CHIKUWAさんの映画レビュー・感想・評価

CHIKUWA

CHIKUWA

映画(239)
ドラマ(1)
  • List view
  • Grid view

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

終始目ん玉ウルウルでした。
とっても素敵な家族に囲まれて育ったオギー。周りを惹き付ける魅力溢れる奇跡の子。
ママの心配が痛いくらい伝わって初登校の時は見ていて苦しかった。
お姉ちゃんの演劇のシーンもす
>>続きを読む

パッチ・オブ・フォグ −偽りの友人−(2015年製作の映画)

3.4

おじさん同士の幼稚な駆け引きなんて誰が興味あんねん!
いやいやこれが意外と面白い。なんせメンヘラ小太りおじさんの映画なんて観た事ないですから。
ラストは笑える。

あいつの声(2007年製作の映画)

3.5

実際にあった事件だからこそ胸糞さは段違い。子を持つ親としてはちょっと観てられない。特にラストの父親の嘆きはもう痛くて堪らない。
時効って何の為、誰の為にあるんだろうか。

デッド・フレンド・リクエスト(2016年製作の映画)

3.0

今後都市伝説化しそうなお話。
ちょっと優しくしただけなのにこの仕打ちは恐怖。主人公が可愛いので最後まで見れました。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

真面目にフザケた映画大好き!
ポールダノとラドクリフの組み合わせとか!しかもラドクリフは死体役とかとか!仕事を選ばないラドクリフ、好き。
ふざけてるようでなんか泣ける。
でも結局最後のセリフがこの映画
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

4.0

これは推理もアクションもロバートダウニーJrのアタフタかわいい姿もジュード・ロウの素敵なお顔もたらふく頂けるスペシャルな映画である。
ドヤってる推理シーンがめっちゃ好き!

ブルー・リベンジ(2013年製作の映画)

3.5

ずっと待ち続けてきた復讐を成し遂げたが上手くは行かず、後戻り出来ないどうしようもない感情がとても良く表現出来ていました。
こんな結末を望んでいたわけではなかったはずだけど、主人公の望んでいた未来はどう
>>続きを読む

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

2.6

ゾンビ映画に絶対ある噛まれたらお終い絶望感が無くてなんだかアッサリテイスト。ゾンビ元気すぎ。

ミスミソウ(2017年製作の映画)

2.8

原作をちょっと見ていたので気になって鑑賞。んーグロさが作り物感満載で辛い。目玉ぶっ刺しシーンは漫画そのもの過ぎてリアルさがなく笑う。
色々と死にすぎ。先生の死に方はあれで正解なのか?もはや事故じゃなく
>>続きを読む

悪のクロニクル(2015年製作の映画)

3.5

ラブコメの可愛らしいパクソジュンしか観てなかったのでこちらのパクソジュンはだいぶ新鮮な感じがして良かった!
先は読めてしまったもののキャストがストーリーにハマって引っ張ってくれ、とても楽しめた。

不能犯(2018年製作の映画)

2.2

設定は中々でしたがどのキャラにも魅力を感じない。と言うか一人一人性格がブレブレな感じがしてずっと違和感が拭えず。そんな映画も珍しい。
沢尻エリカのチクショー!が一番の笑いどころ。

クラウン(2014年製作の映画)

3.5

ピエロの衣装が脱げなくなる?ヘンテコな設定に惹かれて鑑賞。
ただただお父ちゃんが気の毒。
室内遊技場みたいな所でのシーンが怖すぎた。滑り台から流れる真赤な血と子どもの腕!ひぇ…
わりとグロ度高めなので
>>続きを読む

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

4.1

以前トガニと言う韓国映画を観たが、閉ざされた世界とはなんとも恐ろしい。
絶対的な圧力からは逃れる事は出来ない。ただ黙って幽霊になる他ない。
エルマーが助けを求めて街へ出た時に見た周りの人達はみんなが幸
>>続きを読む

アンフレンデッド:ダークウェブ(2018年製作の映画)

3.0

前作がある事を観た後に知りました。ってぐらい繋がりが無かったのである意味良かった。
ひたすらPC画面での映画はsearchでお腹いっぱいだったのでちょっと退屈。でも↖を目で追ってしまうのでずっと釘付け
>>続きを読む

殺人漫画(2013年製作の映画)

3.3

題名ちょっとダサいかなと思ったけど他に思いつかないくらいピッタリだった。
漫画の絵のタッチが漫画と言うより絵画っぽくてめっちゃリアルでグロテスク。ところどころ?な部分もあったけど、十分怖さは味わえた。
>>続きを読む

FLU 運命の36時間(2013年製作の映画)

3.5

人間の汚い部分出過ぎで恐怖。
人間UFOキャッチャーを考え出した方の精神状態が心配になる。
他にも色々と倫理観ぶっ飛びまくりでえらいこっちゃでした。
思ったよりスケールがでかくてその辺は楽しめました。
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

3.5

もうひたすらに胸糞。だけどこんな映画は観たことない。
撮り方がかっこいい。ラストの赤から色が入ってく感じが鳥肌。
イジメる人間ってのは自分を客観視出来ないのか。最初から最後まで怪物は人間の方だった。

億男(2018年製作の映画)

3.5

原作既読済。
キャスト全員ピッタリ過ぎて笑える。中でも九十九のキャラが好き。モロッコでの芝浜はずっと見てたかったな。
お金の価値観は人それぞれ違うけど、それを全てにして生きるのはちょっと悲しい。みんな
>>続きを読む

半落ち(2003年製作の映画)

2.7

空白の2日をちょっと引っ張りすぎちゃったかな?なんだか持ったいぶり過ぎてやっちゃった感じ。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.6

ホラー欲を満たす為に数年ぶりに。
画面上ずっと、ものさしで引いたような整頓されている不気味な美しさが広がる。静かに狂っていく様が恐ろしい。 ほんでジャックニコルソンは狂人役がよく似合う。

コピーキャット(1995年製作の映画)

3.4

大昔に親が観てたので一緒に観てトラウマになった映画。
真っ白なトイレに真赤なワンピースが印象的で目に焼き付いていた。大人になって観るとまた違った恐ろしさ。
時代を感じる描写が多くとても興味深かった。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

プライムにあったので今更ながら。
話題の映画でしたが全然興味がなかったので最初はありきたりなストーリーと意味不明な展開でずっと眉間にシワ。
え?これで終わり?!と思いきや。うん、話題になる理由も納得の
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.3

ジョーカーのアーサーもそうだけど、人の優しさに少しでも触れられていたら何か変わっていたのかも知れないと思うと心が痛い。
古い映画だけど雰囲気がとってもオシャレで病みそうな内容にも関わらずなんだか心地よ
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.6

ちょっと監督色出しすぎ感は否めないが、切ない描写もホワッと柔らかくいい塩梅に仕上がってた。
何より主演のお二人が元気でかわいらしい。他俳優陣のキャラ強め。

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

終始鳥肌。
説明し難い何かが自分の中でずっとザワザワしてて気分が悪かった。
様々な問題を抱え孤独に耐えもがき苦しんだ結果、喜劇な人生に染まってしまったアーサーを誰が責められる。
テレビに出演した時に話
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.2

序盤からめちゃくちゃに惹き付けられる展開で色々と持ってかれる。思わず声が漏れ出てしまう残虐シーンも見応えあり。渋いおっちゃん達の渋い演技は圧巻であり天才的!
市長の胡散臭過ぎる笑顔がゾゾゾってなるし、
>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

3.4

出だしの不気味さはホラー映画の中では上位に位置出来る。心臓一気に持ってかれたけど、子供らとのかくれんぼからの🤫🤫🤫🤫の演出にはため息が出てしまった。とは言え雰囲気は好きなホラーだったので楽しめました!

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.5

ストーリーは単純明快よくある感じ。
だけど、画面に次々と映る色彩豊かな食材や料理たちや厨房内の様々な音が、目や耳を随分と刺激してきてくれたおかげか、それともブラッドリー・クーパーの素敵過ぎるお顔のおか
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.6

主人公の性格のような終始静かで抑揚のない孤独な映画でした。
だからといって面白く無いわけではない。
エンタメ性は無く重厚な雰囲気だけどストーリーはシンプルで分かりやすい。
首を傾げるようなシーンも割と
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

2.0

めちゃくちゃ体張って作り上げた映画なんだろうけど…なぜかところどころで爆笑してしまう。そして不快。

売れっ子松坂桃李くんがあんな毎回ガシガシするなんて残念で仕方ない。世の男性が真似してしまわないか心
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.8

60年代ハリウッド行ったことも見たこともないけど、とんでもなく好きな雰囲気だった。街を走る車やヒッピー達やネオンを見てるだけでワクワク!

とにかくブラピが終始かっこよ。小汚くて古ぼけた車に乗ってるオ
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.2

もう完全におフザケ映画なのかと思ってリラックスモードで観てたら、なんか序盤からちょっと重くない?
ヴィランも思ったより強くない?
ストーリーがめっちゃしっかりしてて全然おフザケ要素が無かった!
中身が
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.4

めちゃくちゃクールでカッコよかった!映像からBGMからすごくセンスが良くて観てて気持ちいい。
やさぐれたピーターパーカーもいいキャラしてたし別次元の彼らももっと見たい!見せて!
映画館で観れなかったの
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.3

この役をやるに当たってめちゃくちゃに研究したんだろうなって言うのをすごく感じた。手の動きや視線の送り方がとても繊細で自然。ますますエディという俳優の虜になった!
博士の笑顔が病気になる前よりも生き生き
>>続きを読む

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION(2019年製作の映画)

3.8

ピカチュウがサトシにしがみつくシーンがもうほんまに顔グリグリ押し付けてて大好きやーーーー!って気持ちが溢れてて泣ける。

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

4.2

この感じキタキター!!感満載。
戦える愛されおデブが今回もキュートで笑かせてくれる。これで見納めとはちょっと寂しいけどステキなラストステージでした!

>|