さあやさんの映画レビュー・感想・評価

さあや

さあや

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.5

弱さから目を背けたまま、成り行きで幸せそうに笑ってんじゃねえよ、と思ってしまった 最後まで彼女は変わってないのでは

苦役列車(2012年製作の映画)

3.5

底辺の生活を見て、生きることは素晴らしい、という考えには私は至らないし、共感も吸収も出来なくて苦手な部類の話だけど、最後にほんのりでも光があって良かった。苦手なはずが楽しめたのは、80年代東京の若者を>>続きを読む

エゴン・シーレ 死と乙女(2016年製作の映画)

4.0

芸術家にある自尊感情と現実との距離、画家に起こる弾圧 画家自身の浮世離れと思えるほどの高潔な精神の滲むエロティシズム 美しい絵だった

ゆれる(2006年製作の映画)

4.0

「誰の目にも明らかだ。最後まで僕が奪い、兄が奪われた。けれど、全てが頼りなく儚く流れる中でただひとつ、危うくも確かにかかっていたか細い架け橋の板を踏み外してしまったのは、僕だったんだ。」

華やかに、
>>続きを読む

残像(2016年製作の映画)

4.0

芸術が、退廃的だ、人々を反体制に煽動する、と抑圧されるのはよく起こること 危険視されるほど芸術には影響力があるはず

ロシア・アヴァンギャルドの性格を感じるセリフが多々あった。当時芸術家は芸術による社
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.5

LAND OF MINE
戦争がなくなる日がくると思えるほど楽観的でないので目を背けたくなる 憎しみとは恐ろしい

夏の終り(2012年製作の映画)

4.0

勝手で不安定な「弱い」人も、全部を許して受け止められる「強い」ような人も、ひとりで泣いてる、分かるけど現実には寄り添うのって難しい 「弱い」って切り捨てたくないと思っても、逃げ癖のついてる人にいつまで>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.5

あまりに非人道的でただただつらくて怖くて、めそめそ泣きながら観てた 救いようない 割とトラウマ

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.0

知性や才能に溢れて自由な人って魅力的に見える。でも純粋な憧れや敬意は、いつか"彼ら"の世界と凡庸な自分とを分ける歴然とした壁の存在を感じさせ、相手が遠く圧倒的に届かないものに思えて寂しくなる。その感覚>>続きを読む

白いリボン(2009年製作の映画)

3.0

圧倒的な思想・戒律と支配的な大人による閉塞的な環境が構築する異常さが子供に狂気を生む話。THE SECRET OF A MONSTERに内容が似てる。本作もほぼなにも明かされずただ進行を眺めるだけので>>続きを読む

危険なプロット(2012年製作の映画)

5.0

文才に富んだ賢い少年の手中で翻弄され、最後には取り返しのつかない程狂わされる話。
危険だと知りながら次を求めるようになる。静かに蝕まれ支配されて、虜になって堕ちる、これがただ少年の"文章"によるものだ
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.0

泣かなかった。
遺される人のため、特に娘のために行った行動のすべてにある愛情にも、格闘し成長する娘の姿にも感動したけれど、涙に繋がるんじゃなく、"愛情深く、強い女性の姿"に対しての感動だった。涙とかじ
>>続きを読む

三月のライオン(1992年製作の映画)

3.5

崩壊していく様が儚くて好きだった。
どんなに限界が自明な虚構でも、実際崩れていくのを痛感させられていく女の子はあまりにつらそうで痛々しかった。
ずっと夢見心地でいられる映像

エレファント・ソング(2014年製作の映画)

3.0

「ドランが主人公は自身だと出演を熱望した」という情報に囚われすぎてドランの人格を探る感覚になってしまい映画として楽しめたか不明

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.5

兄はなんと逞しく偉大だろうか ブラコン感情に結果的に支配されましたが全体通して凄く良い映像でした。超良い。

ジュリエッタ(2016年製作の映画)

2.5

わざとなのだろうけど、直接的に感情を主張するより、ストーリーを淡々と映す映像 もっと感情面、苦悩とかを描いて欲しかったな 読み取るのもいいけど、人間臭い映像が観たい

ミルク(2008年製作の映画)

3.5

ムーブメントは起きた
希望に満ちてた
暗殺者を人間らしく 単なる悪として映さないところが個人的に好きだった

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

-

初ホドロフスキー。
アートがわかる人間のような面で生きることは素晴らしい云々言いたいけど全くついていけなかった すべて正当化に思える 私は青すぎた

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.0

マイマザーと共通した愛情を渇望している息子像からドランの家族観が気になったけど知らないでおこ
スローになる部分の歪みのような違和感が堪らない。特にカラオケバーでの感情の混乱

マイ・マザー(2009年製作の映画)

4.0

ドラン作品好きだなやっぱり
静物画みたい 感情的なのに淡白
音楽もだけど静と動の区別が気持ちいい
人間らしい不和の描かれ方 好きだ〜

アメリ(2001年製作の映画)

2.0

かわいらしかった。かわいらし過ぎた。
映像の可愛さは良いけど、ストーリーまで可愛らしく微笑まし過ぎて個人的に合わなかった 「人間には人生を失敗する権利がある」から好きなように行動しようってのはいいね

サガン -悲しみよ こんにちは-(2008年製作の映画)

2.5

「自由とは何か、定義したら自由じゃない」
「人生は孤独そのものだ」
「破滅しようが勝手でしょ」

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.0

低脳な私にはただのアクションとしか捉えられなかったけど、更紗のこの映画は人間の相互理解や自己の獲得・定義の難しさを訴えてるという解説を聞いて妙に納得してしまったし興味深かった
確かに常にあった悲しみを
>>続きを読む

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

2.0

「何が少年を独裁者へと変貌させたのか」というキャッチフレーズに惹かれたけど、曲がっていく子供の成長が映るだけなのに突然独裁者になられても納得いかない 不透明すぎるし唐突すぎる

無伴奏(2016年製作の映画)

3.5

「嵐の中に自分を駆り立てていなければ、発狂しそうだった」
若さ故の不安や憧憬の滲み方がいい
70年代特有の大学生の在り方、在ろうとしたものが感じられる
初体験への戸惑い
激情的で悲しくて重たい はか
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

2.5

環境的に共感性が低いので綾野剛至高ズンドコの感情に支配されてしまった、、

偽りの忠誠 ナチスが愛した女(2016年製作の映画)

2.0

ドイツの当時の内部情勢とは直接的に関係のないベタな自己犠牲系の恋愛がメインだったので、もっとヴィルヘルム2世の葛藤が観たかった 現実と非現実の混ぜ方が微妙で恋愛映画で終わってしまったような

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

2.5

アナ死ぬほどかっこいい
東方趣味大好き 堂々たる色彩は圧巻
誇りを持って仕事をする、敬意をもってそれを人に伝達しようとする姿勢 素晴らしい

>|