たさんの映画レビュー・感想・評価

た

映画(1132)
ドラマ(0)
アニメ(0)

ハーヴェイ・ガールズ(1946年製作の映画)

4.0

ジュディ・ガーランドさんの良さが存分に出たコミカルなミュージカル、彼女の歌声に心が休まりますね。

ベルファスト(2021年製作の映画)

4.0

「北アイルランド」「ベルファスト」「IRA」子供の頃ニュースでよく耳にした言葉です。幼かったので私は理解できていませんでしたが、こういう事だったのですね。

高評価も納得の作品です。

一日でも早く世
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

4.0

コッポラの名前が逆に足を引っ張るほどの素晴らしい出来映えに私は思えました。
「風をあつめて」選曲がイイですね。

私が観たことあるスカーレット・ヨハンソンさんの作品の中で、彼女のベストアクトですね。

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.0

ジェイク・ギレンホールの嫌われ者役が強烈ですね。

道徳心ってなんなのか?人間不信になりそうな映画ですね。
そのあたり邦画の「スクープ」に似ていますね。

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

開始数分で結末までのストーリーはわかりますが、それでも楽しめました。

やっぱりトレーニングはドロ臭くないと!

ドラゴパパ、ロッキー、二人共ラストはカッコよかったですね。

それにしてもスタローンの
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

3.5

ロッキーシリーズの中でも、ロッキー3とロッキー4がストライクの私にはドンピシャの作品

今作は、今風に洗練されすぎなので、トレーニングシーンとかがもう少しドロ臭いほうが私は好みですね。

楽しめたのは
>>続きを読む

家族の肖像(1974年製作の映画)

4.5

ヴィスコンティですね。

最初は、なんじゃコリャってストーリーでしたが……孤独な老人とハチャメチャな家族の会話劇に段々引き込まれました。
寸分の狂いも無い計算されたパーフェクトな部屋と調度品の数々の配
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

作品のクオリティとティモシー・シャラメがピッタリはまった良作でした。

皆さんの評価が高いのも納得ですね。

白痴(1945年製作の映画)

3.5

ドストエフスキーの名作映画
高校生の頃読んだと思うのですが、内容をまったく忘れました。

ドストエフスキーの良さは出ていましたね。

この子は邪悪(2022年製作の映画)

2.0

面白くなる要素はあるのですが、残念な作品
演出、脚本が素人?ってレベル

南沙良さん、最近作品に恵まれてませんね。

錨を上げて(1945年製作の映画)

4.0

私は知りませんでした
あの曲が「錨を上げて」でこの映画とリンクしていたとは知りませんでした。
ジーン・ケリーにフランク・シナトラの共演、歌にダンスに最高の出来映え、面白くない訳無いですね。
噂には聞い
>>続きを読む

恋しくて(1987年製作の映画)

4.5

公開時以来の観賞です。

当時と感想は同じですが、ヤッパリ良い作品。ジョン・ヒューズ脚本の中で一番好きな映画です。
思い入れもあり、高めのスコアお許し下さい。

リー・トンプソンさん、この作品ではいつ
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.5

魂に響く作品 

ナタバレがありますので詳しくは語りませんが、名作「アラバマ物語」の教訓がまったく生きていないアラバマの地には失望です。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

ヴァン・ヘイレンにデュランデュラン、アキラにガンダム、リッチモンドハイスクールにフェリスはある朝突然に、世代ドンピシャの私です。
そちらの面で楽しめましたが、映画としてはこんなもんかなぁ?
スピルバー
>>続きを読む

揺れる大地(1948年製作の映画)

3.5

ヴィスコンティ作品、観賞2作目
構図がもうイタリアって感じですね。好きです。

負のスパイラルが辛いです
お兄ちゃん頑張り過ぎました

仲買人と漁師、「コーダ」を思い出しました。

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.0

強烈なサスペンス

私の心が激しく動揺した作品、なかなか疲れました。

エル・スール(1982年製作の映画)

4.0

少女の描写、光の陰影表現がずば抜けた作品

「ミツバチのささやき」の監督の映画と知り納得です

素晴らしい芸術作品

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

4.0

凄い映画を観ました

前情報無しで、この作品の事をまったく知らない状態からの観賞です

いや〜凄い映画を観ました

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

テンポも良く、気持ち良く観れました。
松岡茉優さん、イイですね。

私の感覚が原作者?脚本家?の方に近いのか、途中から私の予想通りのストーリー展開でした。
偉そうな事言ってすいません……

ただ、國村
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.0

独特な演出と映像表現

「タクシードライバー」をキューブリックばりの演出で頑張りましたって感じで、賛否分かれそうです。
私はちょっと……

この作品のホアキン・フェニックスはダメダメですね。演技はとも
>>続きを読む

カクテル(1988年製作の映画)

3.5

特にどうってことない作品なのですが、80年代の青春映画の王道って感じが私は嫌いでないですね。

エリザベス・シューって今と雰囲気が変わりませんね。愛嬌のある素敵な女優さんですね。

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.5

有名なのに初鑑賞です。
鑑賞理由は巻末にて…

これぞハリウッド映画って映画、面白かったのは面白かったのですが、これだけの俳優さん達なので勝手に「スティング」レベルを期待してしまいました……

11月
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

スピルバーグの社会派ドラマ、そこにメリル・ストリープ、トム・ハンクスとくれば、なかなかの重厚感ある映画でしたね。

マスコミと政治、どちらも嘘が多いですね、日本の場合は特に

郵便配達は二度ベルを鳴らす(1942年製作の映画)

3.5

不倫から始まるストーリーにハッピーエンドは無いですね

初めてのヴィスコンティ作品の観賞、今まで私にはヴィスコンティは恐れ多いと思っていたのですが、正直そうでもなかったです。これからはドンドン観ていき
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.0

認知症

認知症の記憶の混乱をアンソニー・ホプキンスが見事に演じられています。圧倒的な演技でした。

認知症は当人も家族も辛い。

ラスト・ムービースター(2017年製作の映画)

4.0

素敵な作品
もっと早く観ればよかったです。

私が小学生の頃大好きだった「トランザム7000」「キャノンボール」シリーズのバート・レイノルズさん
あの頃の輝きとは異なりますが、今作ほ今作で輝やいておら
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.0

予備知識ゼロでの観賞です。

テンポのイイ作品さすがスピルバーグ作品、それにこの豪華俳優さん達の演技に飽きる事無く楽しめました。
逮捕されて終わりと思いきや……本当に最後の最後まで楽しめました。

>>続きを読む

余命10年(2022年製作の映画)

-

「題名が嘘であってほしい」
そう願わずにはおれませんでした。

この題材に藤井監督の演出、この出演者さん達ですから観る前から私が号泣することは想像出来ます。一人で観賞出来るタイミングを待っていましたら
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ティム・バートン監督の作品とは思えない明るい色彩の普通の作品

最初の小さな嘘が……

器の小さい男をクリストフ・ヴァルツが見事に演じついましたね。

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.5

重厚感タップリのゲキ渋で超ゲキ難作品。
私もストーリーについて行けませんでした……
お手上げです。

欲望のバージニア(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

普通に楽しめました

皆さんと同じですが、
兄貴まだ生きてるんかい!

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

-

アントニオ・バンデラス演じる主人公と同世代の私。
鎮痛剤だけが頼りで病からなかなか立ち上がることが出来ない姿が私には共感しかありませんでした。

初鑑賞のペドロ・アルモドバル監督作品、他の作品も気にな
>>続きを読む

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

3.0

「オペラ座の怪人」舞台も見たことなく映画も今回初鑑賞です。

高校生の頃、「オペラ座の怪人」の超変化球、デ・パルマ監督の「ファントム・オブ・パラダイス」を観賞したことがありまして…
正直今作よりもデ・
>>続きを読む

13デイズ(2000年製作の映画)

3.5

キューバ危機、史実として名前を知っている程度でしたが、この映画で本当に危機だったことがよく伝わりました(どこまでフィクションかは?)

だだし、良くも悪くもいかにもアメリカ人ですね。考え方が…

>|