Yamamoさんの映画レビュー・感想・評価

Yamamo

Yamamo

これまで観た映画を相対評価で記録。
洋画寄りですが、ジャンル問わず鑑賞。
宜しくお願いします。

【評価基準】
5.0〜4.5 Best Movie
4.4〜4.0 傑作、何度でも観たくなる
3.9〜3.5 お薦めとして他人に紹介できる
3.4〜3.0 良作、面白い
2.9〜2.5 物足りない、残り時間を見てしまう
2.4〜2.0 微妙、睡魔が襲う
1.9〜1.0 駄作、苦痛

映画(1175)
ドラマ(20)

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.8

アベンジャーズ アッセンブル!

過去のレビューめっちゃ溜まってるけど、先にこちらから…

およそ11年、MCUはまだまだ続くが、全22作品のインフィニティサーガ、最後の作品。
最高にして完璧な完結
>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

3.2

8mmフィルムのザラついた映像と殺人の瞬間を映したショッキングな内容、更に殺した相手がそこにいるという状況が最高に恐怖を作り出している。

オチは好みが分かれそうだが、自分は謎が解けてからのオチまでの
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.4

謎の“それ”を観てはいけない。

序盤の日常生活から一気に崩れる様の緊張感は凄まじかった。

サンドラ・ブロックの演技も流石でそれを更に高めてくれる。

最後はあれで解決したのか謎。
でも、楽しめまし
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

2.9

漫画原作の実写化の中ではそこまで酷くはないと感じた。

キャスティングで何人か何故と思う人はいるが、無難に展開して締めた印象。

ただ『BLEACH』を実写化するのであれば【卍解】は観たかった。

>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

2.6

結果、最後まで自分の中でアツくなる事はなかった。

1作目を劇場で観たので、最後まで観ないといけない使命感に駆られて3作目、最後まで観たが、説明ばかりで中々映像で展開を観せてくれなかった。

なんだろ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.2

前シリーズの主人公ダニーをチラッとだしてくれたりして懐かしさを感じた。

もう少し計画の実行中にトラブルが発生したりして全体的に緊張感を持たせて欲しかったかな…。
余りにも計画通り行き過ぎ。

ただそ
>>続きを読む

ALONE アローン(2016年製作の映画)

3.0

地雷を誤って踏んでしまい、救援までの52時間同じ体勢で待ち続ける地獄のシチュエーションスリラー。

人生、一歩踏み出さないといけないというメッセージ性の強い作品。

途中、回想シーンが多く中だるみして
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.3

とにかく映像が綺麗。

『エクス・マキナ』と同じ監督という事で、この世界観というか雰囲気は好みだった。

エリアXの拡大は止められたのか…。

一部グロシーンあり。

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.2

クローバーフィールド、3作目。

Netflix配信限定だったので、これを観る為にNetflix加入。
劇場公開して欲しかった…。

このシリーズはこちらも登場人物と同じように置かれている状況が分から
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

登場人物が一気に増えたシリーズ2作目。

前作は勿論、ハリーポッターシリーズも観ていないと登場人物の名前と関係性を把握するのに一苦労する。

ニフラーは大活躍するが、もう少し他の魔法生物の活躍も観たか
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

2.9

将軍回は漫画、アニメともに面白いが実写化するとくどく感じてしまった。

前作は今までにない銀魂の世界観を上手く実写化して面白く感じたが、2作目にして少し飽きてしまった…。

ただ、吉沢亮は格好良い。

イコライザー(2014年製作の映画)

3.4

昼は冴えない一般人だが、実は元諜報員というよくある設定だが、デンゼル・ワシントンがとにかく格好良い。

最後のホームセンター内での戦いはホームセンターにある商品を上手く使っていて、そこはこの映画の一番
>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

2.5

木村文乃、目当てで鑑賞。

ただ内容はドラマで十分、映画にしなくても良かった。

岡田将生は格好良いのに、こういうクズの役は意外とハマる。

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.8

実話。

男の映画。

男の成長と友情を丁寧に描き、文字通りアツい映画。

しかし、これは実話。

ラストの衝撃が凄い。
言葉を失った。

エンドロールの実際の写真で泣けました。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.5

女は二度決断する。

邦題が中々良い。
その決断がもたらす結末は…。

中盤の裁判のシーンは非常に緊張感があり、中だるみせず観れる。

ツライなぁ。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.3

もはやゲーリー・オールドマンの面影は一切ない!

地下鉄のシーンが印象深い。
人生で一度も地下鉄に乗った事がない一国のトップが、あのタイミングで地下鉄に乗り国民の声を聴く、そう簡単に出来る事ではない。
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.6

前作から監督と主演が変わっていたので多少の不安はあったものの、何ら問題はありませんでした。

続投のベネチオ・デル・トロ演じるアレハンドロの人間味が徐々に感じられ、緊張感は相変わらずだったが全体的に観
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.3

う〜ん、普通に面白かったけど、期待を越えてこなかった感じかな。

それはヴェノムが予告でもある『最恐』とまでいかなかったのが原因。

お互い協力体制に入るのが早く、あのやり取りは仲良くないと出来ないよ
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.7

パッケージの笑顔と序盤の展開からは想像も付かない中盤からの怒涛の展開。

実際に起きた事件の映画化。

容赦ない攻撃によって次々に倒れていく人々。
実話という事もあり、リアリティがあるので恐怖感を覚え
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

幸せな気持ちになれる事、間違いなし!

主役のオギー1人の物語と思いきや、周りの家族、友達にもスポットを当て、物語は進んでいく。

登場人物、皆んな本当に優しい。

ジャックとのネットでの仲直りシーン
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

演出がとにかく斬新。

クリックするスピードやマウスの動きであそこまで主人公の感情を表現する事が出来る事に驚いた。

話しの展開も後半は二転三転を繰り返して最後まで飽きさせない。

余韻も良い。
おす
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.2

始めの浜辺でのテロシーンと最後のシーンは迫力満点。

しかし、中盤はその2つのシーンに比べ特に盛り上がりに欠けたかな。

それでも普通に楽しめました。

ディラン・オブライエンは格好良い。

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.0

猿男のシーンは不快でたまらない。

観終わってから、また始めのスリシーンを観直したくなる、あるある。

少し自分にはこの展開でこの上映時間は長く感じたかな…。

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.4

この白石監督は暴力描写に一切妥協がなくて良い。

そして、役所広司の演じる大上の凄みと松坂桃李演じる日岡の成長していく様が見所。

最後、日岡は男になりましたね。

その後の日岡の姿が観たい。

警察
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

2.7

SFの雰囲気は好きだが、イマイチ乗り切れない。

展開も説明が多く、中弛みしてしまう。

主人公に魅力を感じないし、かと言ってこの映画のゴジラ自体にも魅力を感じない。

でも、続きが気になるので結局
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.0

俳優は豪華だが、展開が良くも悪くも普通の映画。

黒幕はもうあの人しかいないよね。

映画好きならキャスティングだけで分かってしまう。

そして、その予想はきっと外れない。

もう一捻り欲しかったかな
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

3.0

予告編からもう少しエンターテイメントよりかなと思っていたが、実際はお金について色々な人達の考えを聞かされる…聞かして頂けて、自分も考えさせられる映画。

藤原竜也と北村一輝の役のクセが強い!
『あなた
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.3

待望の続編!

前半は前作から引き続き絶望感もありSF作品としても正統な続編であったのに…

後半から何でそうなったのか!笑

いつから『ザ・レイド』の続編を観ているのか分からなくなる程の作品の雰囲気
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

2.9

兎に角、映像が綺麗。

話しの展開は少し無駄に長く感じたかな…

イーサン・ホークは短い出演時間ながらインパクト抜群。

ルドルフとイッパイアッテナ(2016年製作の映画)

3.0

全体的に子ども向けだが妙に厳しい現実も教えたりする猫映画。

猫は野良になってもたくましい。

鈴木亮平の声優具合も良かった。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.7

どのシーンも絵になる映画。

ただ現実は厳しい。

その対比が何とも言えない。

ムーニーの演技が自然で素晴らしい。

好きなシーンは隣のモーテルの受付でムーニーがアイスクリーム食べるシーン。

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.2

やはり人間は1人では前向きになるのは困難で周りの、特に今作の主人公には彼女の支えが大きかったんだなと。

途中は副題にもあるように本当にダメダメな主人公であったが、ラストは救いのある素敵なシーンだった
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.5

兄弟・姉妹がいるならきっと面白いはず。

そして、キャスト4人がハマり役。

やはり容姿は大事なんだなぁ…
にゃっ!

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.2

絶対に音を立ててはいけない!

音に反応する何かに人類滅亡危機まで追い込まれている中、ある一家の生き残りを懸けた戦いに焦点を当てた作品。

色々と突っ込みどころを上げたらキリはないが、とにかくこの映画
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.7

面白かった。
お腹が空いている時に観ては駄目な映画。
キューバサンドをとにかく食べたくなる。

主役のジョン・ファブローって随分前から監督業もしていたのは知らなかった。

それもあるのか脇も豪華な俳優
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.1

5年間同棲をしていた彼氏の名前や職業の全てが偽り。
一体、彼は何者なのか。

設定に惹かれて鑑賞したが
話しの展開も予想の範囲内で、その高まった期待を超えられなかった。

勝手にもっとぶっ飛んだ展開を
>>続きを読む

>|