bagsさんの映画レビュー・感想・評価

bags

bags

映画(173)
ドラマ(0)

T-34 ナチスが恐れた最強戦車(2018年製作の映画)

3.0

史実を元に作られたとのこと
途中の珍道中は創作かな?

なもんだから、落ちが唐突
いよいよ盛り上がってきたのにそういうまとめ方?

まぁ割りと楽しめました

T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズ・カット版(2018年製作の映画)

3.0

初見でDC版
3時間超の大作

長さに苦痛なことはなかった
けど割りと淡々と話が進んでいった印象

客席が割りとバラエティーに飛んでた
男臭い客層かと思ってたら

通常版?だとまた違った印象なのかな?

雪暴 白頭山の死闘(2018年製作の映画)

3.0

中朝国境での雪中の格闘
悪党のリーダーが割りと情に厚かったりなかなか面白いんですが、肝心の刑事コンビの関係性とヒロインの立場がいまいち解りづらい
あと画面が暗くて人の見分けつかないのもいただけないかな
>>続きを読む

ナイト・オブ・シャドー 魔法拳(2019年製作の映画)

2.5

妖怪ファンタジー
子どもは出てこないので子ども向け映画ってことはないのだろうけど
話に深みはないです

良い妖怪は子分に、悪い妖怪は封印して消滅、と妖怪からみると酷い社会(笑
とはいえ、いわゆる悪い妖
>>続きを読む

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

2.5

王族と諸侯を取り巻く人々のお話
ドラマシリーズまったく見ていないので、少し無理があったかな

終始ドロドロ
爽やかさの欠片もない人間模様
昭和のお昼のメロドラマ、が好きな人だとピッタリなのかな?

>>続きを読む

真実 特別編集版(2019年製作の映画)

2.5

相手の考えを正しく認識するというのはとても難しいというのは誰しも経験のあること
それは親子とはいえなかなか難しい
母と娘に横たわる溝はどのようにして出来たのか
母親は気難しい大女優で一筋縄ではいかない
>>続きを読む

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

4.0

イスラエルパレスチナを風刺した、テレビの連続ドラマの制作現場のコメディ作品

面白そうな予感

ドラマと現実で様々な人間模様が展開
主役は定職がなく、叔父の紹介で翻訳スタッフとして参加するさえない青年
>>続きを読む

エスケープ ナチスからの逃亡(2019年製作の映画)

3.5

特捜部Q キジ殺しのサラソフィーボウスニーナの主演

ナチスドイツの迫害で追い詰められるユダヤの少女
追っ手を逃れ少年に変装
潜伏先にはナチスに協力する夫に従う妻
二人の違いってなんだろうね

ホドロフスキーのサイコマジック(2019年製作の映画)

3.5

予告動画はなんだか不気味
しかしそこまでヤバいことはない
施術は奇妙だけど

色々な人のトラウマをどのように解消するか

当初は何を目指しているのかよくわからなかったんだけど、そこまで突飛なことを求め
>>続きを読む

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

3.0

代表作
子どものころは俳優だと思っていて、実際に中国拳法をやっていたのを知ったのは大人になってからかな

ヌンチャク流行りましたなー
買いはしなかったので、みんなで竹を伐ってせっせと作っていた記憶
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.5

冒頭から相変わらずの殺戮マシーンっぷり

殺意を持って向かってくる敵全員ぶっ殺しますが、そうじゃない相手にはそれなりの罰で落とし前つけてます
彼のルールがあるんですね

今回は元居た組織をめぐるストー
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.5

贈賄により地元警察にも食い込むロシアンマフィアに対峙するのはデンゼル・ワシントン演じるマッコール
元CIAエージェントで身元を消して一般人に鳴りを潜め生活している

行きつけの店で知り合った少女を切っ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.5

図らずも劇場2日連続で19世紀の伝記物
見世物小屋、興行にかかわるストーリー

エレファントマンはかなり陰鬱な作品でしたが
こちらはお悩み無用、猪突猛進
あらゆる人を巻き込んで成功へ一直線、といった様
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.0

40年前の4Kリマスター作品
おどろくほどノイズが無く仕上がってる

当時は小さかったのでなんだか不気味な映画くらいの印象しかなかった
ホラーよりかと思っていたら全然違う

19世紀のイングランドに実
>>続きを読む

ナチス第三の男(2017年製作の映画)

3.0

「ハイドリヒを撃て」と同じく、ナチスの高官ラインハルト・ハイドリヒの暗殺を描いた作品
あちらはチェコの暗殺部隊を主軸に描かれていたが、こちらはハイドリヒの半生から暗殺まで、そしてその後のナチによる報復
>>続きを読む

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇りし者たちと最後の戦い(2018年製作の映画)

3.5

最終章でいきなり本気出してきた
展開速まって面白くなるも
なんとも悲しくも不条理な物語

このあとまだ続きそうな終わりかた

最終的にはめちゃおもしろい作品になったけど、3作目にいくまでに挫折しちゃっ
>>続きを読む

魔界探偵ゴーゴリII 魔女の呪いと妖怪ヴィーの召喚(2018年製作の映画)

3.0

黒騎士による犠牲者を出すも、助言により魔女を仕留める
いまだ能力を徐々に発揮しだすもまだまだ?
三部作らしいけどこのテンションなままいくのか?

魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち(2017年製作の映画)

3.0

ロシアに実在した小説家ゴーゴリーを元に創作したミステリー作品
ただし史実ではない
魔界とかいってるので当然ですが

3部作前提なのでいきなりこれからといったところで終わる

しかし主役がふかわりょうに
>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

3.0

デンゼル・ワシントンの悪役っぷりを堪能する作品
いつかいい面も出てくることを期待するも、時間が経つにつれさらに酷くなる悪人具合

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.5

むかし想像していたとおりのアメコミの悪
ヴィランっていうんだっけ

去年みたジョーカーは意外で驚いたんだけど
あちらは暴動は社会運動、みたいな
ちょうどアメリカで起きていたBLM運動のように

今作の
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.5

葛藤と成長
なかなか面白かった
よい意味で裏切られた

スーパーヒーロー物って勧善懲悪とか倒した敵よりさらに強い敵現る
みたいな展開がどうしても多くなるものだけど
この作品はヒーローの人間的葛藤を描い
>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

3.0

さすがに30年前の作品なので時代を感じさせますが、当時話題になっていたのは記憶にある
明石家さんまが盛んにニコルソンジョーカーのコントをやっていたのを思い出す(笑

ジャック→ジョーカーの変遷は今見て
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

3.0

力こそ正義?
アメリカ人の描かれ方がそれだったので
華人としての解決方法は一捻り欲しかったかな
取り敢えず中華街の人たちの問題はなんも解決してないから少し消化不良

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

演者がうまい
若者の成長物語?
オチは嫌いじゃない

オープニングの曲はかなり気に入った

21世紀の資本(2017年製作の映画)

3.5

面白かった
情けないながら書籍の方は未読
恐らくエッセンスというか重要なキーワードのみで構成しているので、難しいこと考えなくて見てられます

前半はそのキーワードがいかに温存されてきたか、その歴史を解
>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

3.0

時系列順に、ということでEURO MISSION(Fast & Furious 6)まで見たあとに

予想通りとはいえ、ハンの行動が異様に不可解なことになってます
他作品でたびたび東京、東京発言し、ユ
>>続きを読む

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

4.0

ここまでで一番面白かった
レティの復活も、そこまで違和感なし

最後の決着はあっさり感あるが、ジゼルの死まであっさりしなくても

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.0

ミュージカル劇の映画化
ミュージカルと知らずにみたけど、最後まで一気に連れていかれた
そんな感じ

舞台は60年代ボルチモア
ボルチモアというとオリオールズとカル・リプケンしか思い浮かばない
あとエデ
>>続きを読む

オーケストラ!(2009年製作の映画)

3.0

実際にあった偽ボリショイ楽団の話を元に脚色したストーリーとのこと

ソ連時代に天才指揮者が仲間のためにユダヤ人排斥に抵抗したため、追放されてしまう
その30年後のお話

フランスからの招待で、こっそり
>>続きを読む

暁に祈れ(2017年製作の映画)

4.0

イギリス人ボクサーの自伝を映画化したとのこと

タイの刑務所での話し
全編に漂う重苦しさと不気味さ

いきなり若い囚人をよってたかっておかす囚人たち
そして翌朝首をつって死んでいる…

4年服役中に複
>>続きを読む

ドミノ 復讐の咆哮(2019年製作の映画)

2.5

なんか期待してたのと違った

コペンハーゲンで少し気持ちがたかぶってしまったのがいけなかった

暴漢に襲われた刑事が亡くなる
実は同僚と不倫中
おまけに妻は体を悪くしていて、その妻を捨てて結婚の約束を
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

3.0

南極物語を大昔みたなー
こちらはほのぼの系

とはいえ長い生活いろいろあり、貴重な水資源を一人勝手に使ったことでの取っ組み合い、長遠距離恋愛になった彼女にフラれ、深夜にこっそりつまみ食いが続出し、ラー
>>続きを読む

ワン チャンス(2013年製作の映画)

4.0

スーザンボイルは知っていたけどこちらは知らなかった
同じイギリスの素人参加番組で見いだされてプロのオペラ歌手になる
こちらの方が少し先なんだね

クライマックスの優勝に向かって徐々に盛り上がっていくと
>>続きを読む

スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班(2017年製作の映画)

2.5

見始め直後は期待感高まったが
政治家や高級官僚への贈賄に絡む悪事を暴く
のかと思いきや、交通事故犯の検挙で終わってしまった…
不正を暴くのに登場人物みんなチッサイ不正行為しまくってて何してんだろ

>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.5

フランス版シティーハンター
忠実にオリジナルキャラ再現してる

少し下ネタがしつこいけど笑

マッド・ダディ(2017年製作の映画)

3.0

予想外に良かった
劇中で巻き起こってる事は良くない事だけど(笑)

ニコラス・ケイジは狂った感じが良いね
そして全盛期と比較するとだいぶくたびれてしまって

それがテーマと合致しててさらに

まぁみん
>>続きを読む