金正恩さんの映画レビュー・感想・評価

金正恩

金正恩

ジャンヌ・ダルク(1999年製作の映画)

4.0

ジャンヌダルクの伝記映画。
リュックベッソン監督作品。
ジャンヌダルクの幼少期から火刑に処されるまで生涯全てを網羅するストーリー。

史実のジャンヌダルクは高潔にして純真な心を持ち心身共に健全で死の直
>>続きを読む

バルカン・クライシス(2019年製作の映画)

4.0

コソボ紛争が舞台のロシア映画。

セルビアが敵という設定がほとんどのユーゴスラビア紛争映画では珍しくセルビア側の作品。
NATOの空爆とアルバニア人による民族浄化に苦しめられるコソボにロシア特殊部隊が
>>続きを読む

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

3.5

遊星からの物体Xの前日談。
物体Xを掘り起こしてしまったノルウェーの調査隊が壊滅するまでを描いている。

物体Xの造形は絶妙にクオリティーの低いもののまあまあグロくてそこそこ満足。
まあこんなもんかと
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.5

あらゆる作品に影響を与えた伝説のSFスリラー。

何と言っても物体Xの造形がすごい。
CGが無い時代に作られた精巧な模型の完成度が高くてとにかくグロい。
寄生獣、鋼の錬金術師など数々のマンガにインスパ
>>続きを読む

わたしは生きていける(2013年製作の映画)

3.5

終末世界のボーイミーツガール。

ロンドンがテロリストに核攻撃され政府は転覆し英国各地はゲリラが跋扈する修羅の国になるという設定。
でもやってる事はただのラブロマンス。しかもティーン向け。
ハードな設
>>続きを読む

囚われた国家(2019年製作の映画)

4.0

異星人に対するレジスタンスを描いたSF映画。

アクションと呼べるような派手なシーンはほとんど無くて静かにジワジワと進んでいくスパイ映画のような作り。
中盤までは主要キャラの考えが全く分からずモヤモヤ
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

4.5

ディストピアSFアクション映画。
ダークナイトと並んでクリスチャンベール主演作品の双璧だと思っている。

ブラッドベリの華氏四五一度みたいな文化を破壊する事で秩序を保つディストピアの世界観がすごい。
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.5

ファンタジー謎中華カンフー映画。
MCU第25作目。

監督含めてメインがほとんど全員アジア人の作品。主題歌もRichBrianだし。
なんかすごい時代を感じる。舞台はサンフランシスコとマカオと謎中華
>>続きを読む

モンタナの目撃者(2021年製作の映画)

3.5

追われる少年を助けるという西部劇から擦られたお決まり展開のアクションスリラー映画。
テイラーシェリダン監督作品。

面白くはないけどつまらなくはない。普通。
それなりのアクションとある程度の銃撃戦がパ
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

4.0

怪奇系ホラーでありスリラー映画。
シャマラン監督作品。

1時間で2年が過ぎる島という要するに浦島太郎と同じ設定。
ありきたりなシチュエーションだが見せ方が上手くて引き込まれた。
ひとつのシーンに集中
>>続きを読む

アルカディア(2017年製作の映画)

3.5

カルト系SF映画。
監督の2人が主役の兄弟を演じている。

割とありがちなストーリーだけどたまにハッとする撮影や演出がある。
セリフの無いちょっとしたカットが面白そう感を出している。

とはいえ素人感
>>続きを読む

月世界旅行(1902年製作の映画)

3.5

世界初のSF映画。
ストーリーがある映画としても黎明期の作品。

大砲で月に行って現地住民と戦って帰ってくるだけのシンプルなストーリーなので、モノクロのサイレント映画でも理解しやすい。
撮影方法は舞台
>>続きを読む

Z Bull ゼット・ブル(2018年製作の映画)

3.5

サラリーマンバトルロワイヤル系のゾンビ映画。

冒頭から十数分の導入パートは良かったんだけど後半になるにつれて段々とつまらなくなってくる。
行き当たりばったりでそういえばコイツら何したいんだっけってな
>>続きを読む

Z Inc. ゼット・インク(2017年製作の映画)

4.0

クッソくだらないゾンビ映画。
サラリーマンのキチゲ爆発からの社内バトルロワイヤル系。

8時間で治る時間限定のゾンビ化ウィルスが蔓延しているという設定。
ゾンビ化中は心神喪失のため責任能力無しとして人
>>続きを読む

アンストッパブル(2010年製作の映画)

4.0

実話題材の映画。トニースコットの遺作。

ブレーキかけ忘れで機関車が暴走するっていう実話が既に面白いんだけど実話からかけ離れないように映画として脚色してあって更に面白くなってる。
主人公達がベテラン2
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

4.5

マッツミケルセンがアル中カラカラになる映画。

人間の血中アルコール濃度は0.05%が理想というバルマーピークみたいなトンデモ理論を信じた学校の先生達が昼夜構わず飲みまくり酒で失敗しまくるストーリー。
>>続きを読む

スペース・プレイヤーズ(2021年製作の映画)

3.5

ワーナーブラザーズ作品のクロスオーバー的な映画。
NBAのレブロンジェームズが主人公。スペースジャムの続編。

なんか普通。
ストーリーは特に何が面白いというわけでもなく何がつまらないというわけでもな
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

3.5

101匹わんちゃんのクルエラの若かりし頃の映画。実写。エマストーン。

孤児のストリートチルドレンとして育ったクルエラがファッション業界で成り上がるストーリー。
破天荒な大御所デザイナーであるバロネス
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.0

平成初期の仁義なき戦い。
闇堕ちした松坂桃李が主人公。キャラが濃いおっさん達によって前作よりも過激な抗争が繰り広げられる。

暴対法が施行された平成3年が舞台。時代に取り残されたヤクザと不法刑事が最後
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.5

DCスーパーヴィランシリーズ第2作目。
常識の範囲内でまとまった凡庸な前作とは打って変わって過激で暴力的な攻めてる作風。

すごく低俗で下品なストーリーとポップでオシャレなビジュアルが対照的。
鳥ちゃ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

4.0

気持ち悪いおじさんが大活躍する映画の続編。

決して野放しにしてはいけない犯罪者たちが少女を奪い合う地獄の展開。世界の犯罪首都デトロイトの面目躍如。

前作とは舞台も脚本も幅が広がりサスペンスとして面
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.5

めっちゃ明るいマトリックスみたいな映画。
胡蝶の夢系の作品としては珍しく最初から最後までハッピーな作り。

映画の舞台となるゲームのフリーシティがもう既に面白い。
GTAとフォートナイトを組み合わせた
>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

4.5

アクションエンタメ映画の決定版。
マイケルベイ最高傑作。

オープニングからエンディングまで全部面白くて最高に分かりやすい。
誰がどんな目的で何をしようとしているかスッと頭に入ってくる親切さがすごい。
>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

4.0

アルパチーノ主演のマフィア映画。

キューバ出身のフロリダの麻薬王トニーモンタナの成り上がりから破滅までを描いたストーリー。
数々の麻薬王のモデルになった作品なので初見で既にネタバレぐらいの既視感があ
>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

4.5

とにかく明るいミュージカル映画。

舞台のワシントンハイツは実際にニューヨークにある地域で都心近郊の移民が多いところ。
日本で言うところの蕨とか西川口みたいな。
登場人物はほとんど全員ヒスパニック系の
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

4.0

韓国のパルクール系アクションコメディ。

コメディとアクションのどちらもクオリティーが高い。
ちゃんと笑えてしっかりハラハラする。
設定の根幹を成す毒ガスなんだけど韓国ならではの真っ当な対策がある。
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

4.0

コーエン兄弟のサスペンス映画。
登場人物全員バカでやってる事はギャグ。

バカがバカな事をやって破滅するだけの話なんだけど謎の広がりをみせる。
警察だけはまともなので何の障害もなく事件を解決するサスペ
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

4.5

キアヌリーヴスがいちばんカッコいいアクション映画。

とにかく全部が全部カッコいい。
G-SHOCK、ティンバーランド、SWATとこの作品でキアヌリーヴスが人気にしたものも多い。
時代を象徴するカリス
>>続きを読む

人狼ゲーム デスゲームの運営人(2020年製作の映画)

4.0

人狼ゲームやるだけの映画も手を替え品を替えついにシリーズ第8作目。ドラマも入れたら9作目。
やってる事は全部同じなのに飽きない。ゲーム実況みたいなもの。

フォーマットが同じなので量産出来るしそもそも
>>続きを読む

ジャングル・クルーズ(2020年製作の映画)

4.0

ドウェインジョンソンがジャングルクルーズする映画。
まさかメタリカでオープニングがスタートするとは思わなかった。世代か。

ジャングルクルーズそのまんまなファミリー向けアトラクションの前半とパイレーツ
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.5

主演2人の掛け合いで笑わせる映画。
いわゆるドタバタコメディっていうヤツ。

元いじめられっ子のドウェインジョンソンが筋肉モリモリマッチョマンの変態CIAエージェントとなり巨大な陰謀に巻き込まれるのだ
>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

3.5

リアル脱出ゲーム映画。

絶対クソおもんない地雷映画だという確信を持って観たら予想外にちゃんと作ってあった。
学芸会レベルのクソ大道具が当たり前のジャンルにも関わらず脱出ゲームの各ステージはちゃんと作
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

5.0

ウォールストリートの詐欺師が行った数々の金融犯罪を描いた映画。
マーティンスコセッシ作品の中ではいちばん好き。

ウルフとは言い得て妙で主人公はまさにケダモノ。
欲望のままに生きて後先考えず自分の気持
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

4.0

しっかり本格派な探偵映画。
主人公が盲目というパンチの強い設定の他にも見どころが多い。

推理を楽しむミステリーではなく、猟奇犯罪の不気味さを感じるスリラー。
めちゃんこグロいので人によってはホラーか
>>続きを読む

ブラッド・レッド・スカイ(2021年製作の映画)

3.5

とんでも超展開のハイジャック映画。

最初は普通に気合の入ったハイジャックとしてスタートする。
犯人役もドミニクパーセルやローランモラーなどの悪そうなヤツがいっぱい。
ドイツ映画だけに多言語でやり取り
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.5

アトランタ五輪爆破事件を描いた映画。

爆弾の第一発見者が容疑者になるのはよくある事らしいがリチャードジュエルの場合は怪しさがありすぎる。
コイツが犯人じゃなきゃ一体何なんだってくらいの怪しさ。
やる
>>続きを読む

>|