takaさんの映画レビュー・感想・評価

taka

taka

映画(111)
ドラマ(0)

影裏(2020年製作の映画)

3.8

人のほんとうは明るく見えている部分じゃなくて影の最も暗いところを見なくちゃいけない。
好きになった人の暗いところには思いもよらぬ顔があった。でも、最後にはやはり、信じてた彼だった。彼の優しさがあった。
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.1

脚本がよかったと言う人がいたので観に行った。
脚本はともかく、面白かった!初めの方は設定を把握するのにちょっと集中しなきゃだけど、後半、謎解きの部分は特に面白い。ダニエル・グレイブは探偵なのね?刑事た
>>続きを読む

嘘八百 京町ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.4

もっとはちゃめちゃなだましの話しが見たかったのに、いい話にしようって感じがあって、残念。1作目が面白かったからハードル上がってたのかな?メイン2+1人が豪華なだけにもったいなかったな。
塚地さんの学芸
>>続きを読む

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

3.5

相変わらずとがってるな、松尾さん。
秋山菜津子さんがカリギュラ前なのに こんなすごい役どころをやってておいおいって思っちゃった。

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビ映画だと知らないで行ったので、ビックリ。中村倫也くんはいい味出してたから、これがシリーズになればなと思ったのに、死んじゃうし。
ゾンビ映画は苦手で😆
主役の二人が可愛かったから、なんとか最後まで
>>続きを読む

his(2020年製作の映画)

3.7

LGBTでもいろいろあって、これはG ゲイの二人のお話。
今泉監督、悪い人は誰も出てこないと言うだけあって、穏やかで優しい映画でした。
現実はどうかしら。
こんなにみんなの理解が得られるかどうか。切り
>>続きを読む

フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛を込めて(2019年製作の映画)

3.5

いい声!美しいハモリ!
綺麗でのどかなコーンウェルの景色が素敵。
普通の漁師田舎のおじさん、おじいさん達なのになんでかっこいいのに?本人たちも映ったけど、かっこよかった。
でも、イギリスって、え?って
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.7

やっぱり、車大好き、カーレース大好き人が観るのと、なんの興味もない人(私)じゃ評価が変わるよね。
あと、事情を知ってる人と知らない人じゃ評価も変わる。
史実にしても、最後は辛い。
クリスチャン・ベール
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.9

レビューの点数とサスペンスらしいということだけで、行って来た。
前半、翻訳家達が集められて幽閉され、おーおー、サスペンスっぽいぞって思ってたら、なかなか話が進まない、わかり辛い。
大丈夫?ほんとに面白
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.1

戦争やファシズムの愚かさを軽やかに、でも痛烈に描いて、最後は希望を😊👍
かわいいヨーキーも生きてた。
言語を理解出来てもっと深くこの映画を理解出来たら、と少々悔しいけど。

主役のローマンくんがとても
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.3

予告が流れてた頃は初めコメディかと思い、後半はホラーなの?サスペンス?なんて思っていたけど、実際観るとちょっと悲しい映画だった。

生まれた時代と場所はどうにも出来ないよね。
小気味よいテンポで物語は
>>続きを読む

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

4.1

ドラマを観ていたので、吹き替え版で。
おもしろかった。豪華だし、ちゃんと隅々まで丁寧に作られてる感じ。

ドラマ版でいつも思うけど、話がサクサク進んで伏線も上手く絡んでるのに、話しはとても分かりやすい
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.9

まず、桑田さんの口上と歌から始まるのはなぜなんだろう。
私は寅さんが苦手で、1作しかちゃんと観たこと無かったけど、本編はとても良かった。
甥っ子の満男を軸に出てくる寅さんのエピソードはどれも人間臭くて
>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.4

成田くん、いいね。ちゃんと主役はれてた。
永瀬さんがやっぱりいい味出してるよなー。
あちこちエンドロールでも出てくる活動写真が面白く作られてて、じっくり見たいなあって思った。

面白いんだけど、題材の
>>続きを読む

リンドグレーン(2018年製作の映画)

3.2

アストリッド・リンドグレーンの自伝的物語。
時代背景があるから、そりゃ大変だったろうとは思うけど、まあそんなに波乱万丈でもなく、お母さんとの確執もなんかもうひとつと言ったところ。
事実を映画にしてるだ
>>続きを読む

決算!忠臣蔵(2019年製作の映画)

3.4

切り口がお金。お金に興味ない人はもう一つかな。関西弁が鮮やかで、好きだった。俳優さんはみんな上手。播磨弁とかもほんとうはあるのかな。

何でもかんでもお金に換算するから、最後は映画ってお金かかるんやろ
>>続きを読む

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.8

中世のヨーロッパ、戦いは弓、斧。馬が細い路地を縦横無尽に駆け回る。階段だって登る。馬車で抜きつ抜かれつ、迫力はベンハーを思い出した。ほんとかっこよかった。

目が魅力的なヒロイン、お顔があらわになると
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.2

世界中の誰もビートルズのことを知らなくて、それに乗っかって、自分が名曲を作ったってことでスターになって行く。結末は?
もう、こんな展開に こんなハートフルな終わりになるとは!
感動で最後の方は涙が止ま
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

ことごとく運命は彼に微笑んではくれず、どんどん底辺へと転がり落ちるアーサー。

中盤からは、それもアーサーの妄想だったんだとか物語は破天荒な展開になっていく。

ピストルをくれたからと言って子供達のい
>>続きを読む

パリに見出されたピアニスト(2018年製作の映画)

3.4

タイトルや予告に惹かれて観た。それ以上でも以下でもなかった。

女帝?とのやり取りで、なんてクラッシックて大変なんだろうかと思っちゃったわー。音大生や音楽で食べてる人はみんなここ通って来たのかな、尊敬
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

安定の三谷作品。面白かった。

あちこちに笑いあり、グッとくるところもあり、ちゃんと最後は落ち着くところに気持ちよく落ち着いて。

小池栄子さん、よかったー。最高に好きです。有働さんの付けまつ毛が重そ
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.9

小説は既読。でも細かいところはもう抜けちゃってる。

あれだけの小説を上手く魅力的に2時間にまとめたと思う。小説は風間塵が主軸だけど、映画は4人、特に栄伝亜夜がメイン。
今回は普通な松坂桃李くんがこっ
>>続きを読む

タロウのバカ(2019年製作の映画)

3.7

警察も出てこない。誰にも助けを求めない。
そもそもそんなことが出来るようなら、こんな人生を歩んで短い人生を終えてなかったよな。

学校にも行ってない、なにも教えて貰ってない、世の中価値観とか善、悪、な
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

4.0

好きだな、蜷川さんの世界観。筋だってちゃんとしてるのに、この低評価、なんなんだろ。

沢尻さん、あまり身体の露出すくないし激しい描写もなかったから、NGなのかと思ったら、舞台挨拶で小栗さんが来なかった
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.7

初め少しだるくて😁 でも後半が凄いから、面白いから(語彙力0)

いろいろ出てくるのが年配じゃないとわかんないかなー。シャロン・テート事件とか。
ともかくブラピがちょーかっこよかった。声もセクシーで素
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.1

池松壮亮舞台挨拶つき

20代最後の総括として代表作になるように。
宮本の真っ直ぐな清く正しく美しい生き様は僕のヒーロー。
平成最後に始まったこの撮影はそれまでの贖罪と、、
あ、忘れた、池松さんなんて
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.8

2回涙😢
Your song出来た時とレジーをハグしたところ。

やっぱり音楽っていいなあ。

エルトンがパパにハグしてもらったことがなかったなんて、ママにもあなたはその人生を選んだんだって拒否されて
>>続きを読む

ドッグマン(2018年製作の映画)

4.0

誘われて、ドッグマン。
衝撃の展開だった。おまけに2列目で迫力が。
でも、主演のマルチェロ・フォンテの表情が素晴らしかった。虚と空。
やり切った感のバイオレンスも。その街も空気感も。
こういうのにぶち
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.8

面白かった。これ推しだったらリピしてるところ。
ただただ楽しい。

最後キスの後のあの田中圭の顔、やっぱり、上手い、あの表情!あの顔観にいくだけでも価値あった。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

4.0

どこかのコラムで後味悪いとか書いてたもんだから、構えて言ったけど、全然だった。カルリートスは魅力的で。
途中、トランクスの横っちょからはみ出てるものがアップになって、あーぼかし入らないのねって思った😆
>>続きを読む

引っ越し大名!(2019年製作の映画)

3.6

小説が面白かったから、期待していたのだけれど、なんか物足りない仕上がり。
時間が足りないのかしら。

高橋一生さんはいつもの繊細なのとは打って変わって、野太い男を上手くその手にしてて感心しちゃった。

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

3.9

たまたまそこに生まれただけ、自分はたまたまここに生まれただけ。世界は不条理に出来てるとつくづく思うな。

戸籍がなくて、身分証明書がなくて働けない。学校に行けないし、深く考えることを学んでない。避妊す
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.8

現実味がすごくて。

松坂桃李さんがよく出演決めたなって言われてるけど、ありうるよな、こんなこと、あったよな、こんなことって普通に思っちゃう映画だから、出ない方がむしろおかしいよね。

初めのほう手ブ
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

フランスの現代の大きな問題。移民受け入れ。
シングルマザーだった母親サンドリーナをテロで失ってしまったまだ幼いアマンダ。24才の叔父ダヴィットがアマンダを育てる決心をするまでの、話しなんだけど、その二
>>続きを読む

>|