TMDさんの映画レビュー・感想・評価

TMD

TMD

ST赤と白の捜査ファイル(2015年製作の映画)

-

藤原竜也がテレビで「ここ叫ばなくていいだろって所でウォォオオ!って叫ばせる監督がいるんですよ」って言うてたのは、この作品かな?ドラマでも映画でも不必要に藤原竜也を叫ばせている
あ〜それにしても岡田将生
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

-

予想以上に良くて…そして、予想以上にサム・クラフリンがかっこよくて…
大切な人生の中の1時間半を映画に費やしてもいい作品かな〜

土竜の唄 香港狂騒曲(2016年製作の映画)

-

いやいや、待って…古田新太のキャラ…笑い方が完全なるIWGPしいたけの回密売人のヘビーEではないか…!!!!!!シシシシシッ

ポリーナ、私を踊る(2016年製作の映画)

-

あ〜帰り道グランフロントのイルミネーションとともに踊り出しそうだった…わたしは欲望とか愛情よりも反骨心で力強く踊りたい派だな〜帰りは気持ち背筋が伸びた

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

-

ぽいぽい〜!ユアン・マクレガー年取った方がカッコよく感じるのは私だけ…?

ヴィヴィアン・マイヤーを探して(2013年製作の映画)

-

劇場で逃しまくって見てなかった…某動画サイトで検索したらフランス語字幕しかなかったけど、見てみた…なんとなくしか分かんなかったけど…苦笑
ハウスキーパーの変人収集家のカメラ好き…記録魔なのかな〜面白い
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

帰りにDEVOのsloppy爆音で聴きながら、駅の人混みホームを駆け抜けた!!!
そんで、やっぱり外国人はピンチの時に突然キスをするから日本人の私は毎度毎度ビックリする!!!
終盤、面白すぎて笑ってた
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

-

観終わったお客さんに「いい旦那さんみつけないよ〜!わたしはもう遅いから〜あなた達は旦那さん選び慎重にね!」って言われたのを思い出して納得

トリュフォーの思春期(1976年製作の映画)

-

午前十時の映画祭で初トリュフォー!
早起きしてよかった…観てよかった…
キスをしに行ったエピソード、どこかで観たことがあってアッ!って言ってしまった…ごめんなさい、隣のおじさん

パターソン(2016年製作の映画)

-

Casio Easy Reader model
見て終わった後にすぐ大好きチープCASIO買ってしまった…

僕らのごはんは明日で待ってる(2017年製作の映画)

-

え、待って?米袋ジャンプって何なん?思春期の男女が公共の場でそんな競技したらダメよ!パパとママ悲しむ!
やっぱり片桐はいり素敵おばさん!
あ〜〜新木優子と中島裕翔のイメージビデオ!

銀座の恋の物語(1962年製作の映画)

-

まさか記憶喪失になるとは…おもしろかった!あとジェリー藤尾がイケメンすぎてビックリ!

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

5.0

美しい…力強くも繊細
彼の人生ドラマチックすぎてドキュメンタリー越えてた
才能と努力の結晶は壊れやすかった
もう一度見たい
あとTake Me to Churchをラシャペルが撮ってるとは知らずテンシ
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

-

ザ・アメリカ戦争映画
主人公は事実でも英雄なんだけど、描かれ方が英雄すぎて入ってこなかった〜派手なアクションは米軍も日本軍も感動レベル〜私は突然の爆音にただただ怯えてた…
総じて私が言いたいのは、地味
>>続きを読む

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

-

そろそろ夏ということで…毎年恒例のウォーターボーイズ月間に突入!映画ドラマ含め、水着の男子高生と夏を迎える前の準備開始です!明るく眩しい青春で梅雨を乗り越え、プールの水しぶきと共に夏を迎えます!

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

-

初日の初回、劇場に入った瞬間…観客全員ジーサンズ。思わず笑ってしまった…

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

-

ワイの青春時代(小学生)岡本杏理がヒロイン的ポジションに胸アツですわ…

ザ・ダンサー(2016年製作の映画)

-

もう一度、ロイやイサドラあたりの歴史を振り返りたくなった〜この時代の芸術家はパトロンが必須だったわけですが、ロイのパトロン、ルイがなんとも魅力的で官能的…ギャスパー・ウリエル最高だなっ!って初めて思っ>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

-

好き好き好き好き!こんな暗い映画好き!
冬の寒いどんよりとした空が余計に寂しくて、田舎町だから街中が自分の過去や現在を知ってて生きづらくて、結果乗り越えられないけど小さなハードルは乗り越えられた感じし
>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

-

人生最後には派手なストーリーなんてない。静かに人生の終わり方と向き合うフリアンと旧友のトマスの4日間。フリアンの愛犬トルーマンがポイントだワン🐶🎶

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

-

期待通りに最高で音楽も映像も好きだった〜良くも悪くも私はドロシアのように強そうな女性になりたいわ…
ジェイミーがドロシアに音読してたフェミニズムの本がとても気になる…加齢のなんとかかんとか(思い出した
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

-

久々に一切脱がない、洋服を着た池松壮亮を見ることができました
観終わった後、思い出してると好きになってくる

追憶(2017年製作の映画)

-

富山の景色!岡田准一の横顔!安藤サクラの演技力!岡田准一は屈んだ時にふくらはぎが邪魔して下まで屈みきれていなかった!終わった5分後にこの話で爆笑。まあ、豪華キャストで期待しすぎた〜〜感

>|