bagsさんの映画レビュー・感想・評価

bags

bags

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.5

演劇が評判をよんで映画化
それも評価高い、ってことで気になってた
内容的に野球はほぼ関係ないです
同級生たちが試合しているのをみて自分の3年間を振り返る
結構気になるフレーズが出てきます
しょうがない
>>続きを読む

世界で一番しあわせな食堂(2019年製作の映画)

2.5

すべて綺麗なんだけどね
中華料理はどれも美味しいだろうし、フィンランドの風景もよい
住む人々がどんなキャラクターなのかはわからないですが悪人は一人も出てこないです
途中で実際にあった出来事なのかな?と
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.0

最後通じあったのでしょうか?
やっぱりMECHAは自由に打たせるようです

3-4x10月(1990年製作の映画)

3.0

まさかの結末
寡黙な人が思う常軌を逸した世界?

激中わりとレアな野球の反則プレーで客席の反応が良かったのに驚いた
わりと若い人多かったように思ったんだけど知ってるのかって

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

3.0

組織や集団の怖さというのは統率されたところここでは組織に従わない二人が出てくる
動機が個人的なのでどうにも掴みがたい怖さがある
周りのもっと上手くやればいいのにという思いも、何を目的にしているのか掴め
>>続きを読む

コミック雑誌なんかいらない!(1986年製作の映画)

3.5

当時話題を集めたできごとが数多く出て、その本人たち(三浦・郷)が出くるという点でも面白い
一番衝撃的だったのは豊田商事会長刺殺かな
集まったマスコミが傍観していてことに批判があったように記憶
テレビは
>>続きを読む

ソナチネ(1993年製作の映画)

3.5

通しで見たことはないと思うが、見たことある場面がチラホラ
何かの紹介番組でみたのかな

死を身近に感じることって特に現代人は少なくなってるかも
タケシの死生観を表現した映画なんでしょう

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

3.5

最後に史実と知って驚き
証明書提示を拒んだ下りとかありそうではある

軽蔑していた部下もだんだんと狂っていく感じがよい

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.0

ボコられるけどボッコボコにする
夫婦仲が意外とあっさり良くなったのはそんなもんなんかな

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

3.0

『たった一人独学で作り始め、7年の歳月をかけ完成した奇跡のSFストップモーションアニメ』
『伝説のカルトムービーが遂に日本上陸!』
こんな売り文句に加え、予告動画やサイトにあるなんだか異様なマスク
>>続きを読む

蜘蛛の瞳/修羅の狼 蜘蛛の瞳(1998年製作の映画)

3.5

蛇の道の続編

冒頭からその後のお話という位置づけ
前作同様説明がほぼなく進む
割と演者があれだったり、母親のその心境ってありえるのか???
といった不思議なところがあるのだけどそこはそれと気にせず見
>>続きを読む

蛇の道(1998年製作の映画)

3.5

90年代のVシネマ
画質が荒かったのはそのせい?

哀川さんの演技をみてるとサンド伊達さんのモノマネそのままって感じである意味感心(謎)

ただ話は面白い
淡々と説明セリフも少なく謎が謎を呼ぶ感じで悪
>>続きを読む

ラン・オールナイト(2015年製作の映画)

3.5

殺し屋、父子のものがたり
友情物でもあるのかな
負の連鎖を断ち切るのは相当難しいと

ヒッチャー ニューマスター版(1986年製作の映画)

3.5

結局なんだったんだろうか
ちょっとしたことで変質者に付け回されたのか、元々狙われていたのか

「俺を殺せ」ということなんだけど
ある意味なんらかの成長を促されていたともとれる
選ばれた人なんですかね
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.0

アマプラの吹き替えに挫折したので全編観るのは初

社会的な成功者という表の顔に潜む闇
今で言うポリコレ発言はその闇の裏返しなんでしょうか

オチは現実か妄想か

俺は今輝いてる! 異常人間、溌剌(はつ
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.0

躾からくる行動
生まれながら、ではなく育った環境がなせるもの

主演の狂気っぷりが見どころ

俺は今輝いてる! 異常人間、溌剌(はつらつ)ナイト

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

3.0

行動に移す移さないの差
二階から飛び降りる、罪を犯す
動機はそれぞれ違うでしょうがみんな同じ事だ
というのがレイモンの主張

今回の動機がこの映画のキモなんでしょうか

そして罪の意識の低さや人として
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

3.5

これまた度々テレビでもやったりよく観た映画
アメリカの禁酒法って10年も続いたんだね
よく続けられたものだ
ギャングが力を付ける結果にも

エンニオ・モリコーネの音楽がこれまたいい
何か物悲しさを誘う
>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

4.0

Welcome to The Rock

ビデオテープ時代に散々観たけど劇場では初
ストーリーは全てわかってるんだけどやっぱいい
ストーリーも役者もサントラも好きな映画

双璧のアリバイ(2019年製作の映画)

4.0

愛から始まり愛に終わるお話
クライムスリラーなんですが

2019年のタミル語映画で有数の作品
という事でしたが、なかなか面白かった

序盤は話がサクサク進み、少し置いてけぼり
そこから徐々に状況が追
>>続きを読む

マーリ(2015年製作の映画)

3.0

Maari 2015 インド・タミル語映画
Dhanush主演

毒を持って毒を制す
どうみても小悪党なんだけど
ずる賢くいきてます

マーリ~
って音楽が耳から離れない
続編も気になる

聖なる犯罪者(2019年製作の映画)

4.0

信仰とは何か
善良とは正義とは何なのか

愛の宗教キリスト教
矛盾を抱えていない人はいないよね
善と悪は表裏一体なんですかね

すべて裏腹

ウィッカーマン final cut(2013年製作の映画)

4.0

むかーしア・テスト直前ころに
近所で宗教絡みの切り刻み事件があったなー
なのでこんな事が実際に過去にあってもおかしくないかも
島民が終始ニコニコしてるのもいい感じに不気味
この手の題材って無理がありす
>>続きを読む

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

4.0

意外な面白さ
グダるかと思ったけどそんなことも無く
そして色々とグロい

ハッピー・オールド・イヤー(2019年製作の映画)

4.0

身勝手オンナのワガママストーリー
なんだけど、途中これいい話かぁ?このままいくのか?と思いきや
そうだよね、と納得&一安心

自分も整理をしたいんだけど、断捨離がこんなにも辛いと躊躇しそう笑
だけど成
>>続きを読む

100日間のシンプルライフ(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

それは本当に必要なモノなんですか?
そんなことを問いかけるストーリー
道具としてのモノの見方
ツールに振り回されてるのはよくないよね、というお話
確かにそうなんだよね

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.5

クライマックスはお見事
とはいえ話が少し強引な所というか、そうなるんだっけ?
みたいな所もあったり

ヒロイズムみたいなのも気になるけど
そこは現代人による過去の反省の現れということで

朝が来る(2020年製作の映画)

4.0

思っていた論点と違った
けど結構ハマった

観ていて感じたのは、この視点はそこまで考えたことはなかったなぁ、と
なので最後の永作さんの言葉にはグッときた

クライマックスは開始早々に起きるけど
双方か
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.5

求道者というわけでも世捨て人でもなく
ただ受け入れがたかったり馴染めなかったりすることもあるし
人と見え方や捉え方が違うなと気づくこともあり
赦されそうな気もするし辛そうな生き方にも思える
翻弄されて
>>続きを読む

プリズン・サークル(2019年製作の映画)

4.0

犯した罪をきっかけに、過去や現在の自分と向き合う受刑者たち
取り上げられていた人たちの多くは幼いころの家庭環境に問題が多かったようでしたが、TCプログラムに参加したひとたちは必ずしもそういうカテゴリに
>>続きを読む

はりぼて(2020年製作の映画)

2.5

ドキュメンタリーは割と好きなんだけど
これは政治腐敗コメディの様相
情報公開請求に対し忖度発生するところとか国も地方も同じ、日本人の悪癖まんまなんでしょう
そして、政治的汚点がない若手からは人間的に最
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.0

西洋って孤独を許さないですよね
キリスト教がそうなんでしょうか

いままで孤独を埋めるために適当な人付き合いを続けてきましたが、本当の孤立、まるでヒトがロープレのNPCのような状況、を味わったことで感
>>続きを読む

ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち(2017年製作の映画)

4.0

アメリカ先住民の音楽業界への貢献
だけではなくて、長く迫害されてきた(いる?)歴史についても音楽と絡めて綴られています
不勉強過ぎていまの状況とかも解ってないんですけどね

想像以上にネイティブとブラ
>>続きを読む

ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった(2019年製作の映画)

3.0

リーダーのロビーの自伝による映画だそうで
なのである視点からのお話、といった感じのようで

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.5

個人としての取捨選択、型にはめられた生き方、性暴力の問題
こんなところがテーマとして描かれていました

人生の選択問題なのか世代間ギャップの話なのか、はたまた男女の問題なのか
いりまじってる感じが少し
>>続きを読む

>|