製作の映画)

1.0

誰1人として
美人女優が出てなかった 演技も酷い
それだけなら我慢できたが
1番メインのグロいシーンに
光当たり過ぎだしカメラアングル下手だし
なんのこったかわかりませんでした
クライモリか悪魔のいけ
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.0

POV 一人称視点で
物語が進んでいく為
酔うか心配でした…が
意外と平気でしたね
ビックリ要素は盛り沢山でした
しかし祖母の動きが予測不可能
オチが意外や意外で少し驚きました

M・ナイト・シャマラ
>>続きを読む

7500(2013年製作の映画)

1.5

清水崇監督 =ホラーがいいのに
ホラーだけど間違えてる 色々と
ひどいですね 怖くないです

ノウイング(2009年製作の映画)

3.0

このラストが評価が微妙な理由ね…納得
みんなが言ってるように
最後の最後が残念ですね
キャスト調べたら
クリス・ヘムズワースの弟
出演してた イケメン

ミック・テイラー 史上最強の追跡者(2013年製作の映画)

4.5

1989年から1993年の
4年間オーストラリアの
ニュー・サウス・ウェールズで
起きたバックパッカー連続殺人事件を
基にした映画みたいですね

テキサス・チェーンソーを
観た時の恐怖感 絶望感を味
>>続きを読む

EVA エヴァ(2011年製作の映画)

3.5

終わり方は予想できてしまうが
泣きたい方にはおすすめです
泣けました
「目を閉じたら何が見える?」って
セリフいいですね
ロボット映画系だと
ターミネーターもそうだけど
皮膚を切り取るシーンは
とて
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

ジェイク・ギレンホールの方の
ギルティを最初に観たけど
ジェイクの方では途中途中カメラ越しで
電話の奥で広がってる光景が見えたり
序盤の方で
同僚に「失礼な態度をとってすまない
後でビールでも」的な会
>>続きを読む

ファウンド(2012年製作の映画)

4.0

ラスト数分暗闇から聞こえる2人の悲鳴
どんな殺され方をしてるのか見せない
油断したところでしっかり
予想外すぎる死に方をしてて
前半 中盤に見せてきた映像なんか
比にならないくらい斬新で
それでいてグ
>>続きを読む

ザ・ターニング(2020年製作の映画)

3.0

なんだろ これ……
何故かめちゃくちゃ怖い
後味悪い
主人公が狂っているのか
ホラー映画じゃ珍しい色々な
考察をしてしまうラストでした

スパロークリーク 野良犬たちの長い夜(2018年製作の映画)

2.0

知ってる俳優さんが1人出演してるけど
映像が暗いから何処に映ってるか
わからない 見えない
ほとんどが倉庫の中だけで話が進む
最初は面白いかもって観てたけど
話が進むにつれて地味になっていく
そっから
>>続きを読む

愛という名の執着(2019年製作の映画)

2.0

途中までは実際にありそうな話で
執着した人間って怖い
ただ話の展開が悪い方の予想外でした
ずっと執着するサイコパス主人公で
よかったのに……

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

4.0

ガイ・リッチー監督と
ジェイソン・ステイサム
16年振りのタッグ映画

ジェイソン・ステイサム
相変わらずの文句なしアクション

最初は内容が複雑で
ごちゃごちゃになります…(俺だけかも)
ただアクシ
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

コメディ映画は苦手ですが
トゥルーマン・ショー観れました
SF要素が強めですね
ずっと世界に放送されてる感じを
出す為にカメラのレンズ越しに
所々映し出される それがリアル
トゥルーマンが気付かないよ
>>続きを読む

消えない罪(2021年製作の映画)

3.5

サンドラ・ブロック主演です
病んだような疲れた表情をする演技は
圧巻ですね
罪を償っても
世間からの冷たい視線 非難が
悲しくなる
題のまま『消えない罪』
途中の「ダメな人間でも元に戻れる」
その言
>>続きを読む

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

4.0

スタンリー・キューブリック作品

R・リー・アーメイが出演してた
相変わらずの鬼畜の鬼

死ぬほど辛い訓練 辛い経験
どれだけ頑張っても結局は仲間が死ぬ
数分前 数時間前に
笑ってた仲間たちが目の前
>>続きを読む

Two(2021年製作の映画)

1.5

目を覚ますと
2人の男女の腹部が
融合されていて……って話
ムカデ人間はお尻と口だけど
一緒の類いのくっつけた系の映画
なんでもありですね
とても微妙でした……

メアリーの総て(2017年製作の映画)

4.0

18歳で「フランケンシュタイン」を
書き上げた女流作家
メアリー・シェリーさんを
ダコタ・ファニングの妹
エル・ファニングが演じてる映画
現代とはかけ離れた19世紀イギリス
エル・ファニングが違和感な
>>続きを読む

>|