taaamamiさんの映画レビュー・感想・評価

taaamami

taaamami

映画(690)
ドラマ(0)

キングダム(2019年製作の映画)

3.7

現実味との境目をどこに置くかだな〜
振り切った大沢たかおで0.2加点

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

私はハマらなかった…。
手品の種明かしを見せてくれるんだけど、見てる側の想像をずっとこえない感じ。

ブンミおじさんの森(2010年製作の映画)

3.3

映画というよりはアートワーク。
時間の経過が長く感じたのだけど、あの場所で過ごす時間経過との差なのだと思う。

別離(2011年製作の映画)

3.9

信仰心は人を救うためにあると思っていたけど、果たしてそうなんだろうか。

キング・コング(1933年製作の映画)

3.9

今観ても、コングたちの動きには目を見張る。私が音響の仕事をしていたら、とても衝撃を受けたはず。

ペルドリックス(2019年製作の映画)

3.0

フランス映画らしいなと思った。
時代に関わらずそう感じるのは面白い。
そしてその感覚は経験から織りなすものであって、それを思うと身を置く環境や経験はとても大事だな。

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

3.5

映画のボリュームに対してやや疲れたなと思ったのは、2人の顔だちなのかも。

体操しようよ(2018年製作の映画)

-

思わず☺こんな顔になる。
点数つけられない。とてもすき!

真珠のボタン(2015年製作の映画)

3.8

感情や言葉、文明は人間にたくさんのものを与えてくれているけど、同時にあまりに多くのものを失っていると思う。

聖者たちの食卓(2011年製作の映画)

3.7

ナレーションなしに好感。
Youtubeの生活動画?観る人の心理ってこんな感じなのかな。
・チャパティの生地広げるところ
・手を洗うところ
・食器集めるところ
が好き。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.0

うーん、面白いんだけど置いてけぼり感が否めない。二ノ宮くんの演技は良かった。

ナビゲイター(1986年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ちょっとダサめのテクノポップ、NASAで感じるチープ感、出っ歯がチャーミングな弟。すべてたまらない。

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.7

ライアン・ゴズリングの生え際が気にならなくなるほどの衝撃。

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

3.9

濃厚に絡みつくような映画。
浴びるようにスクリーンで観たかったな。

>|