taka181さんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

taka181

taka181

深読みしない(できない)

映画(484)
ドラマ(2)

グレムリン(1984年製作の映画)

3.4

退治の仕方がいちいち魅せるのと、ギズモもフィービーケイツも可愛いので満足です。

奇跡の2000マイル(2013年製作の映画)

3.4

ちょっとイントゥザワイルドを彷彿させる、静かな自然過酷ロードムービー。

スカーフェイス(1983年製作の映画)

3.4

触れたものが全て腐る悪党成り上がり物語。なんかスケールのデカいVシネみたいでした。

スパニッシュ・アパートメント(2002年製作の映画)

4.7

再見。何度みても素晴らしい。若さと多国籍が織り成す最高の群像劇。青春映画とはこういうやつのことを言うのです。大好き。

悪魔とダニエル・ジョンストン(2005年製作の映画)

3.7

天才を神格化するな、と。でもこの映画のスタンスは無視され、結局あらゆるエピソードが神格化のために抜き出されてしまっている気がするんです。

ハリウッド★ホンコン(2001年製作の映画)

4.5

フルーツチャンすごい。。吐き気がするほどのセンスでグロテスクとポップの間を縫うような、「僕の右手を知りませんか 行方不明になりました 指名手配のモンタージュ 街中に配るよ」見たこともないような映画の撮>>続きを読む

オー・ブラザー!(2000年製作の映画)

3.9

アメリカには先祖返りなんてせずに、ずっとこうであってほしい。アメリカ人ならもっと小ネタを楽しめたのでしょうが、それを差し引いても気持ちの良い映画でした。

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

3.4

ストップモーションアニメにどうも馴染みきれなかった。しかしジャーヴィスコッカーが声優やってるとは。

ハート・オブ・ウーマン(2000年製作の映画)

4.2

設定がちょっとなーとか思っていたら、ロマンティックコメディのお手本と言っても良いくらい素晴らしいじゃないですか!笑いありロマンスありちょっとした感動と教訓めいたものも。大満足。

シングルス(1992年製作の映画)

3.3

ハイパーグランジロマンティックコメディ群像劇。

恋恋風塵(れんれんふうじん)(1987年製作の映画)

3.4

初ホウシャオシェン。すごい好きになりそうな予感が勝手にあったけど、まだそこまでハマりません。

リプレイスメント(2000年製作の映画)

3.5

アメフト版メジャーリーグ。ちょっとやりすぎなストーリーですが、これはアツくならざるを得ない。

ワーキング・ガール(1988年製作の映画)

3.3

80年代、ニューヨーク、ロマンティックコメディ、サクセスストーリー。全部のっけて、気持ちいいくらい軽かったです。

月の輝く夜に(1987年製作の映画)

3.2

かなり起伏に富んだ面白ストーリー展開なのに、緩やかに場面が流れてく感があるのは時代のせいかイタリアノリなのか。気楽に楽しめました。

グッドナイト&グッドラック(2005年製作の映画)

3.4

ジャーナリストのエドワード マローはもちろん、こんな硬派なの撮ってしまうジョージ クルーニーも格好いいです。

エスター(2009年製作の映画)

3.3

おそろしあ。正直ヴェラファーミガ目当てでした。

少女は自転車にのって(2012年製作の映画)

4.1

津村記久子のワーカーズダイジェストを読んで気になってみたら、小説内の評の通りに素晴らしかったです。全然ウェットじゃない、純粋な物欲が動機の努力、大人への反発、同年代の異性友達との距離感、注意されてもコ>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.3

前半はこんな映画ずるいわって思ってたら、素晴らしい後半からのエンディングでした。でももう一回、あのずるい前半がみたいな。

嗤う分身(2013年製作の映画)

3.5

これまたもろに世にも奇妙な物語ノリ。謎に日本語歌謡がやたらかかってるのはなんなんですか。

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.6

へんな家族を使って、家族の関係性を描くって事では、ザ ロイヤル テネンバウムズがあるからなあ。

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

3.5

ファンタジーとホラーとコメディの絶妙なバランス感。世にも奇妙な物語のノリとかに近いかもなと思いました。

スパルタンX(1984年製作の映画)

3.7

どうもジャッキー映画というよりサモハンキンポーが好きな節があるなぁ。痛快なコメディ&アクションとスペインという舞台設定がマッチしてます。

メジャーリーグ(1989年製作の映画)

3.5

めちゃくちゃ久し振りにみたと思うけど、100分そこそこでこの漫画みたいな展開、熱くならざるを得ない!ついでにストッパー毒島も久しぶりに読み返したい。元気でます。

ファミリー・ゲーム/双子の天使(1998年製作の映画)

3.2

ディズニー仕様で少々わかり易すぎるけどほっこりして良かった。

追憶(1973年製作の映画)

3.7

ほろ苦いどころじゃない、苦かった。バーブラ・ストライサンドが強くて可愛いキャラクターを上手く演じてますね(あるいは素に近いとか?)。

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

3.4

デニス・ホッパーの怪演すごい。リンチワールドにはまだまだついていけてません。。

スピード(1994年製作の映画)

3.9

いま見ても、オープニングのタイトルロゴとエンディングテーマのダサさ以外は完璧です。

チャイニーズ・ブッキーを殺した男(1976年製作の映画)

3.5

幸せな人とは、気楽になれた人。ジーナ・ローランズもピーター・フォークも出てこないカサヴェテス映画、ちょっと気楽にはみれませんでした。

プラトーン(1986年製作の映画)

3.5

ドロドロの戦争をドロドロに撮っていてしんどいけど、きっとこれが戦争なので、素晴らしい映画ということだと思います。

ドランク・モンキー/酔拳(1978年製作の映画)

3.5

いちばん好きなシーンはジャッキーが爆食いして食い逃げしようとするシーンです。

プライベート・ベンジャミン(1980年製作の映画)

3.6

なんとも気持ちの良い映画でした。コメディはこうでなくっちゃ。

ジョニー・スエード(1991年製作の映画)

3.1

なんかB級なドアーズのセカンドアルバムみたいな映画だなって感想もったら、なんとドアーズのドキュメント映画撮ってる監督でした、というオチ。