出口敬晃さんの映画レビュー・感想・評価

出口敬晃

出口敬晃

レートは完全に気分

映画(735)
ドラマ(0)

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

3.7

ハッピーな気分になれる映画!本当にこういうセンスない邦題なんとかならないのかな。

ザ・マスター(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

次観る時はペギーとヴァルに集中して観たい。

デュース・ビガロウの旅ジゴロ(2005年製作の映画)

1.0

本気で時間の無駄だったけど1時間半アムステルダムの街が見れたのは貴重。

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

家庭の料理も屋台の料理もレストランの料理も全部すごく美味しそう、役者は端役まで抜かることなく揃えられ、話の流れもコンパクトで美しい。食に関する実写映画のマイベスト。

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

アンジー演技うっま!
ただウィノナ演じる主人公は境界性人格障害って設定なんだけど、全然症状違くないか?or全然描写が足りてなくないか?って思った。

フル・モンティ(1997年製作の映画)

3.0

丘からシェフィールドの街を見下ろすカットが多くて嬉しい。

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

トリロジー三作目。ほとんどアドリブなしで、ガチガチにリハーサルして撮った作品とのこと。喧嘩中の一瞬のテンションの緩みとか、ちょっとロマンチックにしようとして蹴散らされるとことか、めちゃくちゃリアル。

>|