係長心得さんの映画レビュー・感想・評価

係長心得

係長心得

近所の眼鏡屋さんにて。

映画(130)
ドラマ(8)

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.2

Amazon prime 見放題終了間際で駆け込み視聴。

事故で全身麻痺の大富豪とスラム街出身の黒人青年の素人介護。

障害者に対して容赦、忖度しない明け透けなドリスとそれを楽しむフィリップとの軽妙
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.3

色彩豊か。日本版「カラー・オブ・ハート(原題:プレザント・ヴィル)」のような映像。

多彩な演技の北村一輝が、ただただ面白く、
ファッションショーのように衣装が次々と変わる綾瀬はるかが、ただだ美しい。
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.0

ロッキー対ドラゴの次世代対決。

成功、挫折、特訓、復活、勝利のいつも通りの分かりやすいストーリーながら、主演のマイケル・B・ジョーダンが見事にビルドアップされていく過程や、リングインの音楽、そして待
>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.1

公開から二週間以上経っているにも関わらず、ほぼ満席。あらためてファンの多い作品なんだと実感。

この作品は必ず前作を観てから鑑賞することをおすすめします。

正統派にして、最高の形の続編。

前作と比
>>続きを読む

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.9

ちゃんとシリーズを時系列で観ていない自分が悪いですm(_ _)m

時系列を無視して、シリーズつまみ視なので分からない会話が多かったです。

とは言え、ラピュタ実写版のような空中都市画像、主人公インフ
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

原作そのまま。全てを約2時間でまとめたディレクションがすごい。

大垣市内、長島スパーランド、養老天命反転地、忠実な作画が素晴らしい。

因果応報。

いじめられている時の自分の周囲に膜が張った感覚の
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.7

お酒を飲みながら、適当に見てたので、そんなレビューです。

1977年のLAの雰囲気が最高。ブギーナイツのような時代感、1970年代後半のソウルミュージック、心地良し!

ラッセル・クロウとライアン・
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.1

マフィアの幹部に扮した潜入捜査官とエリート捜査官に扮したマフィアの幹部。

潜入のストレスと葛藤への2人の処し方の対比が見事。使えるコマはなんでも使い、貪欲に出世街道を突き進むラウ。長年の潜入で心身と
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.1

余命半年と知ったら、自分だったら何をしたいと考えるだろうか。

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの名優2人の自然な会話と演技だけでも十分引き込まれる。

主人公2人が末期ガンで余命半年を宣告
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

4.1

アフリカの最貧国シエラレオネを舞台に、紛争ダイヤモンドの利権、ダイヤを資金に武器を手に取る反政府勢力、内戦を飯の種にする武器商人をめぐる虚実織り交ぜたサスペンス巨編。

時代背景や事実関係を知らずに鑑
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.7

雑なレビューですm(__)m

b級で基本悪ふざけの映画なんだけど、勢いで楽しく鑑賞できる。対バンシーンは、結構熱い!こういう映画は、年末年始の深夜とかにやっているとついついみちゃう系ですね。割と好き
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.8

犯罪とゴミに溢れた1976年のNY
今、それを見れるだけで新鮮!

トラビスの狂気は、ベトナム戦争帰還兵のPTSDを彷彿させる。

ベトナム戦争の頃の時代背景をよく理解して観るとまた違う視点が生まれる
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.5

揺るがない脚本、音楽があるので、つまらないはずはない。

実写といいながら、フルCGの映像は見応え十分。自然すぎて、アフリカ大陸のドキュメンタリーを接写で見ているような感覚。

なるほど、これが「超実
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.7

新海ワールド。

・空と君と僕の世界、(配役少なっ!)
・ませがき
・大抵、母子家庭(or,父子家庭)※

※どちらかの存在をほとんど感じさせない脚本。

第1話 「桜花抄」

あ・お・は・る〜

>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.8

シビれる格好良さ。

ホームセンターに勤める知的で物静かでウィットに富んだ謎多き初老の男、ロバート・マッコール。

その正体は、自身の信じる正義に基づき、犯罪者を処刑するプロの殺し屋。

仕事に掛かる
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.3

ある意味、新海誠監督の作家性が全開の作品。

君と僕の2人だけの世界。あまりに熱くてピュアなので、青臭さに悶絶しそうになり、あまり入り込めなかった。

「君の名」は、君を救うことで世界が救われる話なの
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART III(1990年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり長い。

ファミリービジネスの承継の物語と思いきや、ファミリー終焉の物語へ。

ゴッド・ファーザーは結局、グッド・ファーザーになれなかった・・・

人の屍の上で平凡な幸せを望むのは、叶わぬ夢な
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.7

一夏の出会い。

超現実。
クロード・モネの睡蓮のような美しい風景描写。新宿の街、通勤電車など精緻な作画、波紋、アスファルトの水しぶき、光と水の表現ディテールがとにかく素晴らしく、引き込まれる。

>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

4.0

長男の15年目の命日に実家に集まった家族の1日。

是枝マジック、与えられたシチュエーションの中で錚々たる役者陣の繰り広げる会話の自然さ。

床に転がるパチンコ玉。
タイルの剥がれた年老いた両親の住む
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

3.9

一代で組織を築き上げた初代ヴィト・コルリオーネと古参に囲まれながら確固たる地位を築き上げる必要のある2代目マイケル。

この2人の対比をヴィトの回想録とマイケルの現代シーンを交互に重ねながら綴る長編。
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

最愛の妻ソーニャを亡くした独居頑固オヤジ、オーヴェが隣に越してきた移民家族との交流を通じて、心を開いていくって、スウェーデン版「グラントリノ」ですか?

グラントリノでも感じた事だけど、ここまで悪態つ
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.4

グリズリーとの肉弾戦がメインと思っていたら、拍子抜け。そこは一瞬でした。

とにかく、長い。重厚。途中寝てしまいました。

むき出しの自然、暴力、全てにおいてCG感がほとんどなく、迫力満点の映像、坂本
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

3.9

とにかく長い。しかし、展開はかなり早い。

あっけなく死にゆく主要人物の数々。

現代の撮影技術で撮り直したら、相当の迫力で地上波は放送不能レベルのはず。

しかし、そこは1972年の映画なので、血み
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.6

渋い人間ドラマと任侠、現代版の西部劇。

老いぼれカウボーイ🤠クリントイーストウッドの喋り方がめちゃくちゃ格好良い。

妻を亡くし、子供や孫とも上手く接することの出来ない頑固親父。

隣人で最初は全く
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.9

自意識こじらせ女子の生態観察。

松岡茉優の喜怒哀楽の表情、コミカルな動き、ブッとんだセリフの数々、最高。

特に、脳内からダダ漏れの独り言が、噴き出すほど面白い。

原作も読んでみたくなってきた。
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

2度目の鑑賞。

静謐。

前回もお酒をいただきながらの鑑賞で宇宙に旅立つと同時に眠りの国へ。

今回も残念ながら、46分過ぎで寝落ち。眠気を払って、再開。

ブラックホール接近間近でまたもや睡魔が・
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.8

DCコミックスのスーパーヒーロー物はバットマンシリーズ以外では、ワンダーウーマン以来観るのは2本目。

戦闘シーンは、海中版スターウォーズ。

gotのカール・ドロゴ役でただならぬ存在感を放っていたジ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.8

マーベルシリーズのマーベルを冠した新ヒロイン誕生譚。

失った記憶を取り戻すサスペンス要素と大気圏を行き来するSFスーパーアクションのバランスが良い。

ワンダーウーマンといい、昨今のウーマンズパワー
>>続きを読む

ゴジラ(1954年製作の映画)

3.7

水爆実験による突然変異で誕生した恐怖の象徴、怪獣ゴジラ。

集団疎開、焼け野原、第二次世界大戦の記憶を色濃く、反映した映像。65年前の作品として画期的。

ゴジラの足音、咆哮、知性の光のかけらもない目
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.8

評価はあまり高くなかったけど、前から気になっていたので、鑑賞。

ある日突然、電気、ガス、通信、電池、自動車、近代文明から突然切り離された一家の珍道中と思いきや、これは結構シビアな話。

あり得ない設
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

2.4

高評価だったので、視聴。何が良いのかさっぱり分かりませんでした。

強いて言えば、何となく、スタンド・バイ・ミーなんでしょうか。

うーん🤔分かりません。

Guava Island(2019年製作の映画)

3.8

グアバアイランドという美しい海に囲まれた架空の島を舞台に、権力による労働者支配vs音楽と自由をテーマにした短編映画。

ドナルド・グローヴァー(チャイルディッシュ・ガンビーノ)の才気あふれる歌と踊りの
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.9

原作未読、歴史物の奥行きを期待していたら、これはチャンバラ少年漫画(^_^*)

入城の作戦が稚拙すぎ・・・。王騎(大沢たかお)の話がなければ、単純すぎ。

戦争ものなら、ゲーム・オブ・スローンズの方
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.3

ちょっと前まで、有料枠に戻されていたので、パスしていたけど、再び無料枠に戻ったのを見つけて、即視聴。

死期を迎えつつある奇想天外な大ホラ吹きの父親に会いに里帰りした息子。

父が嫁に語る冒険譚と父の
>>続きを読む

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

3.6

UFO聖地巡礼の旅をする冴えない中年SFオタク2人組と脱走エイリアンポールに、隻眼のキリスト原理主義者の女が加わるロードムービー。

旅を続けるうちに、次々と間抜けな追跡者が増えていって・・・

ジョ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

自意識過剰で勝気な17歳の「レディ・バード」のみっともなくも輝かしい青春物語。

2002年、田舎へのコンプレックスと都会への憧れ、母親への反抗、父親の失業、ドラッグ、失恋、進学、性への憧れ、スクール
>>続きを読む

>|