ごちさんの映画レビュー・感想・評価

ごち

ごち

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット(2021年製作の映画)

3.3

そこまで広まってるわけではなさそうだけど、キャスト割と豪華だなっていつも思うし、みんなハマり役だよね。

ギャンブルの狂った感じが物足りなかったけど、キャラを久しぶりに見る分には楽しいかな。

ドラマ
>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.6

あーだからクリスパインが復活したのかってなったのでもういいです。

そこまでDCEU触れてるわけじゃない。
ガル姉が相変わらずきれいでかっこいいけど、クリスパインにはもったいない気がしてならない。

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.2

以前のレビューがあまりにも見るに堪えないので再投稿します。

ダニエルクレイグ版もついに宿敵スペクターの陰謀が明らかになる。
カジノロワイヤルからスカイフォールまで全てが繋がる伏線回収がいい。

作品
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.0

以前の投稿が自分から見ても分かってなさすぎるものだったので、再鑑賞しました。

ボンドガールをMにしてくる今作。
この世界では新旧007対決であるのだろう。敵地へ進むのではなく、敵を誘き寄せるのもいつ
>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.7

以前の投稿が自分から見てもあまりにもクソだったので、改めて投稿します。

カジノロワイヤルから直接繋がりを見せている本作は少しボンドの私情を挟むような任務になる。

愛だけでなく彼と周りの人間との友情
>>続きを読む

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.9

以前のレビューが自分から見ても007ファンに申し訳ないものでしたので、改めて投稿します。

ダニエルクレイグ版007の1作目。
やはり金持ち相手に戦うスパイっていうのはダンディーでジェントルマン。
>>続きを読む

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020年製作の映画)

3.6

続編かスピンオフかやるような感じで終わらせたものの、このシリーズはここで止めておくべきな気がする。

何かと復活して儲けるのなら新たなシリーズものちゃんと制作した方がうれしいかな。

若かりしバッドボ
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.1

シャンチーようこそmcuへ

アジアのアクションは今やハリウッドの最高峰に届きそうだな。
しょっぱなからアクションがすごかった。
それにしてもさすがmcuだな、きれいに過去のストーリーも描かれている。
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.5

家族は偉大だ、何よりおばあちゃんが一番偉大だ。

夏はスイカとビールとサマーウォーズ。

よろしくお願いしまあああす。

ナイト&デイ(2010年製作の映画)

3.5

トムクルーズのスパイはやはりかっこいい。

キャメロンディアスの察知能力?が一般人とは思えないよね、スパイ相手にあそこまでできるのは1番の最強は彼女では…

花様年華(2000年製作の映画)

3.7

映像美に持っていかれる。

時の流れをチャイナドレスで表してるあたりがまた洒落ている。

共に相手に不倫された男女がプラトニックな恋をしてしまう。
これも罪だとわかっているのに…

大人な感じが最初か
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

3.9

ひと足早く鑑賞。

前作のスースクと比べて、やはりジェームズガン色がたまらなく出ている。

サプライズゲストが冒頭ひょっこり出てきて、1人で興奮してしまった。

このグロい描写を上手くコミカルに描いて
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

4.0

ぐっとくるものがあったのと、夏休みに見てよかったと思った。

初恋の人との文通。
あの頃の甘酸っぱさは20年も経つと哀愁に変わっていく。

他の人とは違う人生をみんなが歩んでゆくこの言葉で前向きになっ
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.3

久しぶりに駄作みたな。

もったいないと言わんばかりの豪華キャストと歴史の偉人たち。
電流戦争をもっと上手いことできなかったのかね。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.7

緊急ダイヤルの管制センターの描写しかないのに、たくさんの描写を見た気でいる。

音声と主人公の表情だけでここまで想像させられるなんて、すごい。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.6

スケールの大きいB級映画とはこのことだと言わんばかりのやりたい放題感。

もうワイスピの世界では蘇るというか死んでない。無理矢理感がここまでくると許せてしまう。

今回もなんやかんやでかっこよかったな
>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

3.6

とにかくマイキーが原作のマイキーだったし、ドラケンが原作のドラケンだったけど、原作通りの設定では実写化は無理か。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.8

こういう話題ってどんな時代でもどんな人でも変わらず存在する。

何も変わらない唯一の出来事。
それが愛とか友情とか腐れ縁だよね。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.9

ハリウッドでアジア系のラブストーリーがここまで話題になるなんてと思っていたけど、内容としてはなかなか面白かった。

アジアを代表とするハリウッドスターがたくさん出ていた。

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.8

新生チャーリーズエンジェル見参!

クリステンスチュアートがかっこよすぎて惚れてしまう。
ナオミスコットがアラジンよりもすごく綺麗だなって感じた。

続編やるならやるで楽しみ

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

3.4

ゾンビのクオリティは高いけど、内容が最後までありきたり。

人気になったら続編やろうかなっていう最後の伏線がさすがネトフリ。

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.8

ニコラスケイジの映画をまじまじと見たのは初めてだったかもしれない。

ウォール街の一流企業になった主人公がクリスマスの夜、謎の男に元恋人と結婚している世界に連れていかれる。

富や名声を手に入れている
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.8

ちゃんと観てきました。
IMAX3Dはいつぶりだろう?

モンスターバースもこれでついに繋がった。今後も展開していくのかはわからないけど、きっとゴジラはやるんじゃないかと思う。

前作の伏線がちゃんと
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.1

久しぶりに劇場でIMAXでマーベルが観れたこと、あの音楽が流れたこと、本当にうれしく思います。
映画の前のMCUのCMが劇場でみてなんだかグッときてしまった。

これを観たらもう一度インフィニティウォ
>>続きを読む

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

4.1

素敵なひと夏の冒険の物語。

アルベルトがいい奴すぎて、最後泣かしてきた。

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

3.5

エンドオブホワイトハウスから考えるとかなりストーリーずれたって思うけど、
ジェラルドバトラー好きだからまあ悪くないかなー

なんだかんだでこのシリーズ好きな人多い気がする

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット(2021年製作の映画)

4.1

ジャスティスリーグはザックスナイダー版を正式なものとしてDCEUでやるべきだったと思う。

そうすればMCUより勝っていたかもしれない。

ただこれ未完のままな気がして、しかも長い。ちゃんと前置きをし
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.8

歳をとれば取るほどこの映画の見方や捉え方が変わってくる。

少年たちのひと夏の思い出は歳を重ねるごとに永遠の友情へと変わっていく。

自分が教師になると思っていた時に子どもたちに道徳の授業でこれを見せ
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.6

難しい…

恋愛版インセプションに思えてくるくらい難しい。

運び屋(2018年製作の映画)

3.7

どんな手を使ってでもお金は手に入るが、時間だけは何をどうしても手に入らないってことがすごく伝わってきた。

とんでもないじいさんの話ではなく、家族に不器用で仕事に直向きな楽しんで生きているじいさんだっ
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.0

こんなに最後にぶわーと全ての喜びと幸せに満ち溢れる映画あるのだろうか。

最後の最後に定番ともいえるハッピーエンドに涙してしまう。
これはずっと愛されるに決まってる。
そして定番だからとか王道とか言っ
>>続きを読む

ハミングバード・プロジェクト 0.001 秒の男たち(2018年製作の映画)

3.4

結局何が言いたかったの?ってなる

予告や広告にそそられて観たかったものがやっと観れたのだけど、内容は思ってたものと違い、意外だった。

大胆でどんどんと突き進むアメリカンドリームな話かと思いきや、ア
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.2

元気が出る映画というものはこういうものだ。

ベンのような経験を姿勢で語るような紳士になりたいと誰もが思うだろう。
今の若いやつはとか、若いからねとか、よく若年層をバカにする人たちもいるけど、私たちも
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.9

現代になるに連れてヤクザの立場がどん底になっていく。

何が正義なのかがわからなくなる。
今まで許してきたのはこの社会なのに。

タイトルの家族には色々な意味が込められている。
もう義理と人情だけでは
>>続きを読む

>|