らんらん小僧さんの映画レビュー・感想・評価

らんらん小僧

らんらん小僧

忍びの国(2017年製作の映画)

-

久しぶりに見たお馬鹿映画(苦笑)

誰にも感情移入ゼロ。

登場人物の動機がスカスカ。

全て中途半端でした。。。

太陽(2016年製作の映画)

3.9

秀作!

表裏な世界。メタファーにしてもリアリテイにしてもグイグイきました。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.2

対立構造の説明が長いかも。意外とシリアス。後半は加速。キャプテンに、もうちょっと華欲しいかと。

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

2.7

タマフルと町山さんの解説を聴いて納得。感情移入ができず。お話しとしてはアリ。

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.3

長いけど見入っちゃう。豪快です、タランティーノ。音楽はやっぱり秀逸。

キャロル(2015年製作の映画)

3.0

2人を見ているだけでうっとり!ラストが印象的。

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

4.0

映画館で観たかった作品。登場人物が元気あって俗っぽく(笑)ヴィンセントワールドにどっぷり。笑って泣ける!

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.2

予想以上に楽しめました。ハイライトで、もう一押し欲しかった。

オデッセイ(2015年製作の映画)

2.7

意外と退屈かも。もっと尺を短くして欲しかった。最初とラストまでの間、主人公の成長を感じなかったのが残念。

恋人たち(2015年製作の映画)

4.3

3人のリアリティにノックアウト。絶望、絶望、また絶望。そして最後の光り。絶対にいま見るべき映画ですね。

奇跡のひと マリーとマルグリット(2014年製作の映画)

3.6

中学生は全員見るべし。そんなツボの作品。

人が普通にあると思っていた知性と感性。それはちゃんとした過程ありきのもの。考え直しました。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

4.5

あの映画のオマージュらしいですね。確かに納得。

オープニングがカッコよく、その時点で五つ星。

尺もちょうど良く。ラストのアレさえも疑いたくなっちゃいました。

裁かれるは善人のみ(2014年製作の映画)

4.5

圧倒的な自然描写と音楽は映画館で見て大正解。ヒリヒリする悲劇が感情に直撃。揺さぶられました。鑑賞後、とにかくウォッカが飲みたくなります。。。

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

2.6

やはり、予告編とポスタービジュアルを見た期待感と、実際とのギャップにすれ違いが。悪くはないけど凄くもない。

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.9

テーマはアートとリスペクト。欺瞞な主人公が成長していきます。ドッキドキの映像にハラハラしながら、粋なセリフが痺れたり。ジョセフは好感度高い役者さんです。

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

3.9

重厚なストーリー展開。見応えあり。どうにもウィスキーが飲みたくなります。

味園ユニバース(2015年製作の映画)

3.6

山下監督、上手いなあの感想。センス感じます。登場人物がみーんな体温あるかと。すばるくんが好演。存在感あるある。

群盗(2014年製作の映画)

3.4

厚みある歴史モノ。闘う2人はそれぞれに背景やドラマあり。後半は尻上がりにアガります。サブテーマは「オトコ竹取物語」ですな。

ショート・ターム(2013年製作の映画)

3.7

社会的養護をテーマのお話し。痛みの元はカラダとココロ。愛の元もカラダとココロ。冒頭とラストのシンクロシーンはセンス満点。日本も虐待ニュースが絶えず。考えること多々あり。

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)

2.8

普段ホラーは見ないけど、町山智浩さんの解説を聴いて鑑賞。「怖い」と書くより「恐い」がしっくりくる。愛と憎しみ。生と死。それぞれが表裏一体に描かれてます。

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

3.2

「男だってさあ」「女だってさあ」と頭の中はグルグル、心はザワザワ。夫婦で見たのが正解なのか間違いなのか。世界が平和でありますように。。。

グローリー/明日への行進(2014年製作の映画)

2.5

重厚感ある物語。最後の行進、音楽はグッときます。リライトした演説もリアリティあり。でも、淡々と進むので眠くなっちゃう。

キングスマン(2015年製作の映画)

4.6

テンポよし、ストーリーよし、キャラクターよし。義理と縁と人情と。完成度高し。あー、面白かった!

天才バカヴォン 蘇るフランダースの犬(2015年製作の映画)

2.4

かなりシュールなのだ。キャラクターの絵のタッチが昭和世代には違和感。

母と暮せば(2015年製作の映画)

3.3

助産婦の小百合お母さんと、お喋りな死んだ息子。それは生と死の結界。淡々とスクリーンに展開されます。隣国のニュースが生々しい最中に観戦。じくじくと感じる1本でした。

アリスのままで(2014年製作の映画)

3.8

感情移入のポイントが様々。家族を見つめ直せる作品。

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.7

ロッキーの未来形を見せてくれた秀作。別名はクリードの覚醒。ボルテージ上がりまくり!いま見なきゃいけない一本です。

シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人(2013年製作の映画)

3.0

淡々と狂気が宿るおばあちゃん2人。彼女らに比べたら、我々はまだ若造だよ。

>|