たk41さんの映画レビュー・感想・評価

たk41

たk41

映画(183)
ドラマ(0)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

今年劇場で観た作品の中でトップクラスの作品でございました。こんなにギークな内容で詰め込みすぎだろって程なのに綺麗にまとまってるんだよなぁ、ホントスピルバーグマジックかと。とにかく諸々の元ネタを知ってい>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.8

この続編はありでしょう。確かに前作と多少テイストは違えど血が滾る展開は間違いないし、バトンタッチした主役のジョンボイエガのキャラクターも悪くないし。これからどんどんパシリムユニバースが広がっていっても>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.4

終盤の映像は歴代邦画の中でもトップクラスの凄さだったかなと。憲武が演じると年齢的にも役柄と丁度で家族にも無視され社会にも無視され続けるあの悲壮感が際立っていてなんとも。あのおじさんがジェットで飛び回っ>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

待ちに待ったあのジュマンジの続編を堪能。ボードゲームだったものがゲームの世界に変化する辺り時流というか現代風な味付けだよなぁと。前作は現実世界にジャングルの異質な存在が直接襲いかかるアナログな展開だっ>>続きを読む

ゲームオーバー!(2018年製作の映画)

3.3

ド直球に下品で過激な表現満載。アレもモロ出しでドン引き笑ネトフリじゃないと出来ない映画よな~。ジャッカスメンバー出てくるのは笑ってまう。

ミステイクン(2011年製作の映画)

2.8

終盤の急な展開には苦笑い。更にラストのアレで唖然。

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.3

宣伝文句がやっぱ過剰だよな~。疑り深く観てたら大体早々と読める真相だしそれを越えるサプライズが無いからこんなものなのか~ってちょっと煮え切らなかった。クライマックスに向けての燃え上がりがもう少しあれば>>続きを読む

アウトサイダー(2018年製作の映画)

3.3

任侠ものとしては何かが足りなくて惜しい出来。もっと感情を揺さぶってくる展開があれば良いのだろうけど何かドライなんだよね。ジャレッドレトーも感情を極限まで殺した様な役回りだから余計にそう感じちゃったり。>>続きを読む

アンダー・ザ・ナイフ(2018年製作の映画)

1.3

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018にて。うーん、15分の短編でも正直キツい内容だったかな。意図的に???な感じのカットを盛り込みまくっていたけど内容も良く分からなくなるし(それが狙い?)テン>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.8

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018にて。1970年代ってここまで男尊女卑が根付いていた時代だったんだね~今では社会で性差を感じる事なんてほぼほぼ無いことだしLGBTQの方々も当たり前の認識な>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

4.0

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018にて。いやぁこう言う強い頭の切れる女性演じたらもう右に出る者がいないんじゃないかって位のキャリア築き上げてるよなジェシカジャステイン。モリーブルームの波乱万>>続きを読む

パズル(2017年製作の映画)

3.3

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018にて。どこか現実離れした展開でお話が進んで行き終盤で明かされるネタでtwistを喰らい、オチはそう来たかっ!!と振り回された一本。配給されたらディノスシネマ>>続きを読む

キュクロプス(2018年製作の映画)

3.8

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018にて。朝一番に観るには中々刺激強い感じだったけどグイグイと蟻地獄の様に引き込まれるお話だったなぁ。邦画でもこんな韓国映画顔負けのハードボイルド、ノワール映画>>続きを読む

ぼくらと、ぼくらの闇(2017年製作の映画)

3.5

あぁこの陰鬱としたジュブナイル加減ホントに素晴らしい。胃液逆流するレベルで胃がキリキリとしてくる中盤以降の展開、平凡な日常が崩れ去って陰を落として行く感じに心底やられたな。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

何て美しい映画なんだと鑑賞後暫し呆然となった本作。ギレルモデルトロが撮るファンタジックなラブストーリー、そら何にもない訳がないと思っていたけど割とド直球にヤバいシーン盛り込んでくるのに全て通して観ると>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

他のMCU作品とかと比べて今までのものの中で一番らしくない映画だったかなってのが第一印象。やれシールドだ、アヴェンジャーズだって単語が飛び出してこなかったからなのかな。その分特濃ワカンダ成分に打ちのめ>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

This Is Meがホントに良すぎる。あれだけで元取れるレベル。ストーリーはありきたりと言えばありきたりだけどやっぱり胸を打たれる出来。

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.8

毎度切り口変えてくるあたりこのシリーズ面白い作りしてるよなー。POV怪獣映画からの密室サスペンスで今作は遂にがっつりSFものだもん。単体の別映画として観れる作りだけどコレが全ての因果となってあのオチだ>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.0

なんだこれは!?!?ってレベルの戦闘シーンの数々にただただ圧倒されるしかない感じで。例えて言えばキングスマンの教会でのハリーのシーンが全体の六割を占めている濃度の作風。確かにドラマ部分でテンポ削がれち>>続きを読む

着信アリ2(2005年製作の映画)

2.5

ネトフリ開いてふと目に止まったので久々に鑑賞。個人的には一作目が好みなのでなんともうーん、、、な仕上がり。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

公開初日に観たのに感想投稿失念してたので今更。数日経って色々な感情が自分の中で纏まった感じで。
娘を無残に無くした母親の執念が物語の最初から最期まで貫き通されていたもんだからえらく胸を締め付けられる。
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.2

いやぁ笑ったし泣けたし何も文句のないシリーズ2作目。予告編で見せていたギャグシークエンス、何度か観たけどやっぱり面白くて笑ってしまったし。刑務所の中でのくだりがやっぱり好きかな~。

ファウンド(2012年製作の映画)

3.5

レンタル出来ずに引きずっていた作品をネトフリで見つけてついつい鑑賞。スプラッターなのに心鷲掴みにされる映画って何事よという驚きで軽く放心状態、、、笑
終盤弟君に感情移入してきたかなって所であの展開にな
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

3.8

劇場でエラくヤバいもの観たな~って思った記憶が。久々にネトフリで再鑑賞。役所広司のキレキレっぷりもそうだし、小松菜奈の悪魔っぷりもそうだし登場人物みんなぶっ飛んじゃってるのがたまらない。個人的には妻夫>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.3

映画全体のテイストは悪くない、むしろ好きな部類。何があわなかったかと言えば、陸上ドンパチシーン。オープニングシークエンスの延長線上の闘いが観たかった訳で。まさかコレで終わりと思ったら決着着いちゃうんだ>>続きを読む

ザ・リッパー(1982年製作の映画)

3.3

フルチにしてはストーリー自体平凡なサスペンスドラマって感じで拍子抜けした感。えげつない描写も???となるような演出も影を潜めていてその分エロス度が高めだったというか。ジャーロを撮ってみたけどそのレベル>>続きを読む

F/X 引き裂かれたトリック(1986年製作の映画)

3.1

可もなく不可もなくというか、もっとストーリー中にSFXの技巧を織り込んで盛り込んで欲しかったかな~。結局撃たれたー、、、→死んだ振りでしたーな流れしか印象に残らなかったもんで。

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

3.8

小さい頃から何度も観ている大好きな作品。改めて観てるけど今作のホーホーホー作戦はハリーとマーヴを完全に殺しに掛かってる笑

パディントン(2014年製作の映画)

3.8

続編公開前に鑑賞。気楽に笑えてほっこり出来る内容で◎。終盤MIのテーマ流れてニヤリ。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

流石の面白さ。前作からのファンってとこもあったけど贔屓目に観ても楽しかったかな。というか予告で解ってたけどホントに序盤であっさりあんな展開になるとも思わなかったから度肝抜かれた訳で。
ハリーとエグジー
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.1

ラブコメなんて映画館に観に行ったの初めてなんじゃないかって感じだったけど良いもの観れた。単にアイドル役者が胸キュンな台詞を吐いてティーン女子がキャーキャー言うような映画では決して無く、その真逆というか>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

何やかんやで昨日の地上波放送まで観てこなかったけどやられたなー。今までの新海作品の良いとこだけ凝縮して更に昇華させた作品だった。程良いSF感で決して出逢うことのないボーイミーツガール描くのが面白くない>>続きを読む

星を追う子ども(2011年製作の映画)

3.0

怒濤の新春新海誠祭。やっぱ詰め込みまくったジブリ要素が作品のオリジナリティを喰ってしまってる感。異世界ものだからしゃあないと思うけどもっとスッキリ世界観をまとめて欲しかった様な感じも。

パニッシャー(2004年製作の映画)

3.3

ネトフリ新年一本目。これ観る前にシャークトパス観ようとしたけど多分不毛と感じこちらに。オリジナルのドラマ版観る前に今作とウォーゾーンを観てからにしようと思い鑑賞。フランクの非情さがイメージより幾分かマ>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.6

昨夜に引き続き深夜の新海誠祭。この人の作品のカット割り凄い印象的で好きだな~。お話はやっぱこうベタベタな路線なのね。

>|